おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
NF-500番台#5

VA-115はA-6Eに機種変更してからニックネームを"Eagles"に変更しました。
塗装はA型時代の垂直尾翼の黒を基調としたものからその前の塗装に戻った形となりました。
そしてロービジ時代に突入するとグリーンの帯1本のみとなる寂しいに変更されました。

MACH3 2018/06/13(Wed) 13:48 No.921 [返信]
Re: NF-500番台#5
皆さん、今晩は。
>まさやんさん
自分は1971年10月31日の小牧以外は厚木でのBAしか情報はありませんが、
もしお役にたてる事があれば喜んでお手伝い致します。

BAに関してはMACH3さんの記憶が鮮明で参考になる事が多いと彼との会話で感じましたので
是非、彼と接触を持つ事をお勧め致します。

厚木でのBAデモフライト中止は酷かったですし残念この上ない出来事でした。
また、小牧は中途でのデモフライト中止という混乱ぶりで
後あと迄尾を引く憤激をBAに植え付ける結果となったのは不幸な事でした。

そして不思議な事ですが、厚木におけるBAの写真を殆んど見たことが無い事です。
基地内での様子とか在日中のスナップなど有るなら見てみたいものですね。

今日はNF−505です。
1974年6月1日(土曜日)午後2時50分、お墓前の誘導路(DW)をR/W−19離陸に向けタキシングするNF−505,155711.
此の後午後2時53分に離陸、3時43分に着陸しています。

当日CVW−5機、NF−206/211/114/110/312/505の6機がフライト。
外来機は
WB−08(OV−10A)L/D14:25
QE−7(P−3B)L/D17:04〜T/O17:44

マニア29人がエンドに来ていました。

M.WADA 2018/06/13(Wed) 18:48 No.922
Re: NF-500番台#5
引き続き同機の真横のショットです。
左奥にニッピエプロン入口にある鳥居が見えています。

M.WADA 2018/06/13(Wed) 18:51 No.923
Re: NF-500番台#5
1976年5月20日(木曜日)厚木R/W−01を離陸し空母ミッドウェイへ向かうNF−505.
この日のフライオフではVRC−50所属の2機のC−2A(RG-725,726)がCOD任務を担当し
厚木〜空母間を往復しました。

M.WADA 2018/06/13(Wed) 18:52 No.924
Re: NF-500番台#5
MACH3さん、皆さん、こんばんは。

M.WADAさんがVA-115の全機を紹介されますので、CVW-5の次の500番台となったVAQ-136を投稿します。1996年7月にA-6が去った後は実に丸2年間500番台は空白でしたが、1998年9月になってそれまで620番台を付けていたVAQ-136 GauntletsのEA-6Bが500~504番になりました。これはNFが遅かったわけではなく、他のCVWでもほぼ同じ時期にVAQが500番台になっています。写真は500番台になって最初のCAG機塗装、1999年1月23日R/W19へひねって降りたため尾翼がよく見えるのですが、薄雲がかかって日当たりの弱い写真になってしまい、さらにシャクなことにこの直後に晴れて日が差しました。

Able Dog 2018/06/15(Fri) 22:20 No.927
Re: NF-500番台#5
500番以外の機体はひどいロービジ塗装でマークもよく見えません。写真は2000年3月27日、厚木R/W19に降りる504番です。

>MACH3さん
サイドワインダー付きのA-6は短期間で終わって私は撮れずじまいでした。今でも残念です。

Able Dog 2018/06/15(Fri) 22:22 No.928
Re: NF-500番台#5
皆様、こんばんわ。

今日は、少し肌寒いですね。

>M.WADAさん
いい意味で、ぶ格好なA-6もM.WADAさんの写真で改めて素晴らしいスタイルだと確信しました。また『デビル500応答せず』を読み返したくなりました。

>Able Dogさん
VAQ-136がいつの間にか500番台になっていましたが、98年9月からだったとは。


今日はAble Dogさんと同じ機体NF500/163890。
500番代になったばかりの98年9月27日CVW-5雨の25周年式典です。




ところで、こんなのを見つけました。
https://www.ebay.com/itm/35mm-Kodachrome-Aircraft-Slide-F-8H-Crusader-BuNo-148684-VF-111-Atsugi-1970/372327951628?hash=item56b079ad0c:g:zrsAAOSwGqxbGTgD

https://www.ebay.com/itm/35mm-Ektachrome-Aircraft-Slide-A-4B-Skyhawk-BuNo-142742-VSF-3-Atsugi-1967/273269086947?hash=item3fa01b5ae3:g:avoAAOSwgcVbGYPD
日本の方がスライド交換で海外へ流れたモノかと思われますが、どうでしょう?

Burnett 2018/06/16(Sat) 19:37 No.935
Re: NF-500番台#5
皆さん、今晩は。
今まで仕事にどっぷり浸かり抜け出す事が出来ませんでした。
今もその最中ではありますが、少しづつ準備作業を積み重ねて投稿していきます。

>MACH3さん
カバー写真、BA第2弾出ましたね。
BA−5はR/W通過後レフトターンしながらギアアップしたんですね。
47年ぶりに知った新事実でした。

返す返すも天気が晴れていればと悔やまれる11月9日でしたね。
アップ有難うございました。

>AbleDogさん
NF−500/EA−6Bのアップありがとうございます。
ラッキーな捻り降りが撮れたのに太陽に意地悪され残念でしたね。
でも薄く光が当たっているので良しとしましょうよ。
この角度はなかなか撮れないんですから貴重です。

しかし、CAG機の劇画チックなデザインは好きになれません。
シェブロン/テールコードを大きく描きアノお手てを品良く小さめに配置してくれれば、
海軍伝統のCAG機が見られたのではと70年代マニアは感じてしまうのです。

そんなこと言ってもヒコーキ自体が岩国へ行ってしまった今、所詮詮無いことですがね。

>Burnettさん
CVW−5、25周年式典なるものが厚木で開催されたんですね。
雨ではありましたが出席で来て良かったですね。


今回NF−500番台は一寸お休みしてAbleDogさんがNo−893でアップされたNF−500/155707につて触れてみます。

BuNoに見覚えがあったので捜索してみると、横田で撮影したED−10が出てきました、
155707は1972年から1975年にかけてVMA(AW)-533に在籍しED−10として厚木や横田へ飛来していました。。
撮影者は西村直樹さんで、当時、新塗装となったEDを撮っていない自分に彼がプレゼントしてくれたものでした。

いくら仲間でも貴重なスライドをくれるマニアは、そうは居らず本当に彼は心優しい人でした。
その彼の作品を今日はお見せいたします。

M.WADA 2018/06/17(Sun) 19:23 No.943
Re: NF-500番台#5
皆さん、今晩は。
前線が日本の沿岸に移動して来て、いよいよ梅雨本番の様子。
加えて台風崩れの低気圧も進んできて要注意ですね。

厚木もジェット音が聞こえなくなってから久しく、今日も静かな時間が過ぎましたが、
このままの状態が長く続くとは思えませんので、何れは何らかの動きがあると思います。

NF−505の続きです。
1976年11月2日(火曜日)12時41分、厚木R/W−19を離陸するNF−505.

朝晴れていたものの10時半に曇ってしまいましたが、正午過ぎには再び晴れた空が戻って来ました。

11時55分にR/W−01から19へ使用滑走路が変わりCVW−5機のフライオフを撮っていた5人のマニア達は、
其々離陸側へ移動して行きました。

前日、横須賀を出港したミッドウェイへ向けてのフライオフが朝から始まっており、撮り逃さないように移動する
タイミングが難しく少しでも早く移動しようと皆焦っているのが、その顔つきから読めました。

午後の部のフライオフの先頭を切って上がって来たのが、今回アップしたNF−505のショットでした。
その後、NF−501,510、522と続き、ここで少し間が出来ました。

上がりが途絶え、皆ゆっくりと御神木のある小山へ集まり次に上がる機体が出てくるのを待っていました。

そこでハンディータイプのエアバン(MACH製)に入って来たのがNAVY46023による着陸のリクエストでした。
いつもの地元、厚木のC−1のお帰りか〜と、ぼんやり眺めていました。

19へオーバーヘッドアプローチしてきたNAVY-023はタワーからの着陸許可を復唱しながらライトターンして
ダウンウィンドへと向かおうとしたその瞬間、悲劇が起こりました。

いつもよりターンが速く、しかも角度が深すぎるなと思った途端、機体は失速しクル―の絶叫と共に右翼を下にして滑走路脇の
草地に真っ逆さまに落ちて行きました。
直後、機体は爆発炎上、数十秒後に黒煙に変わって空高く上がり乗員6人全員が死亡しました。時間は午後1時11分でした。

NAVY−46023は入間へ緊着したNF−504の支援に向かい、その帰りに起きた惨事で、
最初に修理を終えたNF−504が午後1時に無事着陸し、後からアプローチして来たC−1がNAVY-023だったのです。

この一部始終を見ていた自分と横にいたK.Tさんと顔を見合わせ茫然自失。
2人とも咄嗟のことで墜落の瞬間を撮る事は出来ず、墜落後の黒煙が上がっているところを撮るのが精いっぱいの状態でした。

この事故の為CVW-5機のフライオフは中断。
暫くして、基地上空にTBSのヘリが飛来し実況中継を開始、NTVは基地内でビデオ取材、NETはニュースでコメントのみ、
NHKはカラースライドのNF−600を出してのコメントとお粗末極まりない報道と各社各々対応が良く分かり、
航空、軍事関係のレベルの差が如実に表れた事故の報道となりました。

自分の現役時代に体験した最悪の航空事故となったのがこの日で、とても残念で悲しい出来事で、
今も彼らの最後の通信と断末魔の叫び声が耳を離れません。

御冥福をお祈りするばかりです。合掌。。。

M.WADA 2018/06/18(Mon) 20:18 No.948
Re: NF-500番台#5
在りし日のNAVY−46023.
早朝、珍しく滑走路を横断し南の角までタキシングしてくれたので、お目当ての厚木管制塔入りが撮れた記念の一枚です。

M.WADA 2018/06/18(Mon) 20:19 No.949
Re: NF-500番台#5
皆さん、こんにちは。
昨日、大阪で震度6弱の地震がありました。
4人の死者も出て大変な事ですが、関東も起きるのではないかと危惧され地震は怖いです。

気を取り直して、今日はNF−506/A−6A,155714です。

NF−506が厚木に初飛来した日にちが特定できませんが、
自分が初めてNF−506を撮影出来たのが1973年10月29日(月曜日)7時28分、厚木R/W−01の降りでした。

この日はCVW−5がCVA−41と移駐後、初の訓練航海を行い厚木へフライオフした日でした。
その先頭を切り単機R/W-01にオーバーヘッド、
レフトブレーク後ゆっくりとファイナルアプローチへ入るNF−506と富士山のショットです。

此のとき撮影していた国有地は現在ゆとりの森公園として整備され当時の面影は全くありません。

牧草地の淵に生えていたススキの根元で北風を避け腰をおろし、暖かい日差しと朝の清涼な草いきれの中、
仲間と並んでヒコーキを待ち続けた日々が懐かしく思い出されます。

M.WADA 2018/06/19(Tue) 06:49 No.950
Re: NF-500番台#5
その降りです。

M.WADA 2018/06/19(Tue) 06:51 No.951
Re: NF-500番台#5
皆さん、こんにちは。
NF−506を続けます。
1976年1月30日(金曜日)午後1時15分、厚木R/W−01離陸に向け南の角を回るNF−506.
1970年代半ばでも厚木の警備は厳しくて撮影断念も屡。

或る時仲間が管制塔から眼鏡でこちらを見ていると指摘があり、よくよく観察して見ると、
確かに人影が居ない場合は良く南の角を回っている事に気づき一同納得。

それからは地元マニアは皆物陰に隠れ撮影時以外は姿を出さないように行動しました。
その甲斐あって撮れたのが今回のショットです。

しかし、そんな努力もある時を境に役に立たなくなってしまいました。
それは撮影ポイント(安易で嫌いな言葉ですが)周辺のフェンスの内側に樹木を植えられた事でした。
此の結果、厚木でタキシングを撮る事は永遠に不可能になってしまいました。

今ではあまりに大きくなりすぎた木をチェーンソーで伐採する様子を良く見ますが、
どう見ても焼け石に水、植物を舐めちゃいけません。自業自得ですね。

M.WADA 2018/06/20(Wed) 07:18 No.952
Re: NF-500番台#5
皆さん、おはようございます。
今朝もNF−506です。

1976年8月21日(土曜日)、午前8時20分から午後5時6分にかけて31機のCVW-5機が
館山沖の空母ミッドウェイに向けてフライオフしました。

厚木には10人が撮影に訪れ、其のうち5人がニッピ山へ登って来ましたが
8時10分にランウェイが01から19に変わった為、ニッピ山での離陸ショットが撮れなくなり
皆さん直ちに下山を開始、離陸側への移動となり無駄な体力ロスで朝から疲労困憊で大変でした。

何故なら、現在と違い移動手段は歩きか鉄道経由の徒歩ですから、
重たいアルミケースに入った撮影機材を担ぎ目的地への移動は想像以上に時間がかかり体力も消耗したのです。

外来機は
WP−12/17(A−4M)L/D10:50〜T/O13:25
C−141,65−0256 L/D〜T/O
SG−5(P−3C) L/D11:48〜T/O12:15
WT−7(F−4J)緊着〜トーイングされハンガーに入る。
他にPR−01(EA−3B)が大島沖のCV−41に向けT/O13:00

M.WADA 2018/06/21(Thu) 06:07 No.953
Re: NF-500番台#5
皆さん、今晩は。
昨日仕入れた切り花の水揚げ作業が中途半端に終わった為、
今日は其れらを仕上げる作業と飛び込みで入って来た胡蝶蘭の植え替え作業などで閉店時間が大幅に遅れ
因って、朝予定していた投稿が夜にずれ込んでしまいました。

それにしても、月初めには予想もしなかった大量の受注が入ってしまい
こちらへの投稿が上手く行かず失礼致しました。

こんな感じなので、来月の動向も全く読めませんのが、出来る限り早くお伝えできるように努力します。

ではNF−506の続きです。
1977年1月6日(木曜日)11時8分、厚木R/W−01を離陸するNF−506.
この後、使用滑走路が11時30分、01から19に変わりCVW−5機27機がフライト。
厚木のマニアが13人、他に40人の計53人がエンドに集結と、大人数のマニアが来て賑やかでした。

賑やかだったのは厚木だけではなく、お隣のCAMP ZAMAも厚木からのヘリで大賑わいとなりました。

NF−727(SH−3G),UP−01(SH−3A),TH−01(SH−2F)が9時50分よりT/Gを開始。
それを見ていた厚木のマニア11人が大挙殺到。

厚木のマニアにしてみれば普段撮っているNFよりもCAMP ZAMAのヘリの方が断然希少価値は高く、
厚木のNFを捨て一目散にヘリを追いましたが、当然その中に自分も居りました。

但し、その代償は後から聞いた情報とCAMPZAMAから見えた機影の数で少なくは無いと感じました。

厚木ではSG−4(P−3C)がT/Gを繰り返し、他にSG−1(P-3C)がL/D〜T/O,PC−5(P−3B)T/O,
海自の飛行始めでP−2/6機とS2F-1/8機がフライトし、それらがCAMP ZAMAから丸見えで代賞額は高かったのでした。

運用滑走路が再び01に変わった17時15分、CAMP ZAMA から厚木に帰って来ましたが、さしたる収穫のないまま日は暮れて行きました。

M.WADA 2018/06/23(Sat) 20:08 No.954
Blue Angeles-6,

皆さん、おはようございます。

昨日午後、久しぶりにMACH3さんがお店を訪れ楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして直接会って言いたい事があったので、其のことも良かったのです。
それは今チェッカーテールBBSの表紙を飾るBA-6のショットに対するお礼でした。

此のショットは1971年11月9日(火曜日)低い雲が垂れこめるR/W-01を離陸し三沢へと向かうBA-6の姿ですが、
此のショットに対するコメントが誰一人届いていないことに先ず驚きを感じました。
此のショットは大変貴重なものであるという認識を持つ人が、本当にいないのだろうかという疑問です。

という訳で、少しこの写真に対する説明をします。

先ず、目に付くと思いますが、機体が反転し赤いスモークを引いています。
何度も言いますが、これは離陸のショットです。

自分は此の時ニッピ山に居り6x7で撮影していましたが、そのネガにはR/Wも見えないほど煙った視程の中、
地を這うような低い離陸でスモークを吐きキャノピーを滑走路に擦りそうになりながら飛ぶF-4の影が写っていました。
そう、此の時自分は撮影場所の選定に失敗したのです。
自分の最も悪い癖が又もや最重要の場面で出てしまったのでした。

MACH3さんは手堅く、いつものR/W-19側午後の定位置で離陸を撮影。
見事にその姿を捉えることに成功したのでした。しかもK-U.
御本人に聞くと、ほぼノ―トリミングだそうです。

BA−6離陸時、その直前にBA−1,2,3,4が4機編隊でT/O,その後を追ってBA−5が単機続きT/O,
そしてあのバクテンBA−6と続けざまに上がって来たのでした。

その後厚木上空を6機編隊でフライパス後三沢へ向かいました。
調子の悪かったBA−7も遅れて三沢へと飛び立ち、支援のB.A/KC-130Fも南の角を回り三沢に飛び立ちましたが、
その姿をMACH3さんは捉えているそうで、流石ですね。自分は何をしていたんでしょうか?情けないです。

因みにニッピ山で撮ったネガは怒り心頭に達し全部捨ててしまいました。
今も悔いの残る1971年11月9日の出来事でした。

M.WADA 2018/06/12(Tue) 06:40 No.918 [返信]
Re: 無題
まさかの三沢行きでしたか?
日付から
?→10/27小牧11/2→11/4三沢→11/5厚木11/9→?
と考えていただけに驚きです。
この件について何人かの方々からお話を伺っていたところでした。

また、つい先日も「WADAさんとMACH3さんに聞けばいいよ」との助言をいただいたばかりでした。

その節には、宜しくお願い申し上げます。
まさやん 2018/06/12(Tue) 06:54 No.919
NF-500番台#4

皆様、おはようございます。
今日は朝から雨がシトシトと降っています、そろそろ梅雨入りですね。
1960年代後半は、雨が降っていても外来機狙いで厚木に行っていました。
そんな楽しみも無くなって、今はプラモを切った貼ったと刻んでいます。

>M.WADAさん
1973年頃はイチョウまじめなサラリーマンに変身していましたので、厚木へ行く機会も減っていました。
当時の外来機の様子がよくわかりますね。

>Able Dogさん
RIMPACでNF-500が撃墜された事件は当時エンドで話題になりました。
クルーが無事だったのが幸いでした。
またCAG機のカラー復活を望みますが、厚木での撮影は困難ですね。

母港か前のKA-6Dです。(1971年9月13日撮影)
当時の極東展開では、CVW-5にはVAQ-130 Det.2のEKA-3Bもタンカーとして乗艦していました。

MACH3 2018/06/06(Wed) 07:02 No.894 [返信]
Re: NF-500番台#4
皆さん、おはようございます。
やっと、仕事が一段落しましたので投稿再開です。

>MACH3さん
プラモの切った貼ったり刻んだりが出来るMACH3さんが羨ましいです。
自分は不器用でプラモ造りの才がありませんが皆さんの作品を見るのはこの上ない楽しみなので
MACH3さんの作品も是非見たいので頑張ってくださいね。


1974年7月26日(金曜日)9時36分、晴れてVA-115制式塗装に身を包み厚木R/W-19を訓練に向け飛び立つNF-502.
その日の午後3時6分に僚機NF-522(L/D14:53)と共に厚木に帰って来ています。

この日は他にCVW-5機12機がフライト。マニアは15人がエンドに集結。
外来機は
VC-135(USAF)T/O12:00
RP-31(P-3A) L/D14:25
そしてNIPPIにはRM-617(EA-6A)と5機のWL(A-4E)が確認できました。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:08 No.896
Re: NF-500番台#4

1974年10月19日(土曜日)、厚木R/W-19をNF-510と共に編隊離陸を行うNF-502.
当日はCVW-5機40機が9時15分から15時にかけてフライオフ。
それでも厚木を訪れたマニアはたった5人。今では考えられない頭数で皆顔馴染みの連中でした。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:10 No.897
Re: NF-500番台#4
その送りショットですが、ここまで送らないと2機が画面に重ならないルーズな編隊で、
折角、巡り合えた貴重な編隊離陸なのに残念な結果となってしまいました。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:12 No.898
Re: NF-500番台#4
1977年5月17日(火曜日)11時30分、厚木R/W-19を訓練に向け飛び立つNF-532.
此の頃のNF-502はMdxを532に変更。
これは新たに配属されたA-6E/152950,NF-502と区別するために割り当てられた措置でした。

そのNF-502が新塗装となりニッピ南工場から引き出されたのが、この日でした。
NF-502はR/Wを横切りCVW-5ラインにトーイングされて行きました。

旧塗装機はNF-500,504が確認されています。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:14 No.899
Re: NF-500番台#4
同じ日の12時58分、厚木R/W-19へ戻って来たNF-532.
他にCVW-5機21機がフライト。

この日、厚木に来たマニアは6人。其のうちの一人は長久保さんで、
彼はVQ-1/EP-3Eの離陸狙いで01側に7時30分に到着してスタンバイしましたが
出てきたPR-35は7時53分離陸滑走途中に突然離陸キャンセル、VQ-1ラインに戻ってしまいましたが
緊急整備を受け再びR/W-19に載り、8時4分離陸成功。大事なミッションをこなす為PR-35は日本海へと向かいました。

長久保さんもやっと目的を達成。無事PR-35を撮影出来ましたが、御存知のように今彼に会う事は出来ません。

此の時、早起きして撮った彼の写真を見ることは多分もう無理なことでしょう。
地元の自分でさえ毎日VQ-1の離陸を撮り続けるのは大変な事でしたが、彼は毎日のようにそれをこなしていました。
出来る事なら、彼の撮影したショットを見てみたいし、そのスライドが今どうなっているか知りたいですが。。。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:16 No.900
Re: NF-500番台#4

1977年6月1日(水曜日)17時10分、厚木R/W-19を離陸するNF-532.
この日厚木へ来たマニアは26人、平日にこれだけ多くのマニアがエンドに来た訳は2機のUEのA-4と5機のWPのA-4Mがお目当てでしたが、
9時と9時40分にT/O,UEは嘉手納、WPは三沢へとそれぞれ飛び立って行き、マニア達の目的は無事達成されました。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:20 No.901
Re: NF-500番台#4
NF-532の離陸の送りショットです。
このNF-532,155628は1977年7月27日、9時10分、曇天の厚木R/W-19をCUBI経由でアメリカ本国に向け離陸して行きました。
これがNF-532/A-6Bの最後の姿となりました。

M.WADA 2018/06/08(Fri) 06:21 No.902
Re: NF-500番台#4
皆さん、おはようございます。
今朝はNF-503/A-6Bの御紹介です。

NF-503となるA-6B,155629の厚木初飛来は1973年10月16日(火曜日)9時45分、厚木R/W-01でした。

此の時フェリーしてきたのはVA-95”GreenRizards”のパイロットで、
増タンも”Green Rizards"が描かれフィンチップにも小さくVA-95と書かれていました。

この日は一日中R/W-01運用でマニアは顔見知りが5人、外来者が7人の合計12人でした。
CVW-5機はNF-003,004,そしてCVA-41就きのC-1A,000、がフライトしたのみで残りの固定翼機はフライト無し、
3日後のフライオフに備えて整備に余念がありませんでした。

しかし外来機はソコソコあり
PR-50(C-121J)L/D11:00
PR-39(P-3A)L/D11:39
RM-00(RF-4B)L/D14:00
ZE-7(P-3A)L/D14:49
と、まあまあの収穫でした。

NIPPIのエプロンにはF-8(ノーマーク)が駐機。
西側CVW-5のフライトラインにノーマークになったA-6A,155686(exNF-502)と155698(exNF-503)が駐機。
此の2機は3日後の10月18日に離陸しアメリカ本国へと帰っています。

M.WADA 2018/06/09(Sat) 07:00 No.904
Re: NF-500番台#4
今日2度目の投稿です。
1975年1月7日(火曜日)15時5分、お墓前の誘導路(DW)をR/W-19に向けタキシングするNF-503.
真冬の午後3時の太陽光線はご覧のように、かなり赤味を帯びた光で、
しかも斜め後ろからの照射を受けるお墓でのカラー撮影は結構厳しいものでした。

この日のCVW-5機のフライトは少なく7機。
外来機は夜に入ってP-3がL/〜T/Oと取り立てて書くほどの内容のない一日でしたが、
CAMP ZAMA は珍しく燃えました。
U-21AがCAMPZAMAをT/O後タッチ&ゴ―を繰り返しWXのCH-46D(WX-T,U)2機も厚木から飛来して同じくT&Gを繰り返しました。

それを厚木から眺めていたゲンちゃんとフルボクさんが車で駆けつけ3機のキャッチに成功。
厚木に集まっていた15人のマニアの間で話題となりました。

当時の自分は歩きかチャリンコで厚木に通っていた為、自家用車など夢のまた夢。
AKやKISのA-1がCAMP ZAMA でT&Gを繰り返していたのが今でも忘れられません。
どなたか撮られているマニアさんは居るのでしょうかね?
標準レンズでA-1が撮影できる場所はCAMP ZAMA以外はありませんでしたから撮ってみたかったですね〜。

M.WADA 2018/06/09(Sat) 16:52 No.907
Re: NF-500番台#4
皆さん、おはようございます。
昨日に続きNF-503。
1975年2月18日(火曜日)9時11分、厚木R/W-01に着陸するNF-503,155629.

この日は9時11分から21時までにCVW-5機34機がフライイン。
午後には横須賀にCVA-41ミッドウェイとCLG-5オクラホマシティーが入港。

当日、フライイン狙いで厚木01エンドに集まったマニアは6人。

中でもゲンちゃんは7時20分からエンドにスタンバイする熱の入れようでしたが、
その上をいく早朝6時42分に着陸してきたのがRC-1(P-3B,152746),

RC-1は長居はせず7時15分にはテイクオフと、彼をしても撮り逃しとなりましたが、
幸いなことに午後2時30分、RC-1は再び厚木に姿を見せ午後3時15分R/W01を後にしたので、
彼は無事仇を討つ事が出来ました。

今回アップしたNF-503のショットですが、
自分のイメージ通りに撮る事が出来たのは、此の時1回のみ。
以後、同じようなショットを撮る事は出来ませんでした。

真冬の朝、富士山が綺麗に見える澄んだ空の下R/W-01でフライインしてこなければ実現不可能なショットなので、
そんな旨い話がそうそうある筈ないので、先ずは1回でも巡り合えたのですから神様に感謝すべきでしょう。

その他、外来機は
VE-10(F-4B)T/O15:00
SG-50(P-3C)L/D16:15
YD-1(P-3B、153436)L/D16:26
ZE-10(P-3B,152176)L/D夜間。

M.WADA 2018/06/10(Sun) 05:56 No.909
Re: NF-500番台#4
1975年3月3日(月曜日)12時丁度、厚木R/W-01を訓練に向け離陸するNF-503.

この日はCVW-5機18機がフライト。マニアは12人がエンドを訪れました。

外来機は
T-39A,61−0672(475ABW,5AF)L/D〜T/O9:16ローアプローチを繰り返す。
RC-1(P-3B)L/D7:50〜T/O9:10
US-2A,136510(NASU.IWAKUNI-510)フライト
VE-000(F-4B)T/O15:08〜L/D16:08〜T/O17:00

M.WADA 2018/06/10(Sun) 06:01 No.910
Re: NF-500番台#4
↑厚木R/W-01午後に戻り、ショートアプローチで着陸するNF-503.

M.WADA 2018/06/10(Sun) 06:02 No.911
Re: NF-500番台#4
1976年2月10日(火曜日)厚木R/W-19を離陸するNF-503.パイロットネームはLTJG BLOCK.

当日は9時50分にR/W-01からR/W-19に運用が変わり、その直後の午前10時からCVW-5機のフライオフが始まり
夕方5時にかけて20機が厚木を後にしました。

この日は一日中抜けるような青空が広がり申し分のない撮影環境の中でのフライオフにも拘らず、
厚木エンドに立ったマニアはたった3人という現在では考えられない人数で余裕の撮影となりました。

外来機は
WK-01/A-6Eが3回のフライトの後、ノーマークのA-6Eと編隊でT/O15:30
RD-6(P-3C)L/D12:00〜T/O16:56
UE-02(A-4)T/O16:30

M.WADA 2018/06/10(Sun) 06:04 No.912
Re: NF-500番台#4
1977年5月19日(木曜日)午後3時、風向190°風力20knotの中、厚木R/W-19に着陸するNF-533(503)。
パイロットネームはLCDR HARY MATTSON.

CVW-5機18機がフライト。このNFのトラフィックが一日中続きマニアの人数をカウントする事が出来ませんでしたが、
多分いつもと同じ4〜5人がエンドに来ていたものと思われます。

外来機は
C-141A,66−0054、L/D8:00〜T/O9:20
RU-050(C-9B)T/O8:05
CT-39A,62−4485、ローアプローチ13:49
YF-8,9(CH-53D)フライト14:20〜14:45.

朝から晴れていた天気も午後3時5分に曇り再び5時に晴天が戻り、午後5時40分にR/W-19から01に変わり、
夕方になって移動を余儀なくされましたが結果的には何も降りてこないまま一日が終わりました。

M.WADA 2018/06/10(Sun) 06:06 No.913
Re: NF-500番台#4
皆さん、おはようございます。

今日はNF-504です。

今回の投稿にあたり、改めて手帳を確認したところ
NF-504/A-6B,155630の厚木初飛来の日にちが特定できませんでした。
多分、1973年10月中だと思われますが、何回探してもNF-504が発見できませんでした。
少なくとも雨天以外の日に着陸した形跡はなく、怪しいのは雨の日、10月13、17,21,28日の4日間のどれかと思われます。

自分の手帳にNF-504/A-6B,155630が登場するのは1973年12月19日(水曜日)のL/Dと
1974年1月9日(水曜日)のフライトの記述でした。

NF-504はNF-502や503と比べフライト数が極端に少なくハンガークイーン状態に等しく、殆んど撮影できませんでした。
従って今回NF-504のアップは2枚だけとなりました。

1枚目は1975年2月18日(火曜日)11時、厚木R/W-01に着陸するNF-504です。
この日は朝からCVW-5機のフライインでしたが、この時間になると後方の富士山も霞始め光線状態もトップ近くになり
撮影状況はベストではないですが、まあ、富士山入りが撮れたので良しとしましょう。

ただ一番撮りたかったNF-500がフライイン最終番機として夜間に降りたのが残念でしたね。

M.WADA 2018/06/11(Mon) 04:54 No.915
Re: NF-500番台#4
2枚目は1975年5月25日(日曜日)厚木AFDで遠望されたNF-504/A6B,155630

M.WADA 2018/06/11(Mon) 04:59 No.916
NF-500番台#3

皆様、おはようございます。
近頃、厚木はかつての賑わいもなくなり寂しい思い出いっぱいです。
・・・と言う事で、老人には昔話が楽しい。

>ダブルタンゴさん
この日はミッドェイの出港でした。
タキシングか上がりか悩むところでしたが、私は天気もイマイチなのでお墓に陣取りました。

>M.WADAさん
年をとると知り合いが亡くなるの仕方のないこと。
しかし若い中島さんはショックでしたね。
TransPacでは少し前まではNJでしたが、その後何度かTRのTA-3Bが活躍していました。

何故か標準レンズで撮影したA-6A。

MACH3 2018/05/27(Sun) 07:12 No.878 [返信]
Re: NF-500番台#3
しかし、モデックスがありえない508に見えます。
NF-506のようですが、光線の関係でしょうか。
ちなみにモデックスから「8」と「9」が採用されなくなったのは間違えやすいからとの説がありますが?
それなら「5」と「6」も間違えやすいですよね。

1973年3月17日撮影。

MACH3 2018/05/27(Sun) 07:14 No.879
Re: NF-500番台#3
皆さん、おはようございます。
1974年10月10日(木曜日)空母ミッドウェイは横須賀へ帰港しましたが、
その前日の10月9日(水曜日)CVW-5機20機が厚木にフライインして来ました。

晴れてはいましたが雲が多く露出の決定が難しい一日でしたがマニア14人がエンドに集まっていました。

8時に01から19にランウェイチェンジされ、早朝から来ていた人は歩きや小田急線経由でそれぞれ19に向かいました。
当時でも自家用車を持っている連中はごく一部だけでした。

地元の自分は自転車コギコギNIPPI経由で19のニッピ山へと向かいました。
そして11時40分に着陸してきたNF-500は尾翼上端の塗り分けが消されてグレーになっていてガッカリ。

その後、尾翼の塗り分けは復活するも胴体上面に書かれていたCVW-5の文字は消され、
74年半ばまで見られた完全塗装は頓挫し以後復活しませんでした。

ニッピ山で撮影したNF-500に書かれていたパイロットネームはCDR J.B.STREITからCDR LEW CHATHAMへと変わっていました。

この日は大村のUF-2(9054)が9時28分離陸、16時35分YB-1(P-3B)が着陸したのみでした。

M.WADA 2018/05/29(Tue) 06:39 No.881
Re: NF-500番台#3
皆さん、おはようございます。
前回1974年に続き、今回は1975年時のNF-500です。

1975年に入ってもNF-500は尾翼上端の塗り分けは施されないまま飛び続けていました。

1975年2月24日(月曜日)11時9分、残雪が残る厚木R/W-19に着陸するNF-500.

この日CVW-5機は19機がフライト。マニア9人がエンドの来ておりましたが
残念ながら特筆する外来機は無くニッピから出てきたVC-5のUS-2C(UE-20)がテストフライトしたこと位でした。
又、皆が狙っていたVE-000(F-4B)はフライトせずエンジンテストのみ。VE-000は3月3日(月曜日)に離陸しています。

米軍機以外ではJAレジのグライダー2機が飛来したのが普段と違うことぐらいでしたが、
緊着なのか訪問なのかは判りませんでした。

M.WADA 2018/05/31(Thu) 04:12 No.883
Re: NF-500番台#3
5月に入り、やっと尾翼上端の塗り分けが施されたものの、胴体上面のCVW-5の文字は復活しないままでした。

この日、1975年5月28日(水曜日)はCVW-5機のフライインに当たり26機が帰着。翌29日にはCVA-41が横須賀に帰港しています。

NF-500は10時58分に着陸。背景に写るRC-11は10時30分に着陸後30分のステイで離陸して行きました。
因みにNF-500のパイロットネームはCDR LEW CHATHAM.

M.WADA 2018/05/31(Thu) 04:25 No.884
Re: NF-500番台#3
1975年9月10日(水曜日)10時30分、厚木R/W-19を離陸するNF-500.
此の頃の厚木は騒音問題が起きていてマスコミに取り上げられる頻度も多くピリピリした空気に包まれていました。
その結果、飛行高度も実際高くなり撮影意欲は下がり気味で、離陸を狙うマニアは殆んど居ませんでした。

当日、10時10分R/Wが01から19に変わり、着陸側へ移動する前に撮ったのが此のショットでした。
CVW-5機は9機がフライト。珍しくMACのC-130Eが3機L/D〜T/Oを繰り返しました。外来機は
SA-07(CH-46D),154826.L/D〜T/O13:43
VE-1(F-4B)153064、  L/D11:26
CY-623(EA-6A)156990 L/D
CY-622(EA-6A)156988 L/D
CY-621(EA-6A)156983 9月9日L/D後ハンガーに入り整備を受ける。
YD-4(P-3B)153433  T/O15:20
QE-10(P-3C)159328 L/D16:50

M.WADA 2018/05/31(Thu) 04:54 No.885
Re: NF-500番台#3
NF-500最後のショットは1976年1月30日(金曜日)12時50分、南の角をR/W01離陸に向けタキシングするNF-500.
マニアは7人が集いました。
この日ニッピ入りしていたRF-614(RF-4B)153109が14時55分離陸。
RF-614は1月10日(土曜日)17時に着陸後ニッピ入りしていた機体でしたが、いずれも撮り逃がしてしまいました。

このVMFP-3(RF)は1975年7月1日に新編された部隊で同じく新編されたVMAQ-2(CY)と共に1975年9月1日CVW-5にDET編入されています。
そして1975年9月2日、永らく親しんでいたVMCJ-1(RM)が解散され、新たな時代になったと感じた出来事でした。

NF-500(A-6A)は自分がリタイア後A-6Eに改修され再びNF-500として厚木に帰って来ましたが、
残念ながら1996年6月3日RIMPAC中のハワイ海域1600マイルで海自(DD-153、夕霧)のCIWSで誤射され墜落、機体は失われています。

M.WADA 2018/05/31(Thu) 05:27 No.886
Re: NF-500番台#3
MACH3さん、皆さん、こんばんは。

M.WADAさんがVA-115を全機出されるので私の出る幕はないと思っていましたが、E型に改修された155704はWADAさんのリタイアされた後とのことで、その誤撃墜事故について書いてみますね。

M.WADAさんの書かれている通り、VA-115 500/155704は日本時間1996年6月4日、RIMPAC訓練中に標的曳航機として海上自衛隊の護衛艦DD-163「ゆうぎり」に高度約700mで左舷から接近したところ、標的ではなく曳航していたA-6めがけて20ミリCIWSが発射されて一瞬で撃墜されてしまいました。パイロットのW. Royster少佐とB/NのK. Douglas大尉は脱出して「ゆうぎり」の右舷に着水救助されて無事だったのは何よりでした。これは艦の上を曳航機が通過してからCIWSのスイッチを入れるべきところを、A-6が接近して来るのを見て過早にスイッチを入れたため全自動のCIWSが標的より近くに来ている曳航機を撃ったというオソマツな事故でした。
私は軍紀厳正な海上自衛隊にあってこのようなヘマをやらかした隊員や責任者は、壁の前に並べてヴァルカン砲で銃殺されるであろうと思いましたが、A-6の乗員が無事であったこともあってか4か月後に下された処分は「ゆうぎり」の艦長が停職12日、他11人も停職数日と軽くて済みました。

一方撃墜されたA-6のアヴィエイターRoyster少佐は一般大学から航空士官候補生学校(AOCS)を経て海軍飛行士になった人でしたが、この事故の後に海軍を退職してユナイテッド航空に入社、ボーイング777の機長として国際線を飛び、さらにハーバード・ビジネス・スクールを卒業して地元カンサス市の市立博物館運営委員に任命されるなど、今もご健在でサクセスフルな人生を送っています。VA-115は事故から3か月後にVFA-115と改称されて14年後に再び厚木へ戻ったのはご存知の通りです。写真は1995年12月28日厚木R/W01に降りる155704です。

Able Dog 2018/05/31(Thu) 22:00 No.887
Re: NF-500番台#3
皆さん、おはようございます。
今月は仕事が目一杯詰まっていて、なかなか上手く投稿できませんが、
その間隙をぬって投稿をしていきますので、宜しくお願いします。

>AbleDogさん
NF-500/155704の詳細なコメント、どうもありがとうございました。
また、海自艦長の処分の甘さに対する鋭い批判表現に驚くと同時に笑みを浮かべさせるAbleDogさんのユーモア溢れるセンスが光っていました。

今回取り上げるNF-501/A-6A,155685は1977年A-6Eに機種変更されるまで使用し続けた唯1機のA-6Aでした。
写真は1974年12月27日(金曜日)12時40分、厚木R/W-01にショートカットで着陸進入してきたショットです。
パイロットネームはCDR J C PRESLEY.

この日の外来機は大したものは無くSZのC-117DとNASU IWAKUNI のUS-2B,133179がL/Dしたのみでしたが、
人間の外来者が前日に続きエンドに現れたのが目を引く出来事でした。

このアメリカ人のマニア(B.T)は航空反省管さんがエスコートして厚木を訪れたもので、
自分がエンドで見た外国人のマニアは、此の時が初めてでした。

M.WADA 2018/06/03(Sun) 06:29 No.888
Re: NF-500番台#3
1975年3月11日(火曜日)7時10分、厚木R/W-01を空母ミッドウェイに向け離陸するNF-501.
パイロットネームはLCDR N W PAULと読めました。

当日は6時10分から16時43分にかけて30機のCVW-5機がフライオフしマニア14人が其の姿を追いました。
内3人のマニアがニッピ山に登って来ましたがHさんは自分より早い6時にスタンバイしていたのにはビックリでした。

外来機はRPのP-3A,151384(Mdxなし)とRCのP-3BがL/D〜T/O.
VMCJ-1,DET-101/RM-607のRF-4B,153110がT/O13:23、
このRM-607は4月にMdxが617に変わり9月2日には部隊自体が解散の憂き目に遭うなど、
RMの最終時期の撮り逃がしは致命的で気が抜けませんでした。

M.WADA 2018/06/03(Sun) 06:32 No.889
Re: NF-500番台#3
皆さん、おはようございます。

今日はNF-502/A-6B,155628です。
お伝えしたようにNF-502は厚木に飛来した最初(1973年9月27日)のCVW-5機でしたが、この時の機体は155686。
この155686は10月18日には、もう離日しアメリカ本国へ帰ってしまいました。

そして10月29日(月曜日)、新たに155628がVA-115のNF-502番機として配属されました。
此の機体は元VA-95のNL-512だったもので、テールコードは消されMdxのみで厚木に飛来しました。

この日はCVW-5機のフライインにあたり7時28分から15時にかけて37機が着陸し、
これらの機体狙いでマニア17人が厚木エンドに集まりました。
因みに、このフライインは厚木移駐後初のフライインとなりました。

M.WADA 2018/06/05(Tue) 04:05 No.890
Re: NF-500番台#3
1973年11月23日(金曜日)10時18分、厚木R/W-01にオーバーヘッドアプローチして来た3機のA-6達。
この日もCVW-5機のフライインがあり、9時50分から13時30分にかけ13機がフライイン。

KA-6D,151827、NF-521,L/D10:20
A-6B, 155628、(NF)-502、L/D10:21
KA-6D,151826、NF-524L/D10:22の順番に着陸。

M.WADA 2018/06/05(Tue) 04:07 No.891
Re: NF-500番台#3
その(NF)-502の送りショットです。

M.WADA 2018/06/05(Tue) 04:09 No.892
Re: NF-500番台#3
MACH3さん、皆さん、こんばんは。

M.WADAさんのVA-115 500番は終わりましたが、WADAさんがエンドをリタイアされた後の500番を一枚。1994年にCAG機にカラーマーキングが復活するとVA-115にも色が付きました。写真は1994年5月8日、二日前に単機韓国へ行っていたのが日曜の夕方戻って来たものです。当時はこういうことがあって、休日しか行けない会社員でもコツコツ通えば結構撮ることができました。

>M.WADAさん
No.881でご紹介の500番に描かれたCAGのLew Chatham中佐はWalter Lewis Chatham中佐のことですね。中佐は若き日にはF11Fタイガーのブルー・エンジェルズでソロ・パイロットでした。その後はライト・アタック畑を歩んで厚木母港化の直前までVA-56のCOを勤め、その後1974年7月にCVW-5のCAGとして来日、かつての自分の飛行隊を含むNFを指揮します。CAGの後は補給艦の艦長として大型艦の運用を学んでからCV-63 キティホークの艦長、将官に昇任後再び日本へ戻って第7艦隊参謀長、「ミッドウェイ」の第5空母群司令と通算5年余り日本勤務しました。1987年に海軍作戦部の上陸作戦部長を最後に海軍生活31年、総飛行時間5,000時間、着艦回数1,100回の記録を残して退役されました。駆け足人物伝、失礼しました。

Able Dog 2018/06/05(Tue) 22:40 No.893
NF-500番台#2

こんにちは。
NF500番台#2へ進みます。

>ダブルタンゴさん
シャッターを押すタイミングほとんど同じでしたね。
CVW-5機が飛来し、訓練飛行を狙ってカラーポジフィルムを買っていたんですが、M.WADAさんが書かれていたように天気が思わしくない日々が続き、とうとうBHR出港まで消費できませんでした。
小雨の中のフライオフでしたが、これがBHR最後でした。

>M.WADAさん
天気が悪かったですね。
GIハウスからVC-5のF-8Kが降りたのを見てがっくりしました。
デジタルだったらもっといいショットが残ったのでしょうが、こんな事いっても昔はそれなりに皆さん頑張っていましたね。

>K.Akatsukaさん
老人の口癖「昔はよかった!」ですね。
現在はとてつもなく長いレンズを振り回して?撮影している方が多いようですが、短いレンズの良さも知って欲しいようなショットです。
長いレンズンには昔撮影できなかったそれなりの良さもありますが・・・

>まさやんさん
エンドでゴシゴシ磨いていたやつですか。
NF500が後ろ向きなのは、インテイクを見せないため?
いろいろ疑ってスイマセン!
しかし、よくできていますね。

NF500番台は、VA-115初期の塗装。
まだニックネームが"Arabs"の時代です。
1971年6月25日撮影です。

MACH3 2018/05/19(Sat) 11:40 No.864 [返信]
Re: NF-500番台#2
MACH3さん 皆さん こんばんは
明日から天気が崩れるようですが、ここ数日、ここは夏の高原か?
と思うような清々しい天気でした。
厚木も新たな状況下でのエンド 環境で、この先もどうなるか少し楽しみが出来てきましたね。
ではまたまたMACH3さんの後追いで^_^;
過去取り込んでいた画像ですが、よく見たら同じ機体、同じ日でした^_^;

ダブルタンゴ 2018/05/22(Tue) 22:52 No.866
Re: NF-500番台#2
皆さん、おはようございます。
時間がかかりましたが、やっとVA-115のA-6A/Eの写真がほぼ揃ったので投稿を開始致します。

但し、MACH3さんとダブルタンゴさんが出された1971年のVA-115のカラーはあまり撮って居りません。
そこで仲間の中島道弘さんが取材で訪れた厚木の内撮りショットをお見せいたします。

以前にもお話し致しましたが彼は、この取材の後暫くして亡くなって居ります。
つまりこれらのショットは彼の手によろ最後の作品となりました。

各々ショットをみて感じることはモデル作りの参考になるようなアングルを撮っていたようです。

撮影に使ったカメラは彼の愛機ゼンザ ブロニカ。
フィルムはコダック エクタクローム プロフェッショナル。
当時、なかなか使えなかった高価なカラーのブロニ―フィルムでした。

M.WADA 2018/05/23(Wed) 05:27 No.867
Re: NF-500番台#2
同じくVA-115のKA-6D,NF-515.

M.WADA 2018/05/23(Wed) 05:30 No.868
Re: NF-500番台#2
NF-515の正面ショット。開いたステップの角度が良く分かります。

M.WADA 2018/05/23(Wed) 05:32 No.869
Re: NF-500番台#2
同じくNF-515の機首アップ。ステップ内側が一目瞭然です。

M.WADA 2018/05/23(Wed) 05:35 No.870
Re: NF-500番台#2
皆さん、おはようございます。
今日からNF-500番台/A-6シリーズを順次スタートしようと思っておりましたが、
その前に厚木初飛来のことに触れておこうと考え、こちらを先に御紹介することと致します。

1973年9月27日(木曜日)12時15分、厚木ランウェイ19上空に3機編隊で現れたのはVA-115”Arabs"のA-6達でした。
当日は連日のテレビ報道等マスコミで空母ミッドウェイ横須賀配備の状況がリアルタイムで放送されて、
R/WエンドにもNHKや毎日新聞記者などマスコミ各社が詰めておりマニア諸君もピリピリとした雰囲気が満ちていました。

そのさ中、編隊を解いて着陸してきたのはNF-507番機、155715。
これがCVW-5機、厚木移駐の一番機となりました。

次に降りてきたのはA-6B,155686,NF-502,最後はKA-6D,151824、NF-525でした。
いずれもクルー達は地上に視線を落とし初めての日本の地を眺めながらの着陸でした。

面白かったのは、この状況を具に見ていた報道各社の記者達が何れも何が起こったのか全く気づかなかったことでした。
そしてこちらに歩み寄り「今降りたのはミッドウェイの艦載機ですか?」と問いかけてきたのですが、
勿論マニア諸君は「いや、あれはただの訓練機ですよ」と大ウソを教えたのですが、
記者達は、あっさりとこの言葉は信じ込み誰一人疑う人は居ませんでした。

この一事で記者達のレベルが知れマニア達は顔を見合わせニヤリと笑い合いました。

ところで、この3機編隊ですが、改めて考えてみると3機すべて違う機種だったんですね。
つまりA-6の「3機異機種編隊」という訳です。

自分はこの時以後、同じような編隊を見たことがありませんでした。
何故このような混成編隊での来日をして来たのでしょう?
間違いなく何か意味がある行動と思うのですが、はてさてどのような事だったのか知りたいものです。

M.WADA 2018/05/24(Thu) 05:42 No.871
Re: NF-500番台#2
その送りショットです。

因みに、この日、空母ミッドウェイはハワイのパールハーバーを一路横須賀を目指し出港、3機のA-6はVAQ-308(ND)のKA-3Bによるパスファインダーを受け本国より直接厚木に到着したものでした。

M.WADA 2018/05/24(Thu) 05:49 No.872
Re: NF-500番台#2
A-6A,155715/VA-115,NF-507の着陸ショット。
これがCVW-5機、厚木初飛来の一番機となりました。

M.WADA 2018/05/24(Thu) 05:56 No.873
Re: NF-500番台#2
皆さん、おはようございます。
昨日は仕入れで20時間拘束され到頭投稿が出来ませんでしたが今朝は早起きし投稿します。

NF-500番の厚木初飛来は1973年9月30日(日曜日)12時10分、雨の中R/W-01に着陸した時でした。
この時は9月27日のVA-115トランスパックと同じくA-3によるパスファインダーでの来日でしたが、
VAQ-308ではなくVAQ-130のTA-3B(TR)によるものでした。

KA-6D,151819、VA-115,NF-522 L/D12:00
A-6B,155698、VA-115、NF-503 L/D12:01
TA-3B,144858、VAQ-130,TR-24 L/D12:08
A-6A, 155704、VA-115,NF-500 L/D12:10
と順次GCAによる着陸で、R/W-01午後のエンドに集まったマニア8人達は雨の中
滑走路直下付近にあった基地からの雨水放水用の下水トンネル内で雨を避けながら待機し
ジェット音が聞こえると中原街道上に飛び出し撮影するという行動を繰り返しました。

こんな涙ぐましい努力をして撮ったショットも写真としてはほぼ見るに値しないレベルの写真でしたが、
みんな目を輝かせて撮影していましたが、他人から見ると嘸や奇異に映ったことでしょう。
何といってもCVWが寂れた基地、厚木に来るのですから皆嬉しかったんですね。

厚木飛来以後、なかなか撮れなかったNF-500を晴れて撮れたのが此のショットでしたが
光線状態は良くありませんでしたが、とりあえず撮影出来て満足でした。
パイロット名はCDR John B.STREIT.

M.WADA 2018/05/26(Sat) 05:41 No.874
Re: NF-500番台#2
そして、1974年に入ってやっと順光で撮影出来たのが此のショット。
意外ですがNF-500の完全塗装の全景をを撮れたのはこの1回だけ、
あとは離着陸時で翼に隠れたりして完璧にマーキングを確認できるショットはありませんでした。

M.WADA 2018/05/26(Sat) 05:51 No.875
Re: NF-500番台#2
既出ですが1974年6月26日、厚木R/W-19に編隊で着陸進入するNF-500とNF-511.
NF-500のStarboardに書かれていたパイロットネームはLCDR HAWLEYでした。

M.WADA 2018/05/26(Sat) 05:56 No.876
Re: NF-500番台#2
皆さん、おはようございます。
これから仕事が詰まっていますので当分の間、変則的な投稿が続いていきますが御勘弁下さい。

今朝も昨日に続きNF-500/155704です。
1974年8月2日(金曜日)7時47分、厚木R/W-01を前日横須賀を出港した空母ミッドウェイに向け離陸するNF-500.

一見、光線状態はR/W-19午後のように見えますが、夏の早朝の光線状態はR/W-01でも機体前方から射し込み綺麗な写真が撮れるのですが、
こんな早朝に離陸する事は稀ですから、早朝のフライオフは貴重でした。

但し、この日はアクシデントが勃発、トラフィックの中止を余儀なくされてしまう事となります。
8時20分過ぎ、突如フライオフが中断されスタンバイが宣告され厚木は静まりかえります。

マニアは一体何が起こったのか判らず首をひねるばかり。
そしてフライオフ撮影の為19側にいたマニアの目に飛び込んできたのがR/W-01に向け近づいてくる小さな点が2つ。

それがだんだん近づき、眼鏡を覗くと小さな点は2機のEA-6Aと判明。
しかも1機はランディングギアが出ておらず、アレスティングギアダウン!胴着の様です!
この時点で皆の顔がコワバリ悲嘆の形相に変化。
9時32分、胴着したのはVMCJ-1,DET-101,RM-615,156985.
チェイス機はRM-617,151598.

着陸にはY君1人のみ。彼はK-U使いの新進マニア。着陸側へ飛んできた我々に満面の笑みをもって迎えた彼の顔が今も忘れられません。
因みに現在彼は地元の高校の校長先生に収まっており、そのカラーショットを見ることは不可能になっています。

そんな訳でランウェイクローズは午後1時まで続き11人のマニアはジッと我慢を強いられる事となってしまいましたが、
CVW-5機は遅ればせながらも31機がフライオフ。フィルムはそれなりに消化することが出来ましたが心も体も疲れた一日でした。

M.WADA 2018/05/27(Sun) 04:43 No.877
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -