おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
NF-xxx番台#10

おはようございます。

>K.Akatsukaさん
「Migコレクション」、「Hamanoさん」の写真ご紹介ありがとうございます。
中々、思うように撮れないアングルショットです。

>M.WADAさん
いつものように当時の詳細なデータありがとうございます。

私のネガは全て海外にありスキャンはできませんので既出のものとなります。
1971年9月20日撮影のRF-8G、200mmでの離陸ショット。

MACH3 2019/01/15(Tue) 05:55 No.1857 [返信]
Re: NF-xxx番台#10
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
1971年9月20日(月曜日)厚木R/W-01から離陸するNF-603のショットは低いですね。
今では200mmで離陸を狙うマニアは皆無ではないでしょうか?

此の日、CVA-41が横須賀を出港。
それに伴いCVW-5機11機がフライオフし、その中にいたNF-603でしたが、
NFのRF-8Gでは此の時期の塗装が最も”決まった”デザインで好きでした。

またまた投稿が前後してしまいます。No-1831、RM-614の、その後の姿です。
1975年2月9日(日曜日)運用滑走路が午後から19に変わった14時30分、
厚木R/W-19へショートカットでL/Dして来たRM-614/156984.

M.WADA 2019/01/15(Tue) 12:37 No.1858
Re: NF-xxx番台#10
↑の送りショットです。
この日の外来機はED-12,RC-1/7,RG-00,SG-5,WT-10.
横田へ前日降りたQB-800狙いで厚木のマニア13人が出かけて行きましたが
離陸が8時30分と早かった為、取り逃がした連中が相当数いました。

M.WADA 2019/01/15(Tue) 12:39 No.1859
Re: NF-xxx番台#10
1975年5月29日(木曜日)この時期、丁度Mdxの変更中の為T/Cだけとなっていた156984は、
ニッピからテストフライトの為11時に厚木R/W-01を離陸。
11時25分に着陸後、検査に合格したようでニッピエリアに向かわず西側外来機ラインへ向かう為、
R/WエンドのDWまでタキシングして来てくれた為、幸運にも撮影にありつけました。

ところが、EWOにこちらの姿を見咎められ、右腕を大きく振り上げ威嚇してきたのには驚きました。
無論、撮影後は一目散でニッピ山を駆け下り退散したのは言うまでもありません。

M.WADA 2019/01/15(Tue) 12:41 No.1860
Re: NF-xxx番台#10
このショットを撮った後、撮影台の撤去・整理を行い撤収するためハードで敏速な行動が要求され、
”若さ”が絶対必要条件の特別な場所が”ニッピ山”でした。

M.WADA 2019/01/15(Tue) 12:43 No.1861
Re: NF-xxx番台#10

1975年6月17日(火曜日)16時8分、曇りの厚木R/W-19へ着陸するRM-534/156984.(元RM-614)
RM-534は午前中、岩国より飛来。12時50分離陸し厚木へ戻って来た時のショットです。

この日CVW-5機はNF-504と511がフライトしただけ。
外来機はYTのCH-46Dがx3機L/Dしてニッピ入り、RZ-604,そしてUSAFのVC-135とC-130Eが撮れました。

M.WADA 2019/01/15(Tue) 12:45 No.1862
Re: NF-xxx番台#10
皆さん、こんにちは。

1975年3月20日(木曜日)午前9時より厚木R/W-01でT/Gを4回繰り返したRM-612/156989.
当日は時折晴れ間は出たものの、終日曇り⇔小雨の天気でカラー撮影を断念、モノクロとなりました。

この日、CVW-5機7機がL/D.
外来機はRG-407,NASU IWAKUNIのUS-2B,146480,RM-603/622,153106,QD-689,SZ-242.

M.WADA 2019/01/16(Wed) 10:59 No.1863
Re: NF-xxx番台#10
↑の続き。R/W-01午後のL/D.

M.WADA 2019/01/16(Wed) 11:01 No.1864
Re: NF-xxx番台#10
1975年8月9日(土曜日)この一瞬だけ陰った15時50分、厚木R/W-19を離陸し岩国へと帰還するRM-622/156989.

この日、RM-622は14時から14時50分にかけてニッピからテストフライトを行った後の岩国帰りでした。
そしてこの機体の貴重なことはふたつあり、ひとつはそのMdx,もう一つはUSS MIDWAYの文字にありました。

Mdx-622はほんの一瞬だけ、つまりVMCJ-1からVMAQ-2への移行期間のみ存在した”RM"の620番台だったのです。
確かにRM-620,621,622は既に存在してはいましたが、それはRF-4BにであってEA-6Aではありませんでした。
つまりEA-6Aでは、この時だけの稀有なMdxであったのがご理解いただけると思います。

そして”USS MIDWAY"の文字、自分の撮った機体に限っての話ですが
VMCJ-1のEA-6Aにあって”USS MIDWAY"の文字を機体に描いた機体は記憶になく、
且、垂直尾翼のT/C上に描くとは予想外でした。又、その左側に前Mdx532の下2桁”32”が見て取れ、
これもマニア心を擽りますね。

この二つの点で、RM-622はCVW-5へのDET派遣されたEA-6A中最も貴重な機体だったと思うのです。
唯一つ難を言えば”DET-101"の文字が書き込まれずに終わったことが挙げられます。


さて、此処でVMCJ-1所属のEA-6Aのご紹介は終わりです。
次回からはVMAQ-2(CY)"Playboys"所属のEA-6Aのご紹介に進みます。

M.WADA 2019/01/16(Wed) 11:03 No.1865
Re: NF-xxx番台#10
皆さん、こんにちは。

今回よりVMAQ-2/EA-6Aをご紹介を開始いたします。

1975年9月1日、VMAQ-2によるCVW-5へのDET派遣が開始されました。
最初の分遣隊はDET-Aからスタートし、その内訳は以下の通り。
CY-621,156983
CY-622,156988
CY-623,156990
CY-624,156993
以上の4機体制。このDET-Aは1976年9月まで続きました。
これ以後は6か月毎にDETが変わる方式となりました。
その変遷を以下に記して置きます。

DET-C(1976年9月より1977年3月まで派遣)
CY-621,148618(岩国飛来時、ガルグレイの垂直尾翼に黒文字T/C)
CY-622,156989
CY-623,156991
CY-624,156992

DET-A(1977年3月より1977年9月まで派遣)
BuNoは前記DET-Cと同じ。

DET-B(1977年9月より1978年3月まで派遣)
CY-621,151596
CY-622,151598
CY-623,156981
CY-624,156986

DET-C(1978年3月から1978年9月まで派遣)
BuNoは前記DET-Bと同じでした。
此処までで任務を後任のEA-6Bに譲りEA-6Aは本国へ帰還。
EA-6Aとしては、このDET-CのEA-6Aが日本での見納めとなりました。


では、VMAQ-2/EA-6Aのご紹介をスタートします。
最初は1975年9月13日(土曜日)11時45分、厚木R/W-19を離陸するCY-624/156993.

前日9月12日の18時15分R/W-19へ着陸。翌13日朝、横須賀を出港したCV-41へ向かうための離陸でしたが、
この機体はVMAQ-2の通常塗装の黒尾翼と異なり、ガルグレイの尾翼に黒レターと見慣れない塗装でした。

加えて機首には"SEA GULL"の文字が入っていました。
BuNoから推測すると、本国から岩国へ飛来した機体だったのかもしれませんが、
このタイプのDET-Aの機体は他に見たことはなく詳細は不明です。

12日に続き13日も9時35分からフライ・オフが始まり16時10分にかけて20機のCVW-5機が離陸しています。
外来機はRG-412,PR-40,VE-1,PC-11,UE-21,RF-614.  マニアは5人が集いました。

M.WADA 2019/01/17(Thu) 14:12 No.1866
Re: NF-xxx番台#10
↑と同一機ですが、塗装が更新され通常の黒尾翼になりましたが”SEA GULL"の文字は健在でした。
1976年2月10日(火曜日)厚木R/W-19をフライ・オフしCV-41へと向かうCY-624/156993.

この日、9時から16時28分にかけて18機のCVW-5機がフライ・オフを実施。
外来機はRG-406,RZ-604,WK-01,RD-6,SZ-801,SM-03,UE-02. マニアは3人が来ていました。

M.WADA 2019/01/17(Thu) 14:14 No.1867
Re: NF-xxx番台#10
↑の続き。RMからCYになっても高い離陸は健在で”喰えないEA-6A"は健在でした

M.WADA 2019/01/17(Thu) 14:16 No.1868
Re: NF-xxx番台#10
1977年3月22日(火曜日)13時丁度、厚木R/W-19を編隊離陸するCY-623と624.
CY-624は156993から156992へと機体が変わっています。

前々日の夜に降りた3機のEA-6A達は21日には揃って日がな一日エンジンテストを繰り返し飛ぶ気満々。
そして迎えた22日、滅多に遭遇しないEA-6Aの編隊離陸なのに、相変わらずの高い離陸には閉口してしまいました。

この日8時50分から17時15分にかけて55機のCVW-5機がフライ・オフ。
外来機はRG-422,TH-52,SM-10,SA-11/12,PR-01,QE-1,CY-621. マニアは6人が集いました。

M.WADA 2019/01/17(Thu) 14:17 No.1869
Re: NF-xxx番台#10
皆さん、こんにちは。

1977年12月21日(水曜日)10時59分、厚木R/W-01へ着陸したVMAQ-2,DET-BのEA-6A,156086は、
13時42分、R/W-01を岩国帰りで離陸。

この機体は前回御紹介のCY-624/156992とは別の機体(156986)で、DET派遣開始後3代目のCY-624番となりました。

この日の朝、横須賀にCV-41が帰港。それに伴いHC-1のSH-3G、4機が厚木にフライ・イン。
又、RG-425は嘉手納経由でキュービーポイントに帰り、CY-621も14時30分、岩国へ帰っていきました。
そして、早くも3機のVA-56/A-7Eが嘉手納に訓練の為、厚木を飛び立っています。 マニアは5人がエンドに来ていました。

手帳を見てみると、当日はニッピを含め合計69機のCVW-5機が厚木に居たことが確認できました。

M.WADA 2019/01/18(Fri) 11:25 No.1870
Re: NF-xxx番台#10
1978年3月3日(金曜日)、16時52分、CV-41を目指し、厚木R/W-01を離陸するCY-624/156986.
前日の3月2日、CV-41はチームスピリット’78に参加の為、横須賀を出港しており、
この日(3月3日)、11時49分から16時52分にかけてCVW-5機13機がフライ・オフ。
その他にPR-006とRG-427もCV-41に着艦しています。
やっと低めのEA-6Aの上りが撮れた記憶に残るショットでした。

M.WADA 2019/01/18(Fri) 11:27 No.1871
Re: NF-xxx番台#10
↑の送りショット。
外来機はCY-621と623. そしてNF以外の艦載機が14時丁度に飛来したことが嬉しいニュースとして挙げられます。
それはCV-63 USS KITTY HAWK搭載、CVW-11(NH)所属、VS-33"SCREW BIRDS"のS-3A(160131)/NH-705でした。

M.WADA 2019/01/18(Fri) 11:29 No.1872
Re: NF-xxx番台#10
1978年6月14日(水曜日)15時1分、岩国からDET派遣され厚木R/W-19へ着陸するCY-624.

この日は11時11分から19時にかけてCVW-5機34機がフライ・オフ。
外来機はSA-12,RG-424,SG-6,RW-114. マニアは4人が集いました。

M.WADA 2019/01/18(Fri) 11:31 No.1873
Re: NF-xxx番台#10
1978年6月17日(土曜日)14時10分、沖縄海域のCV-41に向け厚木R/W-19を離陸するCY-624/156986.

前日の6月13日、CV-41が横須賀を出港。それに続き、さみだれ式に連日フライ・オフが続き、
その殿が、このCY-624の離陸でしたが、スムーズに離陸したわけではなく、かなり手間取った後のT/Oだったのです。

12時7分、CY-624エンジンスタート、お墓前の誘導路で機体に不具合が発生。
キャンセル・フライトプランをコール。タキシーバックとなってしまいました。

気温31度の中、御神木の下で2時間以上も満を持して待機。
皆の祈りが通じたのか漸く御出座。やっと撮れたのがこの一枚でした。
因みに、頑張ったマニアはMACH3さんを含む6人でした。

M.WADA 2019/01/18(Fri) 11:33 No.1874
Re: NF-xxx番台#10
皆さん、こんにちは。

1976年2月10日(火曜日)正午過ぎ、厚木R/W-19を編隊離陸し空母ミッドウェイへ向かうCY-621と623.
CY-621の機首に"MERLIN"の文字が書かれているのが確認できました。
この日のデータはNo-1867でご紹介済みですので省略致します。

M.WADA 2019/01/19(Sat) 10:58 No.1876
Re: NF-xxx番台#10
↑から1年経ってBuNo151596から148618へ機体が変わったCY-621です。
1977年3月22日(火曜日)15時45分、曇り空の厚木R/W-19を離陸するCY-621/148618.
この日のデータもNo-1869で既にご紹介済みですので省略致します。

M.WADA 2019/01/19(Sat) 11:00 No.1877
Re: NF-xxx番台#10

又また、↑から1年後のCY-621の姿です。
1978年3月3日(金曜日)16時52分,厚木R/W-01を離陸するCY-621.
こちらの機体は前年(1977)の148618とは別の機体(151596)でしたが、
この機体は1976年にCY-621で使用していた機体と同一機でした。

この日のデータは既にNo-1871でご紹介済みですので省略致します。
追記としては、PR-00とPR-006、そしてRG-427が厚木からCV-41へ着艦しています。

M.WADA 2019/01/19(Sat) 11:02 No.1878
Re: NF-xxx番台#10
1978年7月18日(火曜日)15時20分、グレーのロービジ塗装に変わり厚木R/W-19を離陸するCY-621/151596.
今日の朝、空母ミッドウェイが横須賀を出港。
9時43分から19時50分にかけて37機のCVW-5機がフライ・オフ。内4機が厚木に舞い戻っています。
外来機はRG-325/423,PR-00/06,CY-622,TF-12,NAF KADENAのC-117D,50804.

M.WADA 2019/01/19(Sat) 11:05 No.1879
hydra магазин

<a href=http://hydra2.market/>сайт гидра онлайн магазин</a> - https hydra center com, сколько стоит открыть магазин на гидре

Henrydiaks 2019/01/18(Fri) 18:01 Home No.1875 [返信]
NF-xxx番台#9

>M.WADAさん
#1818は8月5日の撮影です。
Fly-offの時は、A1にいましたが、UH-2Cが離陸したのを撮影して角は回らないのではないかと思い離陸側に移動しました。
Fly-off時には尾翼下に白バニーが描かれていました。
恐らくVQ-1クルーのいたずらかと思います。

1970年8月12日撮影

MACH3 2019/01/12(Sat) 16:17 No.1836 [返信]
Re: NF-xxx番台#9
>MACH3さん
>M.WADAさん

EA-6Aを見て酔いしれています。いいですねえ・・EA-6Aは。
岩国に配備され始めたころに休眠態勢に入ってしまったので実機は見ていないのです。
イメージがEF-10Bとダブリますね。EF-10Bも大好きな海軍機でした。

「Migコレクション第2弾」が届きましたので紹介します。
現場に数行かないと撮れないショットですね。スバラシイです。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:10 No.1837
Re: NF-xxx番台#9
続いてEA-6B。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:11 No.1838
Re: NF-xxx番台#9
EA-6Bも大胆な塗装を施していましたね。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:13 No.1839
Re: NF-xxx番台#9
F-14も“懐かしの”に仲間入りです。
個人的にはこのときの塗装が好きでした。
地上から撮るF-14の最も決まったショットだと思います。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:17 No.1840
Re: NF-xxx番台#9
これも“毎日クラブ”員ならではの離陸ショット。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:18 No.1841
Re: NF-xxx番台#9
時代は遡りHamanoさんのA-7を。
ミッドウェイ母港化以前、佐世保公開でのVA−56のカラー。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:22 No.1842
Re: NF-xxx番台#9
ロービジなったVA−56。
「ロービジ嫌い」のお方も、これなら許される?(笑)

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:24 No.1843
Re: NF-xxx番台#9
この感じ。トライXのザラザラ感がいいですねえ。
モノクロの魅力、ここに有り。

K.akatsuka 2019/01/12(Sat) 19:28 No.1844
Re: NF-xxx番台#9
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
8月5日でしたか。この日は一日中曇りで時々霧雨が降り続く生憎の天気。
もう1機のUH-2C,NF-006もフライト。VF-53”IronAngels"のF-8J(NF-212,150678)がコンパスチェック。
このVF-53は惜しくも1971年1月29日に解散した為、
この時がVF-53を撮る最後のチャンスとなるとは思ってもいませんでしたね。

8月12日のバニーマークは知りませんでした。仰る通り自分もVQ-1の連中が一番怪しい思います。

因みに、UH-2Cの増タンの上部に小さく黒地に白のゴシック体でUSS BON HOMME RICHARDと書かれていましたが、
出来れば、オーソドックスに「NAVY」の上に書いていてくれれば艦名が判り易かったのにと残念でしたね。

>K.akatsukaさん

「EA-6AがEF-10Bとイメージがダブル」言われてみれば全くその通り。
CHECKERTAIL-2のP-131,No-252,M.Iguchiさん撮影のRM/EF-10BのL/Dの日、
自分も南の角からEF-10Bのオーバーヘッドアプローチを撮っていたと思うのですが、日にちが判りません。
もしご存知ならば、教えて頂ければ助かります。

手帳にはEF-10B,125831,VMCJ-1,RM-4,L/D, 1966としか書いてありませんでした。
何といっても、自分がEF-10Bに出会えた最初で最後の日でしたので。。。宜しくお願い致します。

"Mig"Iguchiさんのコレクション第2弾のアップありがとうございました。
K.akatsukaさんの仰る通り、トムキャットのT/Oショットは感動・貫禄の一枚。傑作ですね。

AGCの一員、その中でもクールなIguchiさんだけあって、こんな緊張の場面に立ち会って
並のカメラマンならビビッてミスしてしまうところを見事決めてきた渾身のショット。素晴らしいです!

H.Hamanoさん撮影のNF-400のカラーショットは貴重ですね。厚木ではフライ・イン時の高いL/Dだけでした。

ロービジのVA-56機を見て、今になって思えるのはハイビジからロービジの過渡期に身を置くことになった為、
同一機でも色々なバリエーションで塗装された機体を撮れた訳で、
これはこれで面白かった、得をしたともとれ、良い時代に現役生活を送れたと懐古している次第です。

昨日の続き、RM-616です。
1975年3月27日(木曜日)12時5分、岩国から厚木R/W-19へGCAアプローチL/Dして来たRM-616/156986.

この時はニッピ山からの撮影でしたが、それでも地上部は画面に入らずガックリ。
今こうして改めてEA-6Aのショットを見返してみるとL/DもT/Oもほぼ例外なく高く撮影は厳しいものがありました。

総生産機数がたった27機(新造機15機、改修機12機)と希少機種であり、
自分の好みの機種でもあったのですが、思った通りの撮影をさせて貰えなかった記憶ばかりが記憶に残っています。

M.WADA 2019/01/13(Sun) 11:38 No.1847
Re: NF-xxx番台#9

↑の続き。何とかタッチダウンを撮れたと思ったら、不運にも吹き流しがバッサリ。
オマケに曇天の為シャッタースピード1/125で撮影した為、尻がブレてしまいガッカリでした。

この天気でも5機のCVW-5機がフライトを実施。
外来機はUE-01,RC-6/11,SZ-823,RM-622(RF-4B),RG-00.  マニアは10人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/13(Sun) 11:39 No.1848
Re: NF-xxx番台#9
↑の翌日、1975年3月28日(金曜日)11時35分に01から19にR/Wチェンジ。
12時20分、トレーニングフライトの為、厚木R/W-19を離陸するRM-616.

ニッピ山では、この時間になるとほぼ逆光になるので、さっさと19午後の着陸側へ移動するのですが、
下山して川を渡り(2本の丸木橋で怖い)、かなりの距離を歩かねばならず、
その間に外来機のL/Dがあり、撮り逃したことが度々あり、最も危険な時間帯と言えました。

M.WADA 2019/01/13(Sun) 11:41 No.1849
Re: NF-xxx番台#9
そのL/Dショット。厚木上空へオーバーヘッドアプローチ後、T/Gを5回もしてくれた後、14時50分に着陸。
この日は6機のCVW-5機がフライト。
外来機はRZ-604,NASU IWAKUNI のUS-2B. マニアは4人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/13(Sun) 11:43 No.1850
Re: NF-xxx番台#9
皆さん、こんにちは。

昨日と同じ156986ですが、Mdxが616からRM-536に変わりました。
そこで今回はMdxの変遷を記して置きます。

1975年4月、EA-6AはRM-612〜617からRM-531〜536に変更。
        RF-4BはRM-600〜617からRM-611〜622に変更。

1975年7月1日付でVMAQ-2(CY)が編成されEA-6Aは一時期だけRM-621〜626を使用していたが、
         直ぐにCY-621〜624に変わった為、RM-620番台のEA-6Aはとても貴重な存在となった。

         RF-4Bも7月1日付でVMFP-3(RF)が編成。
         9月1日よりCVW-5へDET派遣を開始。MdxはRF-610〜615を使用。

         9月2日をもってVMCJ-1(RM)が解散し、CVW-5へのDET派遣は1年11か月をもって終わりを告げ、
         長く厚木のマニアにも親しまれた部隊がひとつ消えていった。

1975年5月20日(火曜日)厚木R/W-19をローアプローチするRM-536/156986.
このVA-115機のようなMdxを使用したのは僅か2か月位でした。
CVA-41はクルーズ中で6月15,16日のフライ・イン迄厚木にCVW-5機の姿はありませんでした。

外来機はQD-687,VE-10,RG-00. そしてWX-3がtwo-star(Major general)を乗せL/D。
マニアはMACH3さんを含む7人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/14(Mon) 13:39 No.1851
Re: NF-xxx番台#9
↑の続き。14時、厚木R/W-19へ着陸するRM-536.
岩国より11時47分L/D後、12時50分R/W-19を離陸し再び厚木に舞い戻りT/Gを9回も繰り返した後のL/Dでした。

M.WADA 2019/01/14(Mon) 13:41 No.1852
Re: NF-xxx番台#9
↑の送りショット。
この日の天気はネコの目のように変わり、撮影時に晴れるか曇るか、気を揉む天気でしたが、
この時は厚木のジンクスが崩れ晴れていてくれラッキーでした。

M.WADA 2019/01/14(Mon) 13:42 No.1853
Re: NF-xxx番台#9
前後してしまいましたが、スタート時のRM-617のNavy blue tailのご紹介です。
1975年4月3日(木曜日)厚木R/W-19を14時12分離陸。
再び厚木へ戻りT/Gを3回、ローアプローチを2回実施後15時35分L/Dしました。

M.WADA 2019/01/14(Mon) 13:46 No.1855
Re: NF-xxx番台#9

↑の送りショット。
この日、CVW-5機はNF-111が16時15分T/Oしようとするも失敗しフライトはゼロ。
外来機はSZ-242,PR-40,RZ-787. マニアは西村さんを含む9人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/14(Mon) 13:48 No.1856
NF-xxx番台#8

おはようございます。

>M.WADAさん
NF-013のインシグニアの上の爆弾のマークは知りませんでした。
何しろ、#1802しか撮れませんでしたので。

CVA-31時代のUH-2Cです。

MACH3 2019/01/10(Thu) 08:24 No.1818 [返信]
Re: NF-xxx番台#8
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
自分も今回の企画で初めて「爆弾マーク」の存在を知りました。
toksansさんのNF-012のショットがアップされなかったら、全く分からなかったでしょうね。

NFのシースプライトは、今になってみるとCVW-5史上貴重な存在と思います。
MACH3さんがアップされたショットは、たぶん1970年8月12日(水曜日)に行われた、CVA-31 USS Bon Homme Richard搭載、
CVW-5機の厚木フライ・オフ当日の映像ではないかと思いますが、如何でしょうか?

NF-005は他のNF-004,006同様、厚木では殆んどフライトせず、辛うじてNF-006が8月5日(水曜日)にフライトした位でした。
然も、ヘリですから飛行ルートが予想できず裏目ばかり出て往生しましたが、
MACH3さんは流石に地元マニア、No-1818は「当たり」。自分は米粒で「ハズレ」でした。
HC-1,DET-3の3機のUH-2C達は、もっともっと撮りたかったですね。

昨日の続き、RM-617のエンジンテスト風景です。
何故、普段は撮らない正面形を撮ったかというと、レドームに注目。
そう、なぶり書きですが漫画チックな”顔”が書かれていたのです。

残念なのはstarboardにしか「目」が書かれていませんでしたので、ニッピからエンテス場に曳かれて来た、
8時30分に、もう一歩で間に合わなかった事が悔やまれます。

この日、CVW-5機はNF-312と314がL/Dしたのみ。 外来機もPD-3とRP-31だけでした。
こんな日には、エンテスにT/C付きの機体が曳かれて来ると、何か得した気分になったものでした。

又、この日のトピックスとしては15時丁度、PR-7(EA-3B)が何故か管制塔を目指し高速でローパス後、
15時30分着陸。それを珍しい”外来者”A-330さんが撮影されていました。
他にMACH3さんを含むマニア9人もエンドに来ていました。

横田ではCFのA-4Eが3機とUDとUPのF-4Dが各1機宛撮れたそうです。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 11:52 No.1819
Re: NF-xxx番台#8

↑と同じRM-617を,アノ杉林の道路側の木に攀じ登り撮影したショットですが、
木が細く、ゆらゆら揺れてブレないように撮るのが大変でした。
しかし、アングル的には気に入っている一枚です。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 11:55 No.1820
Re: NF-xxx番台#8
1974年10月24日(木曜日)13時55分、ニッピから出てテストフライトの為、南の角をタキシングするRM-614/156984.
14時、R/W-01を離陸していきました。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 11:57 No.1821
Re: NF-xxx番台#8
↑の続き。14時40分、厚木R/W-01へ着陸するRM-614.
この日は、CVW-5機3機がフライトを実施。
外来機はRG-1,TD-1,NASU IWAKUNIのUS-2B,136519,CT-39A(USAF),SZ-124,QD-788,NAHAのC-117D,PC-4.
マニアは11人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 11:59 No.1822
Re: NF-xxx番台#8
↑の送りショット。又、横田にZZのRF-4Cが3機L/Dしています。
この当時からマイカーが普及し始め、厚木のマニアも自分も含め横田通いが始まりました。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 12:00 No.1823
Re: NF-xxx番台#8
↑の翌日、1974年10月25日(金曜日)10時35分、岩国に向け厚木R/W-01を離陸するRM-614.
この離陸自体は、そこそこ低かったのですが如何せん天気が悪すぎました。

当日、CVW-5機はNF-503が10時8分T/Oしただけ。
外来機はRP-31,PC-4,RZ-787,RG-1,TD-1,WTのF-4Jが2機。

マニアは4人がいましたが、その内の2人、西村さん、パンダさんは午前中横田でZZのRF-4CのT/Oを撮り、
午後1時には厚木に戻って撮影と、以前では考えられない行動が自動車の個人所有で実現可能になっていました。

他にはCAMP ZAMAからU-21Aが14時に離陸しています。

M.WADA 2019/01/10(Thu) 12:02 No.1824
Re: NF-xxx番台#8
皆さん、こんにちは。

モノクロで残念ですが、RM-617の「顔」が判るショットが出てきたのでアップします。
よく見ると、両目が描かれていますが、出来れば両側に一目宛入れてくれればね〜。

1974年8月5日(月曜日)16時53分、厚木R/W-19へ着陸するRM-617.
この日は、CVW-5機6機がフライト。
外来機はRG-300,UE-20,NG-201,TD-1,WT-9,QD-812。 マニアは4人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:46 No.1826
Re: NF-xxx番台#8
1975年1月17日(金曜日)、岩国より厚木に到着後2回T/Gを繰り返した後、10時59分L/DしたRM-614/156984.
最初のショットは6x7で撮影後T/Gしたのを確認。
目を富士山に移すと、何とか雲の合間に姿があり、気合を入れて自転車に飛び乗りAEまで全力疾走。

灌漑用水のコンクリート製管連結部の上に
ビールのコンテナと一斗缶を重ねた上に乗り撮影したのがこのショット。

然しながら、2度とも着陸高度が高く、1度しか富士山入りのショットを撮れず、
その1度のチャンスも、ご覧の通りバランスが崩れ残念な結果に終わってしまいました。

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:47 No.1827
Re: NF-xxx番台#8
こちらは、辛うじてバックに丹沢を映し込めたショット。

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:50 No.1828
Re: NF-xxx番台#8
そして送りショット。
この日CVW-5機のフライトは無し。
外来機はRG-00/411,PR-01,ED-12,RZ-793. マニアは8人がエンドに来ていました。
横田はRMのRF-4B,WFのAV-8Aが撮れたそうです。

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:52 No.1829
Re: NF-xxx番台#8
1975年1月18日(土曜日)9時5分、厚木R/W-19を離陸していくRM-614.
この日もCVW-5機のフライトは無し。
外来機はRG-00,YW-18,QD-687/799/805,U-21,18092,WAのTA-4F,ZE-7.

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:53 No.1830
Re: NF-xxx番台#8
↑の続き。
この日、横田ではVE-12,WF-1,WAのTA-4Fx2機、ZGのF-4C,CAFのC-130,PR-31がローアプローチx4回と大漁でした。

M.WADA 2019/01/11(Fri) 09:55 No.1831
Re: NF-xxx番台#8
皆さん、こんにちは。
今日は天気が崩れ雨が降り始めましたが雪にならなければ良いですね。

1975年1月24日(金曜日)、厚木R/W-19へ着陸するRM-616/156986.
この日、CVW-5機はNF-012がフライトしたのみ。
外来機はPD-2/1,RG-1,RZ-592,ZLのF-4Cが編隊でローアプローチ、RM-603(RF-4B),SZ-124.
マニアは7人がエンドに来ていましたが、その内の4人、
桜井さん、長久保さん、荒川さん、そして西村さんは故人となってしまいました。

M.WADA 2019/01/12(Sat) 11:58 No.1833
Re: NF-xxx番台#8
↑の続き。このRM-616と編隊でオーバーヘッドアプローチしてきたRM-603(RF-4B)は一発降り。

然しRM-616はT/Gを3回も繰り返してくれたものの、いずれも着陸高度は高く、
地上部を入れることは出来ず、この送りショットで辛うじてニッピハンガーが写り、
何とか厚木へ飛来したことが判るショット(14時L/D)となりました。

M.WADA 2019/01/12(Sat) 11:59 No.1834
Re: NF-xxx番台#8
↑のL/D後、給油を終え予定出発時刻の午後3時になっても動きがなく、
やっと出てきたのが何と日の入り間際の16時38分。
仕方なく、朝方離陸用に用意しておいたKodak PKRが装填してあるボディーにレンズを取り付け撮影。
その時、RM-616の機首に何やら文字が書かれているのが分かりましたが内容までは不明でした。
東洋現像所から帰ってきたスライドを見て初めて分かった文字が”LILIA"と判明。
但しstarboardには書かれていませんでした。

因みに、RM-603とRM-616は厚木を離陸し横田に降りたのですが、其と時は既に日没後でした。

M.WADA 2019/01/12(Sat) 12:01 No.1835
NF-xxx番台#7

明けましておめでとうございます。(まだ6日ですので)
このスレッドも新年に入りましたが継続していきます。

>Able Dogさん
88年の公開は行ってない!PR-007撮りたかった。
AAのA-3はなぜ68年の5月にいたのでしょうね?しかも空母名まで残したままで。

>Toksansさん
ご無沙汰しております。
VAW-115のこの塗装は気に入っていますが、たった1回の撮影チャンスしかありませんでした。

>M.WADAさん
入間でCAG機が展示されたんですね。
たぶんこの年は入間に行っていません、と言っても入間の公開にいったのは2度だけですが。

Toksansさんと同じ塗装のE-2B、1971年6月25日撮影。

MACH3 2019/01/06(Sun) 15:09 No.1802 [返信]
Re: NF-xxx番台#7
皆さん、こんばんは。
今日は曇ってしまい、おまけに寒いですね。
くれぐれも、お風邪を召さないように。

>MACH3さん
表紙の富士山バックの121の降り、いいですね〜。
自分はとうとう、このようなショットは撮れずに終わりました。
曇ったり、高かったりして、ツイていませんでしたよ。

NF-013のT/Oショットも良いですね。曇りでもカラー、流石です。
この日はCVW-5機のフライ・オフでしたが、途中からR/Wチェンジして19上りとなりましたが、
曇ったままで残念なフライ・オフとなってしまいましたが外来機はYV-00やCF-15が撮れましたね。

ところで、このNF-013のSqインシグニアの斜め上に小さく爆弾のマークが赤と黒(中央は白丸抜き)で描かれ、
その下にチェックマークが一つ書かれていました。
両側に書かれていましたが白丸の中に数字はなく、一体何のマークなのか分かりますか?

>toksansさん
明けましておめでとうございます。
某サイトは、ほぼ毎日ROMっております。バニーのお話は良く合点がいきました。

1971年のVAW-115/E-2Bの塗装は、アノ時だけの変わったマーキングでしたが、
カラーで撮るには、些か興味に欠け、晴れていてもモノクロで撮影していましたが、
今思うと、矢張りtoksansさんのようにカラーで撮っておくべきだったと悔やんでしまいました。

という訳で、自分もtoksansさんのショット繋がりで1971年時代のVAW-115/E-2Bをご紹介いたします。

1971年6月23日(水曜日)厚木R/W-19へ着陸するNF-013/151721.
この時CVA-41は日本移駐前で、ベトナム参戦中に横須賀寄港に伴いCVW-5機が厚木へ降り、
その中の1機が、このNF-013でした。

M.WADA 2019/01/06(Sun) 16:43 No.1803
Re: NF-xxx番台#7
↑の続きの送りショット。
この日、CVW-5機は4機がフライト。
外来機はWB-60,PR-50,VQ-1のRA-3B,144840(カムフラージュ塗装機)、NASU IWAKUNIのUS-2B,
YV-00,RG-101,TD-2,YD-6/10,UE-02,QA-6.

M.WADA 2019/01/06(Sun) 16:46 No.1804
Re: NF-xxx番台#7
1971年9月15日(水曜日)厚木R/W-01の午後に離陸するNF-013を6x7の300mm(35mm換算で150mm)で撮影。
この日、CVW-5機は15機がフライト。
外来機はWL-4,QD-892,TD-1,PR-50(WC-121N),海自205空のR4D-6,9022.

CVA-41はこの年、4月16日から11月6日までベトナム戦クルーズを行い、この時が2度目の横須賀寄港でしたが、
CVW-5機は最初の6月に引き続き9月も天候が芳しくないまま9月20日、厚木から飛び立ってしまいました。

余談ですが、10月19日、日本海上空に於いてVA-56のA-7B,154539(NF-412)とNF-013が空中衝突し、
両機とも墜落。機体は失われるという不幸な出来事が起こっています。

M.WADA 2019/01/06(Sun) 16:47 No.1805
Re: NF-xxx番台#7
皆さん、こんにちは。

以前、NF-013が欠番になっているというお話をいたしましたが、
昨日、ご紹介しましたNF-412とNF-013の衝突事故で思い当たりました。

これは推測ですが、この事故が契機となって、この事故の記憶を留め、
鎮魂の証にしたいとの思いからNF-013番を欠番としたのではないか。
加えて、安全飛行の励行を誓う伝としたのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

その証拠に事故から5年後の1976年から77年を除き1980年まで”CNO Aviation Safety Award”を受賞しています。
以後”E"はあっても”S"が書かれた機体を見ていません。

地味な”S"ですが、直接クルーの生命にかかわる重要な問題なので、再び受賞出来ることを願っています。

1975年2月18日(火曜日)9時33分、CVA-41より厚木R/W-01へフライ・インして来たNF-012/150541.
この日のデータは既に発表済みですので省略致します。

前日17日と、この日の2日間にわたって行われたCVW-5機のフライ・インは、
自分のNFフライ・イン体験上、最も理想的な撮影条件下での厚木飛来でした。

しかし結果的には二度とこのような日は訪れてはくれませんでした。
その意味で、このNF-012の着陸高度が、もう少し低ければと、このショットを見るたび思うのです。

M.WADA 2019/01/07(Mon) 14:15 No.1806
Re: NF-xxx番台#7

↑の続き。今頃はバックに写る丹沢連峰が良く見えて「厚木らしさ」が出せる為、
寒さは苦手でしたが、晴れると早朝から厚木へ出かけていましたが、なかなか降りて来てはくれませんでした。

それでも吉村さん、長久保さん、GENちゃんの三人は日の出前出勤の常連さんで、
よく枯れすすきの根元で日向ぼっこしながら、みんなで横一列になって着陸方向を見張っていました。

M.WADA 2019/01/07(Mon) 14:18 No.1807
Re: NF-xxx番台#7
1975年2月25日(火曜日)9時15分、厚木R/W-19から離陸するNF-012.
2月20日と21日にかけて降った雪が未だR/W横に残り連日の寒さが分かるショット。

朝方の曇り空が8時13分に晴れ、離陸を撮ろうとニッピ山へ登っては見たものの、無しの飛礫。
其うち、9時になりR/Wチェンジで19となり、やっと出てきたのが、このNF-012.
到頭、お目当ての離陸は撮れず終いでした。

M.WADA 2019/01/07(Mon) 14:19 No.1808
Re: NF-xxx番台#7

↑の続き。T/G後、10時20分L/D.
この日、CVW-5機は10機がフライトを実施。
外来機はRZ-574,NASU IWAKUNiのUS-2A,136510,UE-20,SZ-835,WT-4.
マニアは11人がエンドに集まりました。

M.WADA 2019/01/07(Mon) 14:21 No.1809
Re: NF-xxx番台#7
↑のL/D後、再び10時35分T/OしT/Gを延々と続け11時35分L/D。

M.WADA 2019/01/07(Mon) 14:22 No.1810
Re: NF-xxx番台#7
皆さん、こんにちは。

1973年10月29日(月曜日)9時30分、厚木R/W-01へ着陸するNF-014/151724.

この日は、CVA-41が日本移駐後、最初に行ったクルーズ後、横須賀帰港に先立ち、CVW-5機達が
厚木へフライ・インして来た日で、この時のNF-014のL/Dは多分厚木初飛来と思われます。
NF-014は着陸後メインテナンスが続き、厚木での初トレーニングフライトは11月5日でした。

尚、当日のトラフィックデータは既にご紹介済みなので省略致します。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:07 No.1811
Re: NF-xxx番台#7
1973年11月22日(木曜日)12時42分、厚木R/W-01に着陸するNF-014.
この日、5機のCVW-5機がフライトを実施。
外来機はPE-1,WTのF-4Jが3機.
Thanksgiving Dayのこの日、厚木エンドに集まったマニアは7人でした。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:09 No.1812
Re: NF-xxx番台#7

1974年1月9日(水曜日)10時45分、厚木R/W-01へ着陸するNF-014.
この日、4機のCVW-5機がフライトを実施。
外来機はRZ-787,QD-684/816.  マニアは6人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:10 No.1813
Re: NF-xxx番台#7
1974年12月26日(木曜日)11時2分、厚木R/W-01へ着陸するNF-014/151719.
この年の9月18日、VAW-112/CVW-2と機体交換を行いVAW-115に配属された機体で、
垂直尾翼に「NE]のT/Cを消した跡が確認できます。

CVW-5機は4機がフライト。
外来機はTD-1,RZ-805,SZ-823,.
マニアは8人。それに加え珍しく海外からのマニアMr BruceTrombeckyさんがエンドに来ていました。

この中途半端な塗装のNF-014は午前午後とT/Gを2回も繰り返す元気振りで、
これも厚木ではよくある嫌な伝統の一つでした。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:13 No.1814
Re: NF-xxx番台#7
↑の翌日。同じように元気に飛び回ったNF-014.R/W-01の降りです。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:14 No.1815
Re: NF-xxx番台#7
1975年1月13日(月曜日)10時32分、厚木R/W-19上で離陸滑走中のNF-014.
この日、11機のCVW-5機がフライト。
外来機はPR-00,UH-1P(USAF),YF-14/16,RG-411,QDのKC-130F.
マニアは5人がエンドに来ていました。

当日の朝、CVA-41が横須賀を出港。
翌日の11時10分から13時40分にかけて14機のCVW-5機がフライ・オフしています。

M.WADA 2019/01/08(Tue) 12:15 No.1816
Re: NF-xxx番台#7
皆さんこんにちは.

本日よりVMCJ-1機のご紹介をスタートいたします。

それに先立ち、VMCJ-1がCVW-5にDET派遣を始めた際のMdxの変遷を以下に書き出して置きます。

Oct.1973〜May.1974 VMCJ-1”Golden Hawks" DET-101,RM-611〜617(EA-6A,7機体制)
          *RM-611は1973年10月22日に事故損失、以後6機体制となる。
           又、1974年からRF-4Bが加わり、
           Mdx RM-600〜610の11機体制となったが、
           1974年7月3日、Cubi Pointの南西57マイルに墜落し10機体制となる。

以上、これ以後のデータは進行中に順次ご紹介していく予定です。

今回、投稿準備の過程で判明したのですが、VMCJ-1は岩国よりCVW-5にDET派遣していた関係で、
厚木在住のCVW-5機と異なり、全機制覇は当然出来て居りません。

その為、今回の機体のご紹介は時系列で行いますので、機番抜け、塗装/Mdxの急変に関してはご容赦下さい。

それでは、最初はVMCJ-1, DET-101のEA-6Aのご紹介からです。

1974年7月27日(土曜日)8時30分から16時30分までの間、ほぼ1日に亘って
基地南側にあったエンジンテスト場で行われていたRM-617のエンテス風景。

このショットを見て、”おっ、之は何処から?”と思った人は、間違いなく「厚木常連マニア」間違いなし!
このショットの撮影場所は厚木マニアでもTop secret否、最困難撮影ポイントと言った方が正しい場所でした。

抑々、この場所の存在を知ったのは
ハッチさんが1967年11月に撮影したPacific Missile Range HawaiiのEC-121Kの
R/W-01上の転がりを撮った作品を見せてもらったことに始まります。

この作品を見せてもらった時の衝撃は強烈で、以後、自分はしつこくその撮影場所を尋ね続け、
あまりのしつこさに音を上げたハッチさんが渋々、自分をその撮影場所に案内してくれたのでした。

そこはGoogle Map で見ると代官2丁目にある「ドクターカーメイト」と「広栄堂」の中間地点にあった杉林。
その中で最も高い1本の杉の木でした。

その下まで来て、ハッチさんが指さして「コレだ、ただこれによじ登って撮っただけ」と
ニヤリと鼻で笑い立ち去っていきましたが、その眼には「撮れるもんなら撮ってみろ!」との思いが透けて見えました。

この作品はCheckertail 2の127ページ、No-245に掲載されていますので、是非、手に取ってご覧になって下さい。

そして、この場所での撮影チャンスが巡ってきたのが、今日ご紹介する本邦初公開のこの映像です。
ハッチさんとは比べ物になりませんが、たった一度だけ登ることが出来た自分にとっては「記念すべき」1枚なのです。

何が比べ物にならないかと言うと、それは、その「高さ」にあります。
実は、このRM-617のショットはハッチさんの登られた高さの約半分程の高さから撮影したものだからなのです。

ハッチさんの作品の注釈にも書かれているように、高さはあるものの、木自体は思ったより太くなく華奢でした。
然も、皆さんご存知のように杉の枯葉は細かくボロボロと落ちてきますし、何より鋭く肌に触れると痛い、
登るにしても、手の届くところは枝打ちしてあり掴まるところがなく必然的に樹を抱きしめて攀じ登っていく訳ですが、
杉の樹皮はささくれ立っているし、グリースのような樹液で着衣はゴミとなってしまいました。

登れば上るほど、首筋、袖口、口耳目鼻、身体のあらゆる開口部に杉の枯葉が降り注ぎ肌と擦れ合い、
全身悶えるような違和感が痛みと共に襲って来ました。

この痛みに耐えていられる限界は、自分が思っていた以上に早く訪れてしまい、この木の樹高の半分でギブアップ。
3回シャッターを切り、ほうほうの体で杉の木を降り、家へ逃げ帰り風呂へザブン。

その後、スギ花粉症が発現、現在に至っています。

ですからハッチさんの撮られた作品の貴重さを誰よりも理解できるのは自分以外には居ないと今でも自負している次第です。

と、言う訳で、1枚の写真でもこれだけのドラマがあったというのを知って頂きたくて、
こんなに長たらしくなってしまいましたが、ご紹介しました。

私事ですが、此処まで書くのが体力の限界でしたので、続きは次回とさせて頂きます。

M.WADA 2019/01/09(Wed) 11:40 No.1817
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -