おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
あゝあの年の10月は - 4

おはようございます。
なんだか毎日が忙しく、中々BBSに手が回りません。
そうしたところ中国からブランドコピー品のスパムが投稿されたため、表示順序が狂ってしまいました。
お許しください。

>FKENさん、Burnettさん
お久しぶりです、投稿はほとんどM.WADAさんが頑張ってくれていたので嬉しいです。
これからも各月々の和田藍と進みますので、よろしくお願いします。

1969年ニッピからよく飛んでいたのがこのVMA-223の隊長機。
10月6日撮影

MACH3 2020/10/18(Sun) 06:52 No.2122 [返信]
Re: あゝあの年の10月は - 4
ニッピから出てきて南側角をタキシング。
1969年10月20日

MACH3 2020/10/18(Sun) 06:53 No.2123
Re: あゝあの年の10月は - 4
BULLDOGの文字を400mmで機首アップ。

MACH3 2020/10/18(Sun) 06:54 No.2124
Re: あゝあの年の10月は - 4
>WADA様
まさかの症状に驚くとともに、お元気になれますことを願っています。

MACH3さんやWADAさんと同じ頃の写真をと、いつものM氏のデーターから引っ張り出そうとしたのですが、スキャンした順にファイルができていてとても探しきれませんでした。

かろうじて見つけたのが1966年10月9日撮影のFDルーズベルト。
同じ月ということでご容赦を。

1枚目はVA-172のCAG機。
いつものM氏撮影

まさやん 2020/10/18(Sun) 11:11 No.2125
Re: あゝあの年の10月は - 4
2枚目はVA-72のエマー。
斜めに傷のように見えるのは、フィルム保護のために塗った液の筆ムラです。

いつものM氏撮影

まさやん 2020/10/18(Sun) 11:13 No.2126
Re: あゝあの年の10月は - 4
3枚目も同じVA-72ですが、こちらは2Lにプリントしてくれたものを複写しました。

いつものM氏撮影

まさやん 2020/10/18(Sun) 11:15 No.2127
Re: あゝあの年の10月は - 4
最後は偶然なんて言うと叱られそうなくらい、ギチギチでフィルムに記録されたVF-32のF-4。
ファインダー内では、間違いなくはみ出していたはずです^^
写真では分かりにくいですが、インテイクベーンに出撃マークの爆弾が描かれていて、航空雑誌でこれを見たときは垂直尾翼のリボンと共にいつかは模型で作りたいと思ったものでした。

いつものM氏撮影

これ以外に洗い場から撮られた、ススキの穂越しのVA-12CAG機がカラーであったはずですが見つかりませんでした。

まさやん 2020/10/18(Sun) 11:16 No.2128
Re: あゝあの年の10月は - 4
みなさん、こんばんわ。

>MACH3さん
M.WADAさんが早く良くなるといいですね。祈るばかりです。

>FKENさん
はじめまして。ET52のパイロットスーツが赤く見えますが錯覚でしょうか?ショルダーパッチかな?

>まさやんさん
いつもブログ拝見しております。『昔探し』の根岸、伊勢佐木、問門飛行場は興味深く読ませてもらいました。
是非とも、追浜、横須賀第二飛行場(横須賀長井飛行場)、相模陸軍飛行場(中津飛行場)や、飛行場はないですが上瀬谷や深谷もお願いしたいです。


本日は2009年10月18日の三沢です。昨日の投稿での八戸「ちょっとした理由」の原因は翌日のコレでした。

Burnett 2020/10/18(Sun) 20:38 No.2129
Re: あゝあの年の10月は - 4
サンダーバーズです。
来日3回目、一般公開2回目の94年に初めてサンダーバーズを見て度肝を抜かれ、今まで見てきた某国のB.Iは「何だったのだろうか?」と、思うほど強烈なアクロバットで、何から何まで斬新でカッコよくほんと最初から最後まで楽しませてくれました。エンターテイナーですね。94年に見たときは「B.Iに毛が生えた程度だろう」と思って撮影に挑んだんですが・・・「全く次元が違う」敗退でした。09年はレンズも新調し前日の八戸で練習して当日に挑みました。結果は???

Burnett 2020/10/18(Sun) 20:52 No.2130
Re: あゝあの年の10月は - 4
ブルーエンジェルスは見たことはないですが厚木のNAVYパイロット曰く「B.Aはもっとスゴイぞ」と・・・
連貼失礼しました。

Burnett 2020/10/18(Sun) 20:56 No.2131
Re: あゝあの年の10月は - 4
>Burnett様
ブログを見てくださっていたことに驚きながらも、昔探しに関心を持っていただけたこと、ありがとうございます。

前回はM氏の画像を貼りましたので、今朝は5年前のオージーAP-3Cを。

2015.10.20

まさやん 2020/10/20(Tue) 08:39 No.2132
Re: あゝあの年の10月は - 4
その2年後に飛来したAP-3C。
間もなく来るというのにエンドに咲くコスモスとP-1をからめる写真を撮っていたので移動が間に合わなかったことや、シャッター速度も1/800のままだったことを思い出しました。

2017.10.12 この日に飛来しました。

まさやん 2020/10/20(Tue) 08:40 No.2133
Re: あゝあの年の10月は - 4
こちらは2016.10.21に撮れた、しらせ搭載のCH-101。
後にも先にもこの機体を見たのは、この時限りです。

まさやん 2020/10/20(Tue) 08:41 No.2134
VU/VC-5機 #7

掟破りですが、ネットからダウロードしたVC-5機です。
ほとんど本土(厚木)では見られなかった機体です。
まず、UE-52 C-1A 136773 ダナンでの撮影

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:47 No.731 [返信]
Re: VU/VC-5機 #7
次はUE-53 136774
ダナンにて撮影

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:48 No.732
Re: VU/VC-5機 #7
次はUE-55 146059?

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:49 No.733
Re: VU/VC-5機 #7
UE-59 146053
尾翼上のチェッカーにテイルコードUEが描かれています。

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:50 No.734
Re: VU/VC-5機 #7
次はSH-3G UE-43 148973
SH-3GでBuNo.が分かっているのは下記の通り(日付は不明)
UE-40 148050/149720/149925
UE-42 151533

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:52 No.735
Re: VU/VC-5機 #7
BQM-34
尾翼はVC-5の塗装です。

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:54 No.736
Re: VU/VC-5機 #7
最後はTBM

MACH3 2019/10/06(Sun) 09:55 No.737
Re: VU/VC-5機 #7
VC-5のペイントショップでは面倒なんでしょうか?ニッピに入るとチェッカーだけペイントされる事が良くありました。
1970年1月10日厚木にて

MACH3 2019/10/07(Mon) 08:38 No.738
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、今日は。

>MACH3さん
VC-5のC-1AはHamanoさんが伊丹で撮られたC-1Aだけかと思っていたら
ダナンであんなに多くのC-1Aが運用されていたとは全く知りませんでした。

垂直尾翼上端のチェッカー模様の中に「UE」と書かれていたのも初見です。
又、UEのTBM-R Avengerの映像も初見です。「UE」は奥が深い部隊ですね。MACH3さんに感謝です。

残りの旧塗装US-2Cを2枚。
憲法記念日で国民の祝日の1971年5月3日(月曜日)、厚木R/W-01へ着陸するUE-21/133385.

M.WADA 2019/10/07(Mon) 11:55 No.739
Re: VU/VC-5機 #7
↑の送りショット。
この日の外来機はQD-791,19にR/Wチェンジ後、C-123B/RTAFが横田からGCAトレーニングで2回T/Gを実施。
そして旧塗装のUE/A-4Eが19から編隊離陸しています。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 11:56 No.740
Re: VU/VC-5機 #7
ところで、自分が最後に厚木でDP-2Eを撮ったのは1974年11月23日。
霧雨に煙る北風が吹く悪天候下での撮影でした。

UE-30番は11月7日ニッピ入りし、マニアの間ではDP-2E退役の話が出始めており、
常連はDP-2E狙いで連日厚木に詰め掛けていました。

但し、実際にDP-2Eが退役したのはこの日から2年も経った1976年でしたが
マニアの感は大したもので、以後DP-2Eの姿を厚木で見ることはありませんでした。

写真は現在の「中央5丁目公園」辺りから撮影したものですが、下に写る木立はニッピ山です。
見ての通り、今まで見た中で最も高い離陸。然も、脚を閉じず終。、まるで着陸のような格好でガックリ。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 11:58 No.741
Re: VU/VC-5機 #7
セカンドショット。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 12:00 No.742
Re: VU/VC-5機 #7
此処でやっと前脚引き上げ開始。遅過ぎました。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 12:01 No.743
Re: VU/VC-5機 #7
半年経ってもDP-2Eは厚木に飛来せず、風の便りに未だ嘉手納で飛んでいるとの噂を頼りに
何とか旅費を捻出し1975年6月6日(金曜日)梅雨真っ最中の嘉手納へと向かいました。

午後3時過ぎに那覇へ到着。レンタカーを借りて嘉手納の安宿には向かわず
直接嘉手納のR/W-23Rエンドへと車を飛ばしました。

エンド到着後路肩に車を止め、降車後基地内を覗いていると背後から微かなプロペラ音。
ふと振り向くと、両翼にファイヤビーを吊るしたDP-2Eが迫っていました。

慌ててカメラを組み立てようとして停車状況を斟酌。
R/Wに近すぎると判断、105mmのレンズを選択して撮影に臨みました。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 12:02 No.744
Re: VU/VC-5機 #7
画面からはみ出さないよう、細心の注意を払いフレーミング。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 12:04 No.745
Re: VU/VC-5機 #7
送りショットでよくしくじる「尻切れ」にならずセーフ。
L/D後、DP-2Eは自分が帰京する6月11日まで飛行しなかったので
このショットが自分が撮ったDP-2Eの最後の姿となりました。

因みに自分と入れ替わりに6月8日15時18分よりMACH3さんが嘉手納に到着し撮影を始めていますが
DP-2Eの動向はどのようなものだったんでしょうか?

1957年から1976年の19年間VU/VC-5で運用されたDP-2Eなのに
ファイヤビーを付けた姿を撮れたのは、この曇天下の一度だけとチャンスには恵まれませんでした。

M.WADA 2019/10/07(Mon) 12:06 No.746
Re: VU/VC-5機 #7
1958年以前に伊丹で撮影されたと思われるP2V−5FD(DP−2E)。
Bu.NOを拡大してみましたが、12万台の後がはっきりしません。下二桁は45に見えなくもありませんが、果たして如何なものでしょう。
いずれにしても5型の形状を残しているFD(DP)の写真は珍しいと思います。

Akatsuka 2019/10/08(Tue) 18:58 No.747
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、今日は。

7日投稿の後、義理の母が体調を崩し入院となり、続けての投稿が不可能となりました。
今日も午後から担当医師の病状報告を聞くため病院に出向きます。

看病の合間に処理の終えたDP-2Eの写真をアップして置きます。

最初の写真は1971年7月31日(土曜日)の夕方、厚木R/W-19へ着陸するノーマークのDP-2E/128342です。
この機体は元UE-00/30だった機体で、この後、再びUE-30となりました。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:14 No.748
Re: VU/VC-5機 #7
↑の送りショット。
当日の外来機はC-124Cx2機、8TFW(UP)のF-4D,374TAW/345TAS(DE)のC-130E,NF-313/602,YV-00.
この128342は8月3日にT/O.
又、別の128352(UE-31)が8月1日にL/D,6日にT/Oしています。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:16 No.749
Re: VU/VC-5機 #7
1973年10月29日(月曜日)14時39分、ニッピからテストフライトに飛び立った128352は
15時丁度、厚木R/W-01に着陸して来ました。
この機体もT/Cは書かれていませんでしたが、辛うじてVC-5とMdxが記入されていました。

この日以降、128352の姿は厚木に無かったので、夜間にかけて離陸したと思われます。
当日の外来機はYF-19,QD-688,RM-18,TD-1,PE-4,RG-1/2/3が38機のCVW-5機フライ・イン中に降りました。
マニアは17人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:18 No.750
Re: VU/VC-5機 #7
1973年4月18日(水曜日)厚木R/W-19離陸に向けお墓前の誘導路をタキシーするUE-32/128348.
UE-32は前日の日没後(18:00pm)L/Dして来たのをパンダさん一人が確認しています。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:20 No.751
Re: VU/VC-5機 #7
↑の送りショット。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:22 No.752
Re: VU/VC-5機 #7
先に出てきたSZ-823と2機並んで並んで離陸待ちしているショットです。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:23 No.753
Re: VU/VC-5機 #7
そして後方から尻切れDP-2E(RP-2E?)の特徴的な尾部と背面のレドームを狙ってみました。
当日の外来機はQD-890,SZ-823,PR-44(RA-3B),PC-11,SA-6,WA-04/06.
マニアは4人がエンドに来ていました。

今こうして、DP-2Eを扱っていると、DP-2Eの厚木飛来が如何に少なかったかが実感でき、
”待ち”主体の撮影スタイルだった自分には手強い部類の機体、それがDP-2Eでした。

M.WADA 2019/10/10(Thu) 11:25 No.754
Re: VU/VC-5機 #7
日本の60年代海軍機マニアが撮影したVU5/VC5の中で最もレアな機体はこのVU−5のAD−5T(UA−1E)を置いてほかにないでしょう。
理由は1962年8月29日このスカイレイダーが厚木へ降りた日に遭遇した人はTSPCのK.Narisawaさんお一人だけだったからです。

Akatsuka 2019/10/12(Sat) 14:24 No.755
Re: VU/VC-5機 #7
当日は3機のAD−5T(UE22/23/24)が降りています。

Akatsuka 2019/10/12(Sat) 14:29 No.756
Re: VU/VC-5機 #7
UE22送りのショット。

Akatsuka 2019/10/12(Sat) 14:30 No.757
Re: VU/VC-5機 #7
そしてUE24。
じつは私もAD−5Tを目撃しています。
初めて厚木に行った1962年8月16日、P2V−5FDとともにノーマークのAD−5Tが離陸しましたが降りてはきませんでした。
1962年は、VU−5のFJ−3DフューリーとF9F−5KDパンサーが厚木へ飛来した最後の年で、いずれも8月〜9月に何人かのマニアが出会っています。ただAD−5Tはこのとき飛来した1度だけでNarisawaさんは見事幸運を引き寄せました。

Akatsuka 2019/10/12(Sat) 14:47 No.758
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、今日は。

冷たい北風と小雨が降るR/W-01へC-130が降りて行きましたが
こちらのBBSではUEのAD-5T(UA-1E)、R/W-19の降りをAkatsukaさんがアップされ、俄然ヒートアップ。

TSPCのK.Narisawaさんが晴天の厚木で独占撮影と分かり強運に嫉妬。

然し、1962年8月29日と言えば当方10歳、小学校の4年生です!
並べて考えるのが間違え、恐れ入りましたK.Narisawa様、作品公開、ありがとうございました。

自分の現役時代、既にUEのスカイレーダーはとっくに退役していてメインはUS-2Cでした。
それも旧塗装ではなくガルグレイとなってからの時代のものが殆んどでした。

依って、今回から暫く新塗装(ガルグレー塗装)のUS-2Cの姿をBuNo順にアップ致します。

先ず最初は、1973年4月6日(金曜日)、日飛から出てテストフライトを終えR/W-19にL/DするUE-22/133347.
注目は操縦桿を握るパイロット。よくよく見ると女性のようです。

このL/D,着陸姿勢は安定していて高度は低めをキープして素晴らしいL/Dでした。

今でこそ、女性のパイロットや管制官はは珍しくありませんが当時はまだまだ珍しく、
へ〜、アメリカでは男女同権がこんなに進んでいるんだと感服したのを覚えています。

この日の外来機はPC-1,PD-1/10,RD-11,NAS AGANAのC-121J/131569. マニア13人がエンドに来ていました。
又、前日の5日に小笠原沖をCVA-61 USS RANGERが通過しましたが、厚木には後日NEのEKA-3Bが降りただけでした。

M.WADA 2019/10/14(Mon) 15:30 No.759
Re: VU/VC-5機 #7
1974年8月30日(金曜日)11時23分、厚木R/W-01を離陸するUE-22.

早朝ハンガーから引き出され長時間の整備を受けてやっと離陸した時には昼近くのトップライト。
離陸はまあまあの低さで若干こちらに捻ってくれたのに時間帯が悪くツイていませんでした。

M.WADA 2019/10/14(Mon) 15:33 No.760
Re: VU/VC-5機 #7
↑のセカンドショット。
この日はRM-604,CF-6,NASU IWAKUNIのUS-2,YW-17/18が撮れましたが、早朝、横須賀に帰港したCVA-41からは
NF-005が1機L/D(7:15am)しただけの寂しいフライ・インでした。

M.WADA 2019/10/14(Mon) 15:36 No.761
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、今日は。

昨日の朝、駅を降りるとP-8が上がって来ました。
自分の現役時代にはVPのオライオンは逃さず撮るように心がけて居りましたが
今でも、何方か撮られているのかと思いながら機影を見上げました。

今日もガルグレーのUS-2Cを続けます。

1974年8月3日(土曜日)ニッピからテストフライトに上がりR/W-19でT/Gを行うUE-20/133351.

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:32 No.762
Re: VU/VC-5機 #7
送りのシーンで後方に海上保安庁のYS-11A/JA-8701が写り込みました。

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:34 No.763
Re: VU/VC-5機 #7
↑の続きで2回目のT/Gを行うUE-20。

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:36 No.764
Re: VU/VC-5機 #7
そしてファイナルランディング。
この時のL/Dは自分が見たUS-2CのL/Dで最も低いものでした。

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:40 No.765
Re: VU/VC-5機 #7
真横ではいつもは見られない後方の燃料貯蔵タンクが隠れるほどの低さで着陸進入して来て
感覚的にはパニック寸前の興奮状態での撮影でした。

こういう感覚は長年この場所でで撮っていない者以外では理解できない感覚で説明が難しいですし、
作品からも、そういうイメージはまるで感じられないので尚更もどかしいのです。

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:43 No.766
Re: VU/VC-5機 #7
艦載の戦闘機が行うような白煙を上げながらのタッチダウンを見せてくれたUE-20.

この日はVF-92のF-4J/NG-201,RG-300/401/404,大村のUF-2(9053)等が撮れました。
そしてノーマークのA-4E(WL)がフライパス。 マニアは7人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/10/16(Wed) 10:45 No.767
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、今日は。

時折、霧雨が降るR/W-01に聞き慣れたYS-11の音がしたので歩きながら確認すると
空自のフライトチェックがローアプローチを繰り返していました。

そう言えば、あんなに飛んでいたフライトチェックのYS-11を富士山バックで
撮っていないことに気づきました。
未だ間に合うので、何方か挑戦するマニアの方が居れば良いのですが、どうでしょうか?

1975年2月20日と21日の2日間に亘って降った雪が残る厚木から
2月22日(土曜日)R/W-01を7時55分に離陸するUE-20/133351.

通常、US-2Cの離陸はこの位の高さで離陸する為、写真になり難いのですが
残雪によるレフ効果で翼下が照らし出され、この時は高い離陸がプラスに働きました。
UE-20番は1時間後、再び戻っています。

M.WADA 2019/10/17(Thu) 12:05 No.768
Re: VU/VC-5機 #7
↑の続きショット。
NF以外で撮れた機体はNASU IWAKUNIのUS-2A/136510,QD-687/688。 マニアは10人がエンドに来ていました。
又、元海自のR4D-6(9022)/N-62427が厚木から福岡経由で台北へ飛び立っています。

M.WADA 2019/10/17(Thu) 12:08 No.769
Re: VU/VC-5機 #7
1975年2月25日(火曜日)10時30分、離陸の為R/W-19に載るUE-20/133351.

R/W脇には4日前に降った雪がまだ残っている事でお分かりのように気温はかなり低く
撮影しているニッピ山は午前中の日射が遅く、白金カイロを2個をM-65フィールドジャケットのポケットに入れ
両手を温めるのですが、それでも手の感覚は麻痺して思うようにシャッターが押せませんでしたし、
シャッターが低温で切れなかったりシャッタームラが出たりと大変でした。

M.WADA 2019/10/17(Thu) 12:10 No.770
Re: VU/VC-5機 #7
やっと光が回った位置ではキャノピーがエンジンナセルで隠れてしまうのがニッピ山の欠点でした。

M.WADA 2019/10/17(Thu) 12:15 No.771
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、こんにちは。

1972年11月1日(水曜日)厚木R/W-19へ着陸するVC-5 DET-CUBI POINT のUS-2C/133383,UE-25。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:46 No.772
Re: VU/VC-5機 #7
↑の続きショット。パイロット名はLTJG LARRY LANSENと読めました。

この日はQAのP-3,SZ-273,RVのC-118B/131615,LE のP-3B/153448(11月3日にT/O)が撮れ、
マニアは3人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:49 No.773
Re: VU/VC-5機 #7
1974年4月29日(月曜日)R/W-19離陸に向けお墓前の誘導路をタキシングするUE-25.
この時にはDET-CUBI POINTの文字が消えていました。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:53 No.774
Re: VU/VC-5機 #7
↑の続きで真横のショット。離陸時間は13時13分でした。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:56 No.775
Re: VU/VC-5機 #7
↑と同じ日で北風に変わってR/W-01からL/DするUE-25.

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:58 No.776
Re: VU/VC-5機 #7
この日はPR-00,NAHAのUS-2A/136406,NASU IWAKUNIのUS-2B/133179,新塗装のSG-6/158216,RZ-787.

そしてNFのRF-8G(NF-601/604)が厚木から最後の離陸をして本国に帰っていますが
離陸直後にR/Wチェンジし19になったのですが、
もしも、NFのクルセイダーの離陸前だったら、アノ低い豪快な上りは撮れなかった訳で
ぎりぎりのタイミングでしたが撮れて良かったと胸を撫でおろしたR/Wチェンジでした。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 11:59 No.777
Re: VU/VC-5機 #7
1975年5月28日(水曜日)10時25分、厚木R/W-01を離陸するUE-25.
同機は13時35分L/D.16時25分に厚木を去っています。

当日は10時3分から15時30分にかけて26機のCVW-5機がフライ・イン。
外来機はUE-01/02/20,RG-406,SA-01/02,RC-11,YB-4,RG-00.
マニアは42人がエンドに来ていました。

M.WADA 2019/10/18(Fri) 12:01 No.778
Re: VU/VC-5機 #7
皆さん、こんにちは。

1973年3月22日(木曜日)、厚木R/W-19へ着陸するVC-5 DET-CUBI POINT のUS-2C/133385,UE-27.
パイロットネームはENS ANDY JOHNSONと読めました。

この日はマニア21人と共にRZ-805,RP-31,WL-4/19,SZ-838が撮れました。

又、UE-27の動向としては3月20に日飛の整備工場から出て23日エンジンテスト。
24日にはニッピの駐機場から西側NAVY AMD ラインへ移動し25日にT/Oしています。

又、22日のテストフライトの日にはUE-30(DP-2E)もT/Oする筈でしたがエンジン不調で離陸を断念。
23日にテストフライトに臨み成功はしたものの、完璧ではなかったようで再びハンガーに入れられ整備後、
日没前に何とか厚木を飛び立って行きました。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 11:59 No.779
Re: VU/VC-5機 #7
1975年9月22日(月曜日)9時25分、厚木R/W-19へ着陸するUE-21/133385.
Mdxが27から21番に変わっています。

このUE-21はG-3から茅ケ崎でキャンセルIFRしVFRで左手に相模川を見下ろしながら一路
厚木を目指して北上、右手前方に厚木を捉え右旋回しながらショートカットでファイナルアプローチして来た為、
ニッピ山で撮影していても、こんなに大きく腹が見える”逆捻り”を食らってしまいました。

これが若しも大島から北上しレフトターンのL/Dパターンだったら状況は逆転し背面が丸見えになる
シーンが生まれたかもしれないと思うと残念でなりませんでした。

何といっても晴天の午前中にニッピ山でUEのUS-2Cが撮れる確率は非常に低いので尚更でした。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 12:01 No.780
Re: VU/VC-5機 #7
この頃にはモータードライブを手に入れ連写が可能になりましたが
フィルムと現像代も当然一気に高額になり、連写したい気持ちと経費の板挟みで増々生活は苦しくなっていきました。

逆捻りの降りとなってしまいましたが、此処はトリガーボタンを押し続けるしかありません。
後方に海自のネプチューンが写り込みラッキーポイント獲得。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 12:03 No.781
Re: VU/VC-5機 #7
タッチダウンは実現しませんでしたが白線上でよりお腹が白く浮き出て美人顔のUS-2Cとなりました。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 12:05 No.782
Re: VU/VC-5機 #7
1976年3月4日(木曜日)13時11分、厚木R/W-19を離陸するUE-21.
UE-21番は前日の3日にL/Dしていました。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 12:15 No.784
Re: VU/VC-5機 #7
この日はCVW-5機20機がフライトを実施。
RP-31,QD-688,RG-353,そして海自111FSのKV-107UA-3/8606と8609をマニア7人と共に撮りました。

さて、此処で自分の撮ったUS-2Cのご紹介は終え、次回からMACH3さん同様A-4に移ります。

大好きなF-8に関してはご紹介できるようなショットが少なく、
こちらはAkatsukaさん、Migさん、Sabuさん、Hamanoさん、ダブルタンゴさんなど、
先輩方にお任せしたいと思います。

M.WADA 2019/10/19(Sat) 12:16 No.785
あゝあの年の10月は - 3

1977年10月10日の朝6時過ぎからCVW-9のFly-inが始まりました。
Fly-inは分かっていたので、前日我家に何名か泊まり込み酒会で盛り上がり、皆さん二日酔いのまま早朝南側へ車で移動しました。
天候は曇りで滑走路への侵入は全てGCAでした。
その中にVAW-126のE-2Cが降りてきたのがラッキーでした。

MACH3 2020/10/08(Thu) 10:56 No.2079 [返信]
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんばんは。

>MACH3さん
1977年10月10日(月曜日)は6時27分から8時29分にかけて14機のCVW-9機と空母就きCOD機のC-1Aが
気温17℃、霧と靄で視程が4000mと撮影には最悪のコンディションの中でのフライ・インを
熱心な常連マニア8人とエンドで撮りましたね。

空母コンステレーションは11時30分に横須賀へ入港。

NG-602は10月18日と20日に訓練飛行を実施しましたがいずれも曇り空。
25日のフライ・オフは辛うじて晴れましたが、高い上がりで満足のいく結果は得られませんでした。

アップした写真は10月18日(月曜日)14時30分、、訓練飛行から厚木R/W-01に戻って来たNG-602です。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:00 No.2080
Re: あゝあの年の10月は - 3
本日の「日付ネタ」は1978年10月8日(日曜日)、三沢基地の公開に展示された機体を3枚。

このNF-521は当日の朝8時15分にL/D.

展示終了後16時27分T/Oし、ハイスピードでR/W上をローパスし厚木へと帰って行きましたが
自分は空自機の撮影に気を取られアプローチしてきたNF-521を撮り逃がしてしまいました。

因みに152619は1992年1月31日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:03 No.2081
Re: あゝあの年の10月は - 3
もう1機のCVW-5機はA-7EでVA-93のCO機(CDR SCOTTY VAUGHT)で後方に棚引く色付き雲は
F-86F ブルーインパルスが出したスモークです。

此のA-7E/160544は1990年4月23日AMARC入り後、ROYAL THAI NAVY(#1405)に移籍し運用後、
2016年2月、タイのSATTAHIPにあるCHUMPHON NAVAL RATING SCHOOLに展示されています。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:04 No.2082
Re: あゝあの年の10月は - 3
海兵隊からはVMA-311のA-4Mが展示されましたが、胴体下にAGM-62”WALLEYE"の訓練弾が懸架されていました。
又、159473はAMARCに入ったのち、アルゼンチン海軍に移籍し運用されました。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:06 No.2083
Re: あゝあの年の10月は - 3
此方は1985年10月8日(火曜日)厚木R/W-19を離陸し岩国へ帰るVMFA-312のF-4S/154782,DR-01.

”CHECK-61"は午前中、DR-05と共にローカルフライトを実施後のT/Oでした。
此の日撮れた航空機はUE-02/06/07/15,RU-120,QD-804,COMPACFLTのVP-3A/149675.

因みに154782は1986年10月22日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:08 No.2084
Re: あゝあの年の10月は - 3
本日最後の「日付ネタ」はアメリカ人のマニアG.R.MARKGRAFさんが1977年10月8日にNAS MIRAMARで撮影したNL-200.

此の時のCVW-15のCAGは CDR BERT TERRYでしたが、残念なことにVF-191と194は翌78年3月1日に解散しています。
又、153800はF-4Sに改造され運用後、1987年1月30日、AMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/08(Thu) 16:09 No.2085
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんばんは。

本日ご紹介の「日付ネタ」は1974年10月9日(水曜日)撮影のショットが3枚。

最初はVQ-1のEP-3E/150498,PR-35からです。
6時30分、電源供給車が張り付きパワーオン。7時19分、クルー搭乗開始。同53分、エンジンスタート。
ここから1時間近くかけて準備が続き、離陸したのは8時47分でした。

アップした写真はDW誘導路からR/W-19に入った瞬間をニッピ山から捉えたショットです。
因みに150498は1996年6月にNAS ALAMEDAに於いてスクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2020/10/09(Fri) 15:58 No.2086
Re: あゝあの年の10月は - 3
次は10時16分、同じく厚木R/W-19に載り離陸していくVF-161のF-4N/151015,NF-110.
151015は1985年9月にネバダ州のINDIAN SPRINGS RANGEで標的機として使用されました。

M.WADA 2020/10/09(Fri) 16:01 No.2087
Re: あゝあの年の10月は - 3
此の日、10月9日はCVW-5機のフライ・インが有った日で、10時30分から16時26分にかけて18機がL/D.
NF-500は11時40分、厚木R/W-19へフライ・インして来ました。

マニアは13人がCVW-5機を撮影。、この155704はRIMPAC'96で護衛艦に”撃墜”されています。

M.WADA 2020/10/09(Fri) 16:05 No.2088
Re: あゝあの年の10月は - 3
「日付ネタ」ではありませんが10月にアメリカ本国で撮影されたバイセンC-1Aを2枚。

1枚目はアメリカ人のマニアJAMES LESLIE JRさんがフロリダ州 NAS PENSACOLAで撮影した
練習空母CVT-16 USS LEXINGTON就きC-1A/136780,#780"BLUE GHOST".

撮影した1976年はアメリカ建国200周年に当たり、それに因んで機体にバイセン塗装が施され
空母レキシントンのニックネーム"BLUE GHOST"の文字とマスコットが大小ふたつ機体に描かれていました。

M.WADA 2020/10/09(Fri) 16:07 No.2089
Re: あゝあの年の10月は - 3
2枚目は、どういう経緯か分かりませんがVX-5"VAMPIRES"がCOD 機としてCVN-65 USS ENTERPRISEで
使用されていたC-1A/136782を希求し”買い上げ”、同部隊のバイセン機として仕立てました。

それ程までして手に入れ同隊によって生み出された"VAMPIRE AIR LINES"は米海軍全飛行隊から選ばれた
23機のバイセン機によるコンテストで見事”優勝”の栄誉に輝き、部隊の名を轟かせました。

ところが、戦闘機や攻撃機と違い地味な機体のC-1故、バイセンNo-1機としての知名度は今ひとつで、
今回、皆さんに改めてこの機体のデザイン・センスを再認識して頂きたく投稿致した次第です。

撮影場所はMcCLELLAN AFB(ネイティブの発音は”マクラーレン”と聞こえました)、撮影者はアメリカ人の航空機写真家 PETER.J.MANCUSさん。

M.WADA 2020/10/09(Fri) 16:09 No.2090
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんばんは。

今朝、不覚にも寝坊してしまい、こんな時間での投稿となってしまいました。

今回は自分の「日付ネタ」は後回しにして、伊丹の”御大マニア”HAMANOさんの作品をご紹介致します。

最初は1970年10月9日(金曜日)、厚木を飛び立ったVQ-1(6機)とVAQ-132の混成チームが厚木上空を
A-3の7機編隊で北から南に向かってフライパスを行ったショットです。

どのような目的で、このような大編隊で飛行したのかいまだに良く分かっていません。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:25 No.2091
Re: あゝあの年の10月は - 3
次は1976年10月5日(火曜日)岩国から厚木へ向かう途中でミッション・トラブルに見舞われ
急遽、伊丹へ立ち寄ったHMH-462 "HEAVY HUALERS"の3機のCH-53Dシースタリオンはオーバーナイトとなりました。

翌日、HAMANOさんは各所からシースタリオンを撮影し、素晴らしい作品を残されました。

最初は一見すると、彼らのホームベース普天間で撮影してようなショットですが、
右端にYS-11が写っており伊丹と判ります。

因みにCH-53D/MSN-65250,157150,YF-15は2012年10月10日に用廃後、
イスラエルのAIR & SPACE FORCEに買い取られスペアーとして使用されTEL NOF ABに保管中です。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:26 No.2092
Re: あゝあの年の10月は - 3
この写真を最初に見た時はグッときました。”素晴らしい”です。
カラーでななく「モノクロ」というのも作品に”深み”を与え2人のクルーの革ジャンと佇まいが見飽きません。

YF-18こと、CH-53D/157134は2004年4月29日にAMARC入り。2010年2月10日、USMCに復帰し
ハワイのHMH-463(YH)で胴体のみ訓練用に活用、保存されています。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:31 No.2093
Re: あゝあの年の10月は - 3
此方の点検ハッチ全開のショットにもビックリ仰天。このYF-3が故障した「張本人」かもしれませんね。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:32 No.2094
Re: あゝあの年の10月は - 3
こんなところに目が行くHAMANOさんは、矢張り只者ではない!
とても珍しい”DUAL VISOR HELMET SPH-3には”ROBBUIE"と”APP"のニックネーム入り。恐れ入りました〜。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:33 No.2095
Re: あゝあの年の10月は - 3
その後、HAMANOさんは、どこぞやの高所へ素早く移動し3機のタキシングをゲット!

HAMANOさん、とても貴重なショットを見せて頂き、ありがとうございました!!

因みに3機のYFは17時過ぎ、厚木R/W-19へ無事到着しました。

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:35 No.2096
Re: あゝあの年の10月は - 3
最後は自分の「日付ネタ」を一枚。昨日アップしたのと同じNF-110の離陸ショットです。
パイロットネームはLT JOE LUKEY.

M.WADA 2020/10/10(Sat) 21:37 No.2097
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆様、こんばんは
本日の日付ネタは1997年10月10日、RWY19降りのCT-39Gです。
ETのハリアーも降りてホクホクの秋晴れの一日でした☆
この160054は普天間から去った後も、実に2010年代も本国で飛び続けたようですね、スゴイ。。。

FKEN 2020/10/10(Sat) 23:32 No.2098
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんにちは。

FKENさんがアップされたMWHS-1のCT-39G/160054は
1975年4月21日にAMERICAN ROCKWELL社の社有機(N-65796)から始まり、
2013年5月に国立海軍航空ミュージアムに輸送されるまでの38年間運用された息の長い機体でした。

T/C,部隊/基地名等書かれてはいませんでしたが、全身ホワイトで機体中央にUSMCのインシグニアを結ぶ
赤と黄色のラインが美しい「写真映え」する機体でした。

本日の「日付ネタ」は「伝説の1970年10月10日のNGフィーバー・デー」の翌日、
10月11日に再び公開された厚木で撮影したVRC-50のCT-39E/157352,RG-100です。

ところが前日と打って変わって冷たい雨が降りしきる中での公開。
しかもCVW-9機の姿は全くなく、雨を押して駆けつけたマニア達をガッカリさせました。

写真のRG-100も、雨があまりに激しく、ハンガー内へトーイングする最中のショットです。
右後方に小さく映るのはCAMPZAMAのU-21A/18096でポツンと1機、雨に打たれていました。

因みに、この157352は1975年12月21日、カリフォルニア州、UKIAH近郊で墜落事故を起こし
クルー2名が死亡し機体は失われてしまいました。

M.WADA 2020/10/11(Sun) 14:55 No.2099
Re: あゝあの年の10月は - 3
1976年10月11日(月曜日)11時、厚木R/W-01へL/DするNF-510.
胴体下に見慣れない誘導装置のような吊るし物が懸架されていました。

此の日はCVW-5機7機とRG-381/424/425,RZ-787,SZ-801,WB-6をマニア14人と撮影。
因みに155717はA-6Eに改造され運用後の1994年8月2日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/11(Sun) 15:07 No.2100
Re: あゝあの年の10月は - 3
本日最後の「日付ネタ」はアメリカ人のマニア JOHN I. WHITEHEADさんが1975年10月11日に開催された
NAS ALAMEDAの公開で撮影したHS-85のSH-3A/148998,NW-511.

写真、右端に写るのはNAS ALAMEDA所属のT-28C/140653です。
又、機首上部インテーク全面のパネルにカナダ国防軍のマークが描かれています。

148998はSH-3Hに改造されましたが、以後の消息が不明です。

M.WADA 2020/10/11(Sun) 15:09 No.2101
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんにちは。

今日は「日付ネタ投稿遅れ分」から一枚。

1973年10月10日(水曜日)午後、、ニッピからテストフライトに上がったWL-14は
R/W-01に戻りローアプローチを二度ほど行った後L/D.
パイロットネームはLT SPEED McLEAN,PCはCPL L.E.THUJILLO.

此の日撮れた航空機はNP-315/410,RG-1,RZ-574,TF-12,UE-02/04,CF-01/17,WL-5,QD-688.
そして空軍のC-118A/53-3305.マニアは32人がエンドに来ていました。

因みに149989は1979年8月26日に用廃となっています。

M.WADA 2020/10/12(Mon) 10:00 No.2102
Re: あゝあの年の10月は - 3
此方は本日の「日付ネタ」,1984年10月12日(金曜日)厚木R/W-01離陸に向け南の角をタキシングする”RAVEN-306".
誘導路周辺のススキの穂が秋の夕日を受け白く輝いていました。

此の日撮れた航空機はYZ-53/63/65,RG-381とCVW-5機が13機でした。

又、159999は後にHELLENIC AFへ移籍となりましたがC/Nは159999とUSNと同じものを使用し、
最後はギリシャのARAXOS ABで廃棄処分されています。

M.WADA 2020/10/12(Mon) 10:01 No.2103
Re: あゝあの年の10月は - 3
1978年10月にジョージア州NAS ATLANTAで
アメリカ人のマニアRON McNEILさんが撮影したVA-205"GREEN FALCONS"のA-7B/154481,AF-507.

パイロットネームはLCDR TONY MARTIN. 154481は1984年6月6日にMASDC入りしています。

M.WADA 2020/10/12(Mon) 10:03 No.2104
Re: あゝあの年の10月は - 3
みなさん、大変ご無沙汰しております。
ポジからスキャンするのが面倒で、ず〜〜っと拝見だげしておりました。
そんな性分なんでカメラも年に数回使用するだけになり、そしてコロナ渦へと・・・

>M.WADAさん
大変なことに遭われましたね。私も以前『ウィルス感染しました』と画面フラッシュに。そしてアラームが鳴り響き『検出します』とメッセージが。何かがおかしい?と思い直ぐに電源を切り事なきを得ました。ほんとろくなことをしない連中です。

前述通り面倒くさがり屋なんで21世紀のここ最近のもを。
2015年の今日、横須賀にて初の一般公開したCVN-76艦上のF/A-18です。
RR76 シリアル不明

Burnett 2020/10/12(Mon) 16:27 No.2105
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
Burnettさんも「サポート詐欺」に引っ掛かりそうになったんですね。

自分らの世代は「人を敬う」教育は受けましたが「人を疑う」教育は受けていませんから
他人を疑ってかかる能力に欠けている面があるので、現代の若い世代と違う「前人類」なので
心して事に当たらねばと、気を引き締めて生活を送って居りますが”疲れます”ね〜。

21世紀の空母上にはシリアル不明のホーネットが載って居るんですね。
このF/A-18は厚木でいくら待っていても撮ることは不可能な機体なのでその点では”珍機”と言えますね。


本日の「日付ネタ」は1968年10月13日(日曜日)雨の厚木R/W-01へCVW-14機が11時7分から13時50分にかけて
29機フライ・イン。

雨の最中にこれだけ多くの艦載機のデータを一人で確認するのは至難の業で、
此の時ばかりは担当を決め、MACH3さんはA-7(VA-27)とE-2,K.TANABEさんはRA-5とA-7(VA-97)、
そして自分はF-4とA-3,その他のトラフィックを其々担当しトラフィックの全体像を掴む事に成功しました。

今回ご紹介致しましたNK-501は最初から数えて12機目に着陸して来た機体でVA-97のCO機。
パイロットネームはCDR RICHARD P. VAILLANCOURTと言う珍しい名前のCOでした。

又,此の日は空自 入間基地で航空祭が開催されていましたが,厚木とダブってしまい行かれませんでした。

M.WADA 2020/10/13(Tue) 14:09 No.2106
Re: あゝあの年の10月は - 3
1984年10月13日(土曜日)13時59分、厚木R/W-01へ着陸するVRC-50のUS-3A/157994, RG-715.
RG-715は16時28分「CDR」を乗せフィリピンのNAS CUBI POINT へ向け離陸しています。

此の日撮れた航空機はVP-3A,TH-57,JA-5,QD-800,SFのP-3C。マニアは15人がエンドに来ていました。
因みに157994は1995年8月10日にAMARC入り後、2003年1月8日に用廃。

M.WADA 2020/10/13(Tue) 14:11 No.2107
Re: あゝあの年の10月は - 3
1979年10月13日、カリフォルニア州、MCAS EL TOROでアメリカ人のマニアPHILLIP HUSTONさんが撮影したRF-23.
此のグリーンの尾翼のマーキングは赤い尾翼の時と同様に短期間で終わった為、貴重なショットと言えます。

M.WADA 2020/10/13(Tue) 14:13 No.2108
Re: あゝあの年の10月は - 3
此方は1978年10月にアメリカ人のマニアJOHN A.SHEETSさんがNAS ALAMEDAで撮影したVA-303/CVWR-30のCAG機。
CAG 名はCDR RILEY XIXDUM。

M.WADA 2020/10/13(Tue) 14:15 No.2109
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」は1974年10月14日(月曜日)14時38分,厚木R/W-01へ着陸するVQ-1のEP-3E/150501,PR-36.
此の時がPR-36番機がVQ-1のスペシャルマーキングを施し厚木へ飛来した最初でした。

因みに,VQ-1オライオンのスペシャルマーキング機が最初に厚木に姿を現したのは
9月30日(月曜日)12時に厚木R/W-01へ着陸して来たPR-32で,撮影者はGENちゃんと地元マニアの二人でした。

又、PR-32が降りる4日前の9月26日(木曜日)曇りから雨に変わった厚木R/W-01へ着陸したのが
空母レインジャー搭載、CVW-2(NE)傘下,VQ-1DET-61のEA-3B/146450,PR-701,スペシャルマーキング機でした。

此のスぺマPR-701は翌27日(金曜日)CVW-5機のフライ・オフ最中に離陸していきましたが
26、27日共に生憎の雨模様でPR-701を撮影できたマニアは居なかったのではと思います。

可能性があるとすれば、「自家用車」を持っていたGENちゃん位でしょう。

スペシャルマーキングとなってから、毎朝の日課となっていたVQ-1機の離陸を撮りに行く時間もより早くなり、
日の出前から待機するのが常態化しましたが、スぺマ以降、何故かEA-3,EP-3共押し並べて離陸時間が早まり、
離陸高度もかなり高めに移行、止めは厚木帰着時間の日没後が増え、マニア泣かせのスぺマ機だったのです。

150501は1993年10月,ALAMEDAのNADEPで装備を全て外された後,EP-3E ARIES III PROGRAM機へと変換されました。

M.WADA 2020/10/14(Wed) 11:25 No.2110
Re: あゝあの年の10月は - 3
↑と同じ日の8時丁度、厚木西側ヘリパッドから離陸しR/Wを横断して横須賀のCVA-41へと向かうNF-003.

148050はSH-3Hに改造後,2001年5月17日、ペンシルベニア州PARKASIEにあるCARSON HELICOPTERSで
N-81725のレジを取得し運用されました。

1974年10月14日に帰PR-36の他にRG-3/400/402,USMCのA-4E/151044をマニア9人と撮影し帰宅。

M.WADA 2020/10/14(Wed) 11:28 No.2111
Re: あゝあの年の10月は - 3
1979年10月14日(日曜日)9時30分,横田,南側国有地前の誘導路をR/W-36離陸に向けタキシングするNL-300.

他にNL-301/307/310もNL-300に続き、9時35分、VFRでCV-63 USS KITTYHAWKへ向かいました。
NL-300のパイロットネームはCDR FRED MEYERS, COMCARAIRWING 15.

156811は1987年4月1日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/14(Wed) 11:29 No.2112
Re: あゝあの年の10月は - 3
↑と同じ日,横田でNLのA-7を撮影後,横須賀の空母キティーホークに搭乗し撮影したVA-52のA-6E/155637,NL-500.

M.WADA 2020/10/14(Wed) 11:31 No.2113
Re: あゝあの年の10月は - 3
みなさん、こんばんわ。
横須賀、横浜で起こっている異臭騒ぎ。原因はなんでしょうね?不気味です。
何も起こらなければいいのですが。

>M.WADAさん
A-7!いいですねーコルセア好きにはたまりません。
VA-22,97,205,303と。またみなさんが抵抗のある『ロービジ』のVA-93ですがA-7にも似合うではないか?と思うくらいコルセア贔屓です。

今日は2007年の10月14日です。
横須賀新港にて『NAVY SHIPS TOURS(横須賀港外国海軍艦艇オープンシップ)』が開催され、『Pacific Shield 07』に参加する為に寄港した英『F235 HMS MONMOUTH』豪『F157 HMAS PERTH』 仏『F734 FS VENDEMIAIRE』 の3隻が公開されました。そのうちの1隻『HMS MONMOUTH』に搭載されていた829SqのHM.1です。
艦上での撮影はうまくいきませんでした。
ZH840/50085/RN20

Burnett 2020/10/14(Wed) 21:11 No.2114
Re: あゝあの年の10月は - 3
そしてもう1隻の『FS VENDEMIAIRE』の格納庫に収まったアルーエトV。
調べたのですが、所属、シリアルがわかりませんでした。

ちなみに残りの1隻『HMAS PERTH』には艦載機は見当たりませんでした。

Burnett 2020/10/14(Wed) 21:24 No.2115
Re: あゝあの年の10月は - 3
みなさん、こんばんは。
今日は寒い1日でしたね。こんな雨の日に久しぶりに何か降りてきたみたいですね。

>M.WADAさん
こんな時、どう言葉をかけたらいいものやら・・・ありきたりですがご自愛下さい。
せめてこのBBSが拝見できていればいいのですが・・・そして良薬になればと思い投稿します。

本日は2009年10月17日の私自身初の八戸航空祭です。自衛隊の航空祭にはあまり足を運ばないのですが、この年はちょっとした理由があっての展開でした。しかし初めて行った八戸航空祭は「航空祭」とは思えない程の「チビやん」ぽさ(笑)
私が行き始めた頃の「厚木チビやん」位、のんびりしたムードでした。

ですんで自衛隊機はよくわかりませんが展示飛行を終え、駐機場に戻ってきたP-3C(確かVP-2?)/5001 この初号機、翌年に除籍になったようです。※PC調べ

Burnett 2020/10/17(Sat) 20:25 No.2118
Re: あゝあの年の10月は - 3
オマケにもう1枚。

Burnett 2020/10/17(Sat) 20:30 No.2119
Re: あゝあの年の10月は - 3
皆様、こんばんは

>M.WADAさん
書き込みを拝見してびっくりしました、私のCT-39Gに反応頂いた所でしたし。。。 とにもかくにもお大事になさって下さい、Burnettさんに続いて私からも応援の一枚(1997年10月10日)を!

FKEN 2020/10/17(Sat) 22:54 No.2120
お知らせ

お知らせ

今日、1時20分、突然、喀血し緊急受診を受けたところ、
首から下の内臓、血液等に異常は無く、出血部位の特定に至りませんでした。

恐らくは首から上、首、耳鼻咽喉、そして頭部からの出血等が考えられ
精密検査が必要で、出来るだけ安静にして各検査を受けるようにとの所見でした。

依って、残念ですがチェッカーテールBBSへの投稿は暫くお預けと言う事となってしまいました。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、以上のような状況なので、どうぞご了承ください。

症状が改善致した暁には、早急に投稿を再開する所存です。

閲覧者様、各位

  M.WADA

M.WADA 2020/10/15(Thu) 10:48 No.2116 [返信]
あゝあの年の10月は - 2

>まさやんさん
早いもので、P-8Iの騒ぎからもう1年が経ちましたか。

>K.TANABEさん
10月10日は思い出したくありませんね。

>M.WADAさん
ニッピからのフライト以外に南側の角をまわることは少なかったので、撮れた時はラッキーな気分でいたが振られることが多かったですね。

再び「魔の1969年」の10月。
10月12日(日)曇り空でしたが、何やらジェット音がするので空を見るとEKA-3Bがかなり上空を何度も旋回したいました。
北風なので、カメラを持って出かけても間に合わないと思い諦めました。(車なんて持っていない時代)
後にVA-35のA-6Aが3機が一緒に降りたとの事、前年のエンタープライズ同様撮り逃しました。
ちなみに翌日(13日)はKA-3BとA-6Aが各1機飛来しています。
私にとって「魔の1969年」でした。

MACH3 2020/10/05(Mon) 05:49 No.2060 [返信]
Re: あゝあの年の10月は - 2
この時にコーラルシーの艦載機が撮れたのはVAW-116のE-2Aだけでした

MACH3 2020/10/05(Mon) 05:51 No.2061
Re: あゝあの年の10月は - 2
皆さん、こんばんは。

>MACH3さん
「南の角転がり」は仰る通り、日飛から出てくる機体が撮れるぐらいで
19降りからAE(南の角の誘導路)へ入ってくる機体に出会った経験は極僅かなものでした。

ですから、19側で着陸機を撮り終え、その機影を眼で追い続け「南の角」を回るかどうかを
確かめる癖がついていましたが、これが結構な確率で有ったんです。

特にニッピ入りの機体にこの傾向が顕著でWD-00やCF-00そしてVE-000が思い出されます。

MACH3さん同様、自分も68年のエンプラ、69年のコーラル搭載時のVA-35機は上手く撮れませんでした。
唯一、MACH3さんのお話に出ていた1969年10月13日(月曜日)に飛来したNL-512だけ撮ることが出来ました。

此の時は、大急ぎで高校から帰って全速力で自転車をこぎ間一髪間に合った稀有な例として記憶に残っています。
因みに152642はA-6Eに改造され運用後、1995年9月13日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:30 No.2062
Re: あゝあの年の10月は - 2
NL-512に続いて降りて来たのがVAQ-135 "BLACK RAVENS"のKA-3B/138928,NL-610.

VAQ-135は此の年の5月15日、NAS ALAMEDAでVAQ-130,DETから拡大再編成され誕生した部隊で、
1973年9月、VAQ-135はホームベースをNAS WHIDBAY ISLANDに移し翌74年7月にはEA-6Bに転換しました。

138928は使用期限が満了となり廃物処理され機歴を閉じています。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:31 No.2063
Re: あゝあの年の10月は - 2
本日の「日付ネタ」は1974年10月5日(土曜日)、横田R/W-36に降りるVP-9のP-3B/152738,PD-10.

VP-9は当時、岩国に派遣(1974年6月〜1975年2月10日迄)されて居り
週末のクロスカントリーフライトは海軍機のくせに空軍基地の横田を選ぶことが多々ありました。

その後、152738はRP-3Dに改造され運用後、1993年12月1日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:33 No.2064
Re: あゝあの年の10月は - 2
同じく、1974年10月5日(土曜日)、横田で撮影したVMA-211のA-4E/149972,CF-8.
僚機CF-3と共にR/W-36から岩国へ向け離陸して行くところのショットです。

此の日は厚木のマニア4人と共にVE-8/10,WA-01,36TFS(UK)のF-4Ex3機、CAFのハーキュリーズを撮影。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:34 No.2065
Re: あゝあの年の10月は - 2
此方も1977年10月5日(水曜日)横田で撮影したVP-48のP-3C/158225,SF-5.
地上からだと植樹されたトウヒに邪魔され上手く撮影できないため電信柱によじ登り苦労して撮った一枚。

VP-48は当時、アラスカ州のNS ADAKに部隊派遣されて居り、日本国内からではない”眞正外来機”でした。
158225はその後、P-3C III−R,→P-3C AIPへと改造されています。

因みに同日、厚木ではRG-422をマニア3人が撮っただけで終わっています。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:36 No.2066
Re: あゝあの年の10月は - 2
本日最後にご紹介するのは,1984年10月5日(金曜日)10時20分,R/W-01離陸に向け南の角を回る”ROCK-106".
"ROCK-100"と共に10時24分T/Oしたものの、目的空域RANGE-116が到着前にクローズを宣言。

2機は急遽フライトプランを変更しFUJI空域へと向かい訓練を消化。
11時23分、厚木R/W-01へL/Dしています。

此の日撮れた航空機はCVW-5機が17機とRG-381,TF-20,AC-407(A-7E),PR-111(VA-3B),NAF MISAWAのC-1A/136769,
そしてYZのCH-53D.マニアは6人がエンドに来ていました。

因みに153896は1985年5月2日にMASDC入りしています。

M.WADA 2020/10/05(Mon) 17:39 No.2067
Re: あゝあの年の10月は - 2
皆さん、こんばんは。

今日は何かと忙しく、投稿の準備が間に合わなくなりコメント抜きの写真だけで失礼致します。

1968年10月6日(日曜日)、厚木R/W-01離陸に向けR/WバックするVF-51のF-8H/147919、NF-104.

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:24 No.2068
Re: あゝあの年の10月は - 2
↑と同じ日に「洗い場」で撮影したVMFA-122のF-4B/151465、DC-9.

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:25 No.2069
Re: あゝあの年の10月は - 2
1975年10月6日(月曜日)12時37分、厚木R/W-01へ着陸するVP-1のP-3B/153421,YB-10.

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:27 No.2070
Re: あゝあの年の10月は - 2
1976年10月6日(水曜日)厚木R/W-01を離陸後,ライトターンし横須賀へ向かうHC-1,DET-6のSH-3G/149930,UP-01.

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:28 No.2071
Re: あゝあの年の10月は - 2
1984年10月6日(土曜日)12時3分、横田から岩国へ離陸の為タキシングするVA-105のA-7E/1580xx,AC-403.

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:29 No.2072
Re: あゝあの年の10月は - 2
「日付ネタ」、最後はイギリス人のマニアJ.J.WYNNEさんが1978年10月6日、フロリダ州 NAS KEY WESTで撮影した
VF-171のF-4N/152965,AD-051”バイセン機です。

M.WADA 2020/10/06(Tue) 18:31 No.2073
Re: あゝあの年の10月は - 2
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」は空自、入間基地で開催された第4回国際航空宇宙ショーで展示された航空機を3機。

最初は米空軍のC-9A/71-0875からですが
当日は暴風雨が吹き荒れ観客はおろか警備員さえ非難するほどの大雨の中、唯一人撮影に臨みました。

但し,悪天候は此の日だけで15回開催された同ショー中,最多の入場者数(60万9000人)を記録しましたが
同行した西村さん、桜井さんは再挑戦しましたが自分は此の日1日限りの撮影でツイていませんでした。

御両人に再挑戦の結果を聞きたくともお二人とも既にあの世に旅立たれ、それも叶いません。
繊細で朗らかだった西村さん、豪快で人情深かった桜井さんに、もう少し経てば自分も逢えそうです。

因みにC-9A/71-0875は2003年9月15日にAMARC入りしています。

M.WADA 2020/10/07(Wed) 13:59 No.2074
Re: あゝあの年の10月は - 2
同じく、豪雨の中佇むVP-47のP-3C/158210、RD-6.同機は遥々NAS MOFFETT FIELDからの飛来でした。
又、158210は、その後P-3C-III R→P-3C AIPへグレードアップされています。

M.WADA 2020/10/07(Wed) 14:01 No.2075
Re: あゝあの年の10月は - 2
厚木に移駐したばかりのCVW-5機の中から展示機に選ばれたのは何とVAW-115のCAG 機NF-010でした。
CAG の氏名はCDR C.E.MYERS, VAW-115のCOはCDR S.P.HUHNでした。

M.WADA 2020/10/07(Wed) 14:03 No.2076
Re: あゝあの年の10月は - 2
「日付ネタ」次は1985年10月7日(月曜日)15時30分、厚木R/W-19を離陸しNAS CUBI POINTへ向かうNK-006.

NK-006は午前中、ローカルフライトを実施後の離陸で、厚木からフィリピン迄ダイレクトに飛ぶ場合は
こんな風に低い離陸に出会えることもあるので、目的地が遠方の場合は期待が膨らみました。

因みに142671は1989年4月28日にAMARC 入り後、スクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2020/10/07(Wed) 14:05 No.2077
Re: あゝあの年の10月は - 2
本日最後は日にちは特定できませんが1969年10月に撮影されたVC-4"DRAGON FLYERS"のF-8K/145594,JF-7.
撮影者はアメリカ人の航空機写真家のRON PICCIANIさん。

わざわざ、プエルトリコのNAS ROOSEVELT ROARDSまで足を延ばし撮影したもので
メディアでもそんなに紹介されていない部隊であり、カラーでフライトショットというのも価値がありますね。

VC-4は1965年7月1日にVU-4から改称された飛行隊で、1971年4月30日に解散している短命な部隊でした。

因みに145594は1975年10月24日にMASDC入りし、その後アリゾナ州FALCON FIELDで胴体のみ保存中です。

M.WADA 2020/10/07(Wed) 14:07 No.2078
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -