おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
あの年の7, 8月- #1

おはようございます。
とうとう8月に入ってしまいました。
今年の夏はこのまま少しは涼しいといいのですが。
投薬のせいか日々の体調が違い、昨年のような夏の暑さが続くとどうなるか心配です。
古希にしてこんな時間が来るとは思っても見ませんでした。

愚痴はさて置き、CVW-8がフライオフして1週間が経った1970年8月1日、今度はCVW-5のフライインとなりました。
1970年はF-8搭載の空母の寄港が相次ぎ、クルセーダー好きの私には嬉しい年となりました。

>M.WADAさん
私はドラッグシュートが開いたまま着陸したF-4は撮っていません。
何度か遭遇しましたが、蛸が引きずられているように萎んだのばかりでした。

>Burnettさん
1998年の嘉手納のカーニバルではE-4が駐機していたんですね。
クリントンですか。
F-22は厚木エンドで横田に行くのを米粒状態で見ただけです。

>FKENさん
当時はマクダネル・ダグラス社からも出向してA-4とF-4の改修作業をやっていました。
東側のハンガー内に海兵隊のA-4Eが常時に3、4機入っていました。
それだけSAMによる被害が多かったんですね。

A-4E 152604 VA-94 1970年8月1日撮影

MACH3 2021/08/01(Sun) 10:36 No.3690 [返信]
あの年の7, 8月- #1
皆さん、こんばんは。

>MACH3さん
MACH3さんだけではなく、自分らも思ってもみない事態に驚き、心配しています。

自分も医師から夏の昼間は外出しないよう申し渡されていますが、
全く出ないようにすることは不可能ですから曇天時に出るよう努めています。

何れにせよ、体力維持が大切なので食事と睡眠は十分摂るようにしたいですが、
MACH3さんは睡眠障害があるとか、どうぞご自愛ください。

ドラッグシュートが展開した状態でのファントムの緊急着陸はMACH3さんが言われたように、
そんなに多くなかったように思います。

殆どが半開きか萎んだ状態でのL/Dシーンが多く、「画」になりませんでしたね。
No-3659/3660のショットは珍しく開いた状態で撮影出来て良かったです。

FKENさんのお話に出ていた東側のハンガー内には海兵隊機だけではなく
CVW-8(AJ)機のA-4も多数入っていました。

1970年8月1日(土曜日)CVW-5機のフライ・インをMACH3さんは撮っていたんですね!
アップされたVA-94機は「ハンプバック」に其々パーソナル・ネームが書かれ魅力的でしたね。

そしてCVW-8機同様,CVW-5機も連日良く飛んだのにAJ同様,毎日曇天続きだったのが残念でした。

本日の「日付ネタ」は1974年8月1日(木曜日)10時59分、厚木R/W-19へL/DしたPD-6は
VIP(2star)を降ろすと直ぐに三沢に向けT/Oして行き,VIPはRG-1に乗り換えT/O.

又、当日はCVA-41が横須賀を出港。
それに先立ち、CVW-5のグランドクルー達は早朝,専用のバス(マニアは"NF バス"と呼称)3台に分乗し
空母に向かいました。

M.WADA 2021/08/01(Sun) 16:47 No.3691
あの年の7, 8月- #1
上記と同じ日の午後,空母には向かわず午後からT/G訓練を繰り返していた空母ミッドウェイのCOD機。

母港化以後、COD機を務めて来た146035号機でしたが、不運にも1977年8月25日、墜落事故により、
機体は失われてしまいました。

M.WADA 2021/08/01(Sun) 16:50 No.3692
あの年の7, 8月- #1
次は1977年8月1日(月曜日)9時31分、厚木R/W-19へタッチダウンする"FY-676"/RD-3.
同機は11時33分、出発地、NAF MISAWAへと引き返して行きました。

このように厚木に飛来するオライオンは殆どすべてミッションC/Sを使用する為、
部隊やMdxの特定は不可能で、VQ-1機同様、機密性の高い任務に就いていた事が伺えます。

M.WADA 2021/08/01(Sun) 16:52 No.3693
あの年の7, 8月- #1
最後はMr DUANE A. KASULKAさんがブロニー版で撮影したVF-202"SUPERHEATS"のF-8H/148687,AF-200.

VF-202は1970年7月1日に編成され1994年12月31日に解散するまでNAS DALLASがホームベースでした。

M.WADA 2021/08/01(Sun) 16:54 No.3694
あの年の6, 7月- #6

おはようございます。
服用している薬の副作用でしょうか?ここ最近睡眠時間3時間ちょっとの日が続いています、夏が乗り切れるか心配です。

>M.WADAさん
NS-300はBuNo.の前に置かれているものが邪魔ですね。

>FKENさん
A-7は早朝だったと思います、家の上空かなり高いところを編隊で飛んでいました。
イチョウ撮りましたが米粒です。
厚木には車で何度か入りましたが、ゲート前が渋滞するのでダメになりました。

>Burnettさん
横田でアルバトロスが展示されましたね。
1995年かぁ、我家からは遠いので諦めました。

M.WADAさんのVA-196のA-6Aの飛来について、
VA-196の飛来はshoehorn Modification(RHAW)と呼ばれていました。
RHAW Rader Homing and Warning Systemの事で、ベトナムに派遣された航空機には、まだSAM警報装置が装備されていないものが投入されていました。
これらは戦況や整備のスケジュールを見て航空機に順次Cubi PointやNIPPIで装備されていきました。
通常艦載機は空母が横須賀などに寄港した時に厚木に飛来していましたが、トンキン湾から厚木に飛来し数日で戻り、また別の機体が飛来するというパターンでした。
最初はVA-196(NK)そしてVA-85(AE)と続き、海兵隊のVMCJ-1(EA-6A)、VMA(AW)-242(DT)と数か月の間に次々と飛来しました。
実はA-6AだけでなくF-4BやA-4E, TA-4F等も同じ作業を行っていましたが、これらは海兵隊なので通常のメンテナンスだと思われていました。

RHAWはベトナム戦でRA-5CがSAM(SA-2)に撃墜されたのを契機に、議会で高価すぎる(550万ドル)航空機を戦闘に投入し失う事が問題視されました。
国防省はSAM対策として警告と妨害装置の開発を進めることになり、北カルフォニアの小さな会社の提案したVector IVコンセプトが採用されることになり開発に着手しました。
空軍は1965年にこの会社のコンセプトを元に4つのアンテナから受信したレーダー波の情報をCRTディスプレイに表示する装置を導入しました。
これは発射されたミサイルの軌道を航空機に設置した4ヵ所のレシーバーから察知すると言うもので、開発されたAN/APR-25は1966年5月13日(13日の金曜日)に実戦で有効性が確認され海軍もこれを航空機に導入する事に決定しました。
このレシーバーの形状が靴べら(Shpehorn)に似ている事から、このように呼ばれています。
ちなみにこのレシーバーはA-6の主翼端のスピードブレーキ前に取り付けられています。
この装置は改良され、後のWild Weaselsと発展していきます。

ニッピでのA-6A改装では、通常テストフライトはしないでそのままお帰りのパターンでした。
このVA-85は他の個所のメンテナンスも行ったのでしょうか、テストフライトをしました。
1968年7月24日撮影ですがネガの保存状態が良くなかったので醜いい画像を勘弁してください。

MACH3 2021/07/25(Sun) 07:03 No.3657 [返信]
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんばんは。

>Burnettさん
83年ぐらいからエンド登場でしたか。

ミノルタX-700+モードラを持っていた自転車・バイクの若者の記憶は。。。
実際にお会い出来ればヒョッとして分かるかもしれないかな〜というレベルですね。
コロナが落ち着きCTBBSの懇話会等が開催できることを楽しみにしています。

PR-01,04のショットを気に入って頂いて嬉しいです。

自分自身もこれ等のショットを映像として画面上で見るのは初めてであり、
今回の企画が無かったら永遠にお蔵入りだったかもしれず、運営者さんに感謝です。

VQ Association,拝見しました。
VQ自身が撮った映像よりMACH3さんのショットの方が多くて笑ってしまいました。

彼等も、事、厚木で撮った写真に関しては地元マニアが居たお陰で写真の質量共に豊富で、
マニアの実力を認めフォトライブラリーに採用したようですね。

自分は「パッチ」のコーナーを興味深く拝見しました。

特に「CREW-21」の四角いパッチは基地正門前で営業していた「パッチ屋」さんで購入した
懐かしいパッチで古い友人に会ったような感動を与えてくれました。

ご紹介、ありがとうございました。

T-6の来歴を調べて頂き、助かりました。

下総から来たと思われる112068に関してはこれから調べてみます。

左右で塗装が違うというのは海自又はNAVY、どちらの発案なのか、
面白い使い方をしたもんですね。

>FKENさん
FKENさんとはエンドでお会いしていない可能性が高いようですが、
自分は厚木で見た見知らぬマニアはスナップショットを撮るように心がけていたので
番外編でも開催されたらアップしていきますから、楽しみにしていてください。

厚木R/W-01,午後へタッチダウン寸前のトムキャット。決まっていますね!

「アツギの日常」を撮影テーマとして撮られたとか、

このようなショットが月日の経過とともに輝きを増してくるものなのですが、
テーマを決めて撮影を行う事は、出来そうで出来ない難題なのです。

其処を地道に挑戦していくと新たな視点が開けてくるので、
是非、「アツギの日常」を継続して追いかけて行ってください。

>MACH3さん
NS-300の前に置かれていたものは、ヘリのローターブレードの脱着に使う足場で、
NS-300の駐機位置がニッピ駐機場の最南端故、この角度しか撮影出来る場所がありませんでした。

MACH3に言われるまでもなく「トランシット」を用いてBuNo確認に傾注しましたが及びませんでした。

NS-300の工場内移動まで待つ事も考えましたが、外来機の撮り逃がしの恐怖心から逃げられず
その場を後にしましたが、案の定、翌日にはヘリの姿はありませんでした。

以後,NS-300のBuNoは判らず仕舞いで「謎のヘリ」のまま現在に至っている次第です。

VA-196のA-6Aの件、詳細な解説をして頂き、ありがとうございます。

その解説中に出て来たF-4B,A-4E,TA-4F等の記述で「通常のメンテナンスと思われていた」の個所で、
長年抱えていた離陸しても帰ってこない「テストフライト」無しの
機体の真相が判り溜飲が下がりました。

此の事がその時分かっていれば、撮り逃がしも防げ
もっと効率よく外来機が撮れていたと思うと残念でなりません。


本日の「日付ネタ」は,1974年7月25日(木曜日)10時5分,厚木R/W-19へ降りて来たVC-135B/62-4126.

搭乗していたVIPはH&MS-36,SUBUNIT-2のCH-46D/153331,WX-4に乗り換え
赤坂プレスセンター(ハーディーバラックス ヘリポート)へ向かいました。

M.WADA 2021/07/25(Sun) 16:57 No.3658
あの年の6, 7月- #6
1984年7月25日(木曜日)13時50分,厚木R/W-19を"SWITCH BOX-215"と共に離陸した"SWITCH BOX-201"は
15時9分、T/Gを実施後、マイナートラブルが発生。

15時12分、ドラッグシュートを付けたままアレスティング・ランディングをして来ました。

このような状況の時、自分は通常と同じ立ち位置でL/Dショットを撮っていましたが
ドラッグシュートが付いたファントムのL/Dは「間延び」した画となり気に入りませんでした。

そこで,此の時は相鉄線のトンネル上から400mmレンズを使って撮ってみたのがこのショットでした。

M.WADA 2021/07/25(Sun) 17:02 No.3659
あの年の6, 7月- #6
斜め前ではMdx以外すべて機体で隠れマーキングが見えませんでしたが、
送りショットでマークが確認できましたが、皆さんは、どんな感想をお持ちでしょうか?

M.WADA 2021/07/25(Sun) 17:04 No.3660
Re: あの年の6, 7月- #6
みなさん、こんばんわ。

>MACH3さん
睡眠時間3時間は厳しいですね。せめて昼寝で補えればいいのですが。ご自愛ください。

>M.WADAさん
イイですね、CTBBSの懇話会等。けど皆さんの話についていけるか心配です(笑)
パッチ屋さん、昔は厚木にもあったと聞いておりますが横田、三沢、岩国、嘉手納、ましてや横須賀にあるのに何故厚木に無いのだろうと不思議に思っていました。

ドラッグシュートを付けた機体に遭遇した経験がないのですが、もし遭遇したならば安直にドラッグシュートが入るように真横で撮ってしまうと思います。

>FKENさん
F-4S,A-7EもそうですがF-14も、もうちょっと真面目に撮っておくんだったなぁ〜と後悔してます(笑)


FKENさんからリクエストがあった1985年7月21日のチビヤンでのUH-1, CH-53, AH-1を。
画像が悪くお見苦しい写真で失礼します。
確か当時手帳にメモしていたはずなのですが手帳が見当たらず機体の詳細がわかりません。
CH-53D/662

Burnett 2021/07/25(Sun) 20:48 No.3661
Re: あの年の6, 7月- #6
こちらはHMA-369のSM510ですがシリアルがわかりません。

Burnett 2021/07/25(Sun) 20:51 No.3662
Re: あの年の6, 7月- #6
AH-1Jだけは尾翼を撮っていたのでSM516/157774/ HMA-369とわかりました。

Burnett 2021/07/25(Sun) 20:55 No.3663
Re: あの年の6, 7月- #6
最後は展示エリアではないCH-53Dを。全く詳細がわかりません。
お見苦しい写真、また詳細のわからない写真の連貼り失礼しました。

Burnett 2021/07/25(Sun) 20:59 No.3664
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんばんは。

>Burnettさん
厚木のパッチ屋さんにも、いろいろ珍しいパッチが並んでいたのですが
中学生の分際ではいつも見ているだけで手が出ませんでした。

そうこうしている間にMAGの移動に伴いパッチ屋さんは撤退。

隣の将校相手のオーダーメイドの靴屋さんも、間もなく居なくなってしまい
自分の手元にあるのは唯一注文した「最高の履き心地」のアンクルブーツ1足があるだけです。

ドラッグシュート付き機体のE/Lを撮った経験が無いのは寂しいですね。
F-4は居なくなりましたが、ATACのMK-58 HAWKERHUNTERがまだ居ますからチャンスは有りますよ。


今日は早朝4時から今迄「超」多忙で、自分の時間が確保できませんでした。
由って、今夜は詳しいコメントは省略させて頂きます。ご了承ください。

本日の「日付ネタ」は、1973年7月26日(木曜日)厚木R/W-19へ着陸する
US ARMY BASE COMMAND OKINAWAのU-21A/67-18097.

M.WADA 2021/07/26(Mon) 20:03 No.3665
あの年の6, 7月- #6
U-21と同じ日の午後、厚木R/W-19離陸に向かうVAQ-135”Black Ravens”のEKA-3B/142656,NP-614.
同機はニッピ出のF-8J/150323を迎えに来たもので、2機で仲良く離陸して行きました。

M.WADA 2021/07/26(Mon) 20:05 No.3666
あの年の6, 7月- #6
此方は昨日アップしたVC-135Bの厚木離陸のシーンです。

M.WADA 2021/07/26(Mon) 20:07 No.3667
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」は,1974年7月27日(土曜日)基地南端エンジンテスト場で撮影したRM-617.

エンジンテストは9時から13時の4時間に亘って行われましたが、
外来機撮り逃しの恐怖心からか、エンドに来ていた9人のマニア達に動きは有りませんでした。

因みに、当日、横田にはCFx3機とF-4D/UP,UD各1機がL/Dしています。

M.WADA 2021/07/27(Tue) 14:51 No.3668
あの年の6, 7月- #6
同じくRM-617の正面ショットですが、レドームに手書きで目、鼻、口が描かれていたので、
撮影したのですが、線の色が薄くて良く分りませんでした。

M.WADA 2021/07/27(Tue) 14:53 No.3669
あの年の6, 7月- #6
此方はDON LOGANさんが1974年7月にテキサス州SHEPPARD AFBで撮影したVMFA-451のF-4J/153889,VM-1.

機首のスプリッターベーンに黒いF-5?のシルエットに赤いスターマークを重ねた”撃墜?マークが
5個描かれていましたが、詳細は不明です。

M.WADA 2021/07/27(Tue) 14:55 No.3670
Re: あの年の6, 7月- #6
みなさん、こんばんわ。

>M.WADAさん
パッチ屋の隣にオーダーメイドの靴屋さんがあったとは初耳です。
MAG移動の頃ですから65年前後までは両店が存在していたんですね。私が厚木を訪れたの80年代初頭ですから道理で跡形もないはずです(笑)その後パッチ屋さんが気になりますね〜注文した際の下書きなんて今どうなってるんだろ〜?
私は高校の時、横須賀でパッチを購入してから現在に至るまで泥沼にハマっています(笑)

No.3669のエンジンテスト風景、なんとも背景が賑やかでイイですね。
向かって左側に海自さんかな?2機のヘリ。そして残念な状態のPR24。その後方にも何やら機体が。
私が知らない活気のある頃の厚木が写っていますね。


今日は日付を遡って7月3日。1998年の嘉手納カーニバル。
R/W05R-23L側に駐機していたE-4B。確か臨時駐車場にしたR/W05L-23Rから撮影したはずで丁度機体手前が日陰になっていました。

Burnett 2021/07/27(Tue) 20:25 No.3671
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
パッチの下書きにまで思いを巡らしているBurnettさんは真性の「パッチマニア」ですね。
これからは写真だけではなく、パッチのコレクションの方もアップお願いします。

PR-24の後ろに居るのは61空のYS-11で、彼らのエンジンテストを行う定位置となっていました。
又、後方が弾薬庫でしたので,P-2やP-3の爆装も此の場所で行って居りました。

R/W05L-23Rの臨時駐車場から撮影したE-4B、珍しいショットですね。

このE-4B/75-0125はNewEngland,Offutt AFBの1stACCS,55thWGの所属ですが、
機体下に多くの車両が張り付き、物々しい雰囲気が漂っていますね。

本土から嘉手納カーニバルの為に足を延ばすマニアはBurnettさん以外にも居たのですか?

本日の「日付ネタ」は,1969年7月28日(月曜日)「洗い場」に佇むVH-61.

HC-7ヘリの駐機ショットはハンガーとハンガーの間の実に狭いエリアしか撮影出来ないので、
このように「洗い場」に置かれていると、何か得した気分になったものです。

M.WADA 2021/07/28(Wed) 15:51 No.3672
あの年の6, 7月- #6
此方1974年7月,RONALD McNEILさんがジョージア州 NAS ATLANTAで撮影したVMF-351のF-8K/146970,MC-1.

撮影から1年後の1975年にMASDC入りとなり、1986年8月4日、ニューメキシコ州SOCORROにある、
NEW MEXICO INSTITUTE OF MINING & TECHNOLOGYの所有機となっています。

M.WADA 2021/07/28(Wed) 15:54 No.3673
あの年の6, 7月- #6
最後は「日付遅れ分」1977年7月19日(火曜日)8時50分,雨の厚木R/W-01を編隊離陸するNF-105&103。
両機は館山沖を航行中の空母ミッドウェイへと向かいました。

雨が降っているのに、ニッピ山へ登って撮影したのですが、随分「気合」が入って居たんだな〜と
自分乍らスライドを見て感心してしまいました。

M.WADA 2021/07/28(Wed) 15:56 No.3674
Re: あの年の6, 7月- #6
みなさん、こんばんわ。

>M.WADAさん
そうですね。ネタがなくなったらパッチでも紹介させていただきます(笑)

この時のE-4Bは当時の大統領クリントンさんが中国訪問の関係だったようです。ちなみにE-4Bこの日に離日したと後日知りラッキーでした(笑)そしてこの年は友人と展開しました。日中は人がほとんど居なくて知ってるマニアの方はいなかったようです。けど違う年でしたがN田さんと何回かお会いしています(笑)
地元の方に聞けば日中にいる人は内地の人でそれもマニアだけだそうです。地元の方は涼しくなった夕方から訪れるようです。

No.3674、これまた気合が入ったカットですね(笑)私的にはこの写真はお互い違うマーキングだったのがポイントだと思います。バッチしです!凄い!!


今日もカデナ・カーニバル。2009年7月4日。気合を入れて三脚で撮影
F-22が初めて日本で公開されると聞いてミーハーな私は沖縄に飛びました(笑)
けど、1ヶ月後の横田でも公開されました・・・・。

Burnett 2021/07/28(Wed) 20:30 No.3675
Re: あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんばんは!

>MACH3さん
RHAW「シューホーン」のお話、実に興味深いですね、トンキン湾から厚木(ニッピ)に飛来して改修ですか! あらためて当時のアツギがベトナム戦と切っても切れない「前線」だったのだなと感じます。 

>Burnettさん
85年のちびヤン、マリンコ・トリオの貴重な写真をありがとうございます! 何でちゃんと撮らなかったかと、ずっと後悔していたのです(他の時も展示に気付かず撮り損ねたOA-37など多数の後悔ネタがあります・苦笑) 隣接するエリアに別のH53が居たのも初めて知りました。。
そしてそして嘉手納のF22夜景ショット!素晴らしいです!この「視点」が僕には無いのです。。 双尾翼の影が映し出されて、まるで舞台写真みたいですね!

>M.WADAさん
ドラッグ曳きながらのスイッチ、確かにこの角度の写真を見たのは初めてです。 私も一度だけ遭遇したのですが、残念ながら写真もネガも行方不明、、、記憶では「ありきたり」なアングルでした。 WADAさんはグッと前に出て望遠で圧縮なさったのですね! 後姿の方がドラッグの花が開き、フックも目立つので好きですが、前からのショットもS型のスラットが良く見えて捨て難いです! しかしこうしてみると空自ファントムのドラッグより小さいような、、気のせいですかね?

今日の一枚は2001年7月29日(日曜)、デモフライトのなくなったWINGS2001公開時のVF-154ランプです。 この時はこの位置まで行くことが出来て、その佇まいを存分に撮る事が出来て嬉しかった記憶です。 余談ですが最近のスタティック展示はキャノピーにカバーを掛けたり、内側に日除けシールドを入れたりされている事が多く、なかなかこのようなクリーンショットとは行かなくなりました。。

FKEN 2021/07/28(Wed) 23:09 No.3676
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
自分もFKENさん同様「舞台写真」みたいだと思いますし、
もっと言えば「薪能」の雰囲気をも連想させ,航空機写真の範疇を超えた見事な作品だと思います。

パッチの件に関しては,Burnettさんのネタ切れなど考えられないので、
投稿の随所でご紹介して頂けると嬉しいです。

Burnettさん以外にも内地のマニアがソコソコ嘉手納カーニバルに訪れていたんですね。

自分の時代より情報伝達が早くなった分、ピンポイントで訪問する事が出来、
撮影のチャンスが増えたのが影響しているのかもしれませんね。

>FKENさん
ドラッグシュートが小さく見えるのは、多分、着陸時の速度が関係していると思います。
事実,着陸スピードが速い時,ドラッグシュートは窄んで拳骨のようになっていましたから。

一応、南の角で撮ったNL-205番のドラッグシュートを曳いたショットをアップして置きます。

このNL-205は単機でベトナム戦線の空母コーラルシーから厚木へ飛来したもので、
外来機故、着陸スピードが異常に早く、結果として南の角を回ってくれてラッキーでした。

因みに、NL-206は現在のテーマと違いますが「補足写真」という事でご容赦下さい。

NF-103、とても公開時に撮ったとは思えないクリーンショットですね。

下手な展示方法をするなら、こちらのような「日常」が感じられる公開方法をとってもらった方が、
マニアとしてはズ〜っと良いと思うのですが、あのロープや看板、消火器には辟易ですよね。

M.WADA 2021/07/29(Thu) 15:22 No.3677
あの年の6, 7月- #6
本日の「日付ネタ遅れ分」は1974年7月28日(日曜日)9時、厚木R/W-19へ着陸するCF-3.
パイロットネームはMAJ T.C.BYALL, "BRETT".

此の時は他にCF-12/15/16と3機のスカイホークが飛来してくれ、
しかも、ニッピ山で撮影出来で大変充実した午前中となりました。

M.WADA 2021/07/29(Thu) 15:25 No.3678
あの年の6, 7月- #6
ここからが本日の「日付ネタ」となります。
1974年7月28日にWT-3と共にL/DしたWT-11番は翌29日13時に岩国へ帰って行きました。

写真は岩国へ向け厚木R/W-19を離陸するWT-11ですが,注目されるのは尾翼の"キュウリ"のマーク。
緑色のキュウリの上下に黒色で「THE」/「PICKLE」と書き込まれていました。

撮影時間は午後でしたが、薄曇りでしたので左舷portsideが撮りたくてニッピ山を選択。
R/W上でWT-3が手前に来てしまう恐れも考慮して、滅多に登らない木に登り”樹上撮影”としました。

その時、MACH3さんが「お墓」から右舷starboardを撮っていたのが目撃されましたので、
彼の方が順光で綺麗なショットを撮っている筈です。

M.WADA 2021/07/29(Thu) 15:27 No.3679
あの年の6, 7月- #6
こちらも同じ7月29日にモノクロで撮影したスカイホーク達のショット。

結果論ですが、観ての通り、こちら側の撮影場所からでは地面が低くA-4の足が隠れて見えません。
此の時もWT-11同様,木に登って撮るべきでしたが,横着をしてしまいチャンスを逃がしてしまいました。

M.WADA 2021/07/29(Thu) 15:29 No.3680
あの年の6, 7月- #6
最後は1975年7月29日(火曜日)厚木R/W-19へローアプローチするHSL-33のSH-2F/150171,TF-10.

M.WADA 2021/07/29(Thu) 15:31 No.3681
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」は1974年7月30日(火曜日)厚木R/W-19へ着陸する202ATSのB-65/6725.
6725号機は現在、海自、岩国基地の展示機として余生を送っています。

M.WADA 2021/07/30(Fri) 13:41 No.3682
あの年の6, 7月- #6
B-65と同じ日、厚木R/W-19を離陸するVR-21のC-118B/131592,RZ-592.

ところがRZ-592は離陸後No-3エンジンが故障し厚木に引き返して来ました。
翌8月1日に再びT/Oするも、マイナートラブルで緊急着陸。

結局,RZ-592が厚木を離陸出来たのは8月10日(土曜日)になってからでした。

因みに131592号機は,その後アイスランド、NAS KEFLAVIKのベースフライト機となって、
事故・救助訓練機として使用されました。

M.WADA 2021/07/30(Fri) 13:47 No.3683
あの年の6, 7月- #6
1977年7月30日(土曜日)NAS AGANAを飛び立ったZE-11は7時30分、
厚木R/W-19へオーバーヘッドアプローチ後L/D.

給油が終わって8時25分、クルーが搭乗。
次の訪問地、フィリピンのNAS CUBI POINTに向け9時51分T/Oして行きました。

VP-17は此の時、グアムのNAS AGANAへ部隊展開して居り、
厚木飛来は、そのルート・チェックを兼ねてのものと思われます。

M.WADA 2021/07/30(Fri) 13:49 No.3684
あの年の6, 7月- #6
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」は1971年7月31日(土曜日)厚木R/W-19へ着陸するDP-2E/128342.

元VC-5、UE-30/00番機でしたが、塗装を落としての厚木飛来でした。

128342号機は8月3日に厚木を離陸。その後,7年間に亘って消息が分からず
1978年12月、MASDCで確認されたのが最後となっています。

M.WADA 2021/07/31(Sat) 13:39 No.3685
あの年の6, 7月- #6
翌年、1972年7月31日(月曜日)には「美国海軍」のC-117/17122が撮れました。

ところが仲間と相鉄線のトンネル上で横になり休んでいたところに突然C-117が降りて来て、
大慌てで撮影地点まで行こうとしましたが間に合わず撮ったのが此のショットです。

此の日はCVW-19(NM)機11機が訓練飛行を繰り返し行い、
皆、撮影に疲れ休んでいる最中に起きた出来事でアップのアングルになってしまいましたが
「美国海軍」のL/Dショットが撮れただけでも良かったと思っています。

M.WADA 2021/07/31(Sat) 13:41 No.3686
あの年の6, 7月- #6
此方は1977年7月31日(日曜日)13時45分,厚木R/W-19を離陸するVMA(AW)-121のA-6E/154156,VK-10.

VK-10/COMBAT-85の他にVK-12/COMBAT-83も15時2分に岩国へ向け離陸して行くところを仲間2名と撮影。

M.WADA 2021/07/31(Sat) 13:43 No.3687
あの年の6, 7月- #6
最後はDR CARLTON A.EDDYさんが1976年7月31日,テキサス州 NAS DALLASで撮影したCVT-16のC-1A/136780.

以前ご紹介した時と比べ細かいところ(Blue ghostの色が濃い,主翼先端の色がブルーから白等)が
微妙に変化しています。

因みに、136780号機は1978年4月19日にMASDC入り。

2002年6月、アリゾナ州TUCSONのWESTERN INTERNATIONAL AVIATIONで保管されていましたが、
その後、コックピット部分のみカリフォルニア州SANTEA CLARAで展示されています。

M.WADA 2021/07/31(Sat) 13:44 No.3688
Re: あの年の6, 7月- #6
みなさん、こんにちわ。
今日から8月ですね。今年はなんだか時間が早く感じられます。
まだまだ暑さが続きますので皆さん、ご自愛ください。

>FKENさん
昔は展示機は全て写していたのですがフィルムが間に合うはずもなく、だんだんと的を絞って行きました。

米軍展示はロープを張ってなくありがたいのですが逆に撮りづらい場合もあり、最近ではコクピット内部を見られたくないのか
FKENさんが仰るようにキャノピーの内外にカバーありちょっと違和感がありますよね。
M.WADAさんの「日常が感じられる」展示。私も賛成です。

>M.WADAさん
カデナ・カーニバルに限れば毎年開催されていればいいのですが社会情勢の影響か中止になることも多く、まして公開情報は難しく直前に告知されてたりします。それでもM.WADAさんの時代に比べれば改善されているのでしょうね。去年の嘉手納は年明け早々に発表されたのですがコロナで中止に・・・(涙)

No.3682の背景にはたくさんのタンク車が。当時はこんな感じだったのですね。私も1度だけ厚木街道の踏切で車両が通っていくのを目撃しました。今では廃線になって基地内の線路跡地は二段式の駐車場になっていますが、現在燃料はどうやって供給しているのか不思議です。


前回のF-22は高評価を頂いて調子にのって今日も同日のF-22を。
F-22の第一印象は「脚が短く、なんともブッ格好」どうしてもF-15を比べてしまいます。
けど最新鋭のF-22を主流になったデジカメでいとも簡単に夜景を撮る。21世紀なんだなぁ〜と(笑)

Burnett 2021/08/01(Sun) 09:48 No.3689
あの年の6, 7月- #5

おはようございます。
といってもまだ真っ暗。

>M.WADAさん
#3623のDT追っているんですね。
私は1968年のニッピでの改修で飛来した時以来DTには縁がありません。
面白いもので、縁のないスコードロンはとことんダメですね。

>FKENさん
お帰りの時は朝早かったですね。
A-7の時は離陸後、厚木の上空(かなり高い高度)で編隊を組んで海上に向かいました。
ローパスは却下だったそうです。

>Burnettさん
夜の撮影もしてみたいんですが、盆踊りは1度も行ったことがありません。
一般公開は何処の基地も警備が厳しくなりましたね、昔はバックの中身もチェックしなかったのに。
まして人出がなく車で入場できました。

1970年7月も早く梅雨が明ければ、カラーで撮影したんですが。
A-4E 150001 VA-152 7月16日撮影

MACH3 2021/07/20(Tue) 05:04 No.3631 [返信]
あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんばんは。

本日も昨日に続いて家事多忙(トイレが壊れた!)で夜になっての投稿です。

>MACH3さん
DTに縁がないとは知りませんでした。 自分はRA-5Cヴィジランティーでしたが
縁遠いものほど撮りたい気持ちが強いのに、「赤い糸」はズタズタでした。

「AJ」の時は本当に良く飛んでくれたのに天気が悪く、、、お手上げでしたね。

でも、考えてみるとCVW-5機でさえ納得のいく作品が残せなかったんですから、
僅か2週間の厚木滞在ではどの道、無理な相談だったのかもしれませんがね。

本日の「日付ネタ」は1968年7月20日(土曜日)正午、厚木R/W-19を編隊離陸するNK-402/401.
これらVA-196機の厚木飛来についてはMACH3さんの方が詳しいので説明宜しくお願いします。

M.WADA 2021/07/20(Tue) 19:50 No.3632
あの年の6, 7月- #5
次は1969年7月20日(日曜日)ニッピ駐機場南端に駐機するHS-6"INDIANS"のSH-3A/15xxxx,(NS)-300.

HS-6は対潜空母キャサージ(CVS-33)に搭載されたCVSG-59(NS)傘下の部隊として、
西太平洋、ベトナムクルーズ(1969年3月24日〜9月4日)に参加していました。

(NS)-300番機に関しては、ニッピ入り以後の消息が全く掴めていません。
何方か心当たりの方が居られましたらお知らせ頂けると大変助かります。

M.WADA 2021/07/20(Tue) 19:52 No.3633
あの年の6, 7月- #5
本日最後はEYPOR ARNASONさんがアイスランドのKEFLAVIK ABで
1977年7月20日に撮影した、57thFIS所属のF-4C/63-7460.

因みに63-7460は1988年にオレゴンANG,114thTFTSに移動となり"63CLASSIC"と命名され運用されましたが、
1988年12月5日には早くもAMARC入りとなりました。

2008年1月15日、63-7460号機は同地に於いてその姿が確認されています。

M.WADA 2021/07/20(Tue) 19:54 No.3634
あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんにちは。

51年前の厚木も今日と同じように晴れ時々曇りの天気でしたが、
海自P-1が飛んでいる今日と違い1970年にはCVW-8機が20機以上飛んでいた事でした。

7月22日(水曜日)は曇りがちで午後になって晴れてきましたが
CVW-8機の動きは少なく推移。

又、7月24日(金曜日)のCVW-8機フライオフ前日の23日は整備で飛びませんでしたので、
CVW-8機トレーニング中、何とかカラーフィルムが使える天気だったのが21日だったのです。

其の7月21日にコダクロームで撮ったのが此方のVF-111”SUNDOWNERS"のクルセイダー、AJ-110.
残念なことに丁度L/Dして来たところで曇ってしまい綺麗なショットが撮れませんでした。

このF-8H/147056はその後Philippine AF機となって運用後、Billamor AB内のミュージアムに
保管展示されています。

M.WADA 2021/07/21(Wed) 14:54 No.3635
あの年の6, 7月- #5
此方は1970年7月10日(金曜日)厚木R/W-01へフライ・インして来たVA-172のA-4C/149621,AJ-300.
パイロットネームはCVW-8のCO, CDR ED MC KELLAR JR.

A-4C/149621号機は1971年1月24日にMASDC入り。

M.WADA 2021/07/21(Wed) 14:56 No.3636
あの年の6, 7月- #5
再び「日付ネタ」に戻り、1970年7月21日(火曜日)気温33℃、
厚木R/W-19にL/DするVA-12"Flying Ubangis"のA-4C/148536,AJ-400.

A-4C/148536はその後Singapore AF用のA-4Sに改造され#-620として売却。

A-4Sとして運用終了後、Celtrad Metal Industries社に所有が移り、2002年6月、
コックピット部分はアラバマ州Southern BirminghamのMuseum of Flightに引き取られています。

M.WADA 2021/07/21(Wed) 14:58 No.3637
あの年の6, 7月- #5
同じく7月21日に撮影したVA-152”Mavericks”のA-4E/150001,AJ-500,CAG機、

A-4E/150001号機はその後VMA-131(QG-11)で1972年9月〜1975年9月まで運用。
1976年〜1984年9月18日までH&MS-49 DET-WILLOW GROVEに在籍し
2001年3月30日、AMARC入りしています。

M.WADA 2021/07/21(Wed) 14:59 No.3638
Re: あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんばんは!

>MACH3さん
VA-115の離日、お見送りされたのですね! F-4Sの離日は伝説の超低空離陸などの写真を目にしますが、A-7Eの離日はあまり写真を見た記憶が無いです。 お持ちでしたら是非とも拝見したいと思います!(捜索が大変でなければ。。)

>Burnettさん
横田のLN、494FSネタにササっとブースの写真が出てくる所は流石ですね! あの年の三沢にも行かれたとは! 98年の嘉手納、BM時代のシルバーイーグルスは色気なしですが今となってはBMレターが貴重な記録ですね。 そもそも嘉手納公開の写真自体をあまり見かけませんし。。

>M.WADAさん
やはり「モードラ革命」は大きかったのですね。。 1981年にOM-10を買い、翌年には秒2コマの「ワインダー」を買った中学生の私は、逆に撮影の基礎が出来ていないくせに連写できるようになってしまったため、早い時間に「弾切れ」を起こしたり、ブレ&ボケを量産するなど、今にして思えば一枚づつ大切に撮るべきだったと後悔しています。。
VA-115、本当に不思議なご縁ですね、そして皆さんにとっては今も「ARABS」なのでしょうね。。
51年前のAJ×4連発、眩しいです!

今日の一枚は1985年7月21日(日曜)、ちびヤン展示のVF-161です。 町田市鶴川の実家から友人と自転車をコイで出掛けた思い出の一日です(笑)

FKEN 2021/07/22(Thu) 00:34 No.3639
Re: あの年の6, 7月- #5
みなさん、こんにちわ。

>MACH3さん
夜の撮影も現在ではデジカメで手軽に撮影できますが、あとは一般公開次第ですね。

>M.WADAさん
CVW-8 300,400,500と総ナメじゃないですか。CAG機もこの程度のマーキングが程よいですね。
VF-111のF-8はやはりH型のマーキングがイイかな?プラモデルではなぜか鼻の大きいE/J型ばかりがモデル化されて残念です。

>FKENさん
鶴川から厚木まで自転車!その頃の交通手段といえば自転車でしたね。私もランチェンしたら全力で反対側へ漕いでました。現在では交通手段は変わってもやってることは一緒(笑)NF103は最後の赤い稲妻でしたね。


今日は久々の日付ネタ。
1995年7月22日の横田で突然展示されたHU-16C:N4WT
Proctor夫妻の世界ツアーで訪れたようです。私はこの時初めてのアルバトロス。
こんなかたちでリタイアした機体を拝める事もあるんだなぁ〜と。さすがアメリカ。

Burnett 2021/07/22(Thu) 13:10 No.3640
Re: あの年の6, 7月- #5
機体に貼ってあった説明です。読めるかな?

Burnett 2021/07/22(Thu) 13:12 No.3641
Re: あの年の6, 7月- #5
機体内部の写真も紹介されてました。
こんな機体で空へ海へと優雅ですね。さすがアメリカです。

Burnett 2021/07/22(Thu) 13:13 No.3642
Re: あの年の6, 7月- #5
今日はもう1枚。
2009年7月22日、大桟橋で一般公開されたDDG-56 John S.McCain
米艦船が大桟橋に接岸し公開した事ってあるんでしょうか?

Burnett 2021/07/22(Thu) 13:23 No.3643
あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんにちは。

>FKENさん
ホー,1981年に大場久美子のOM-10を手に入れ,翌年には「ワインダー」まで入手とはスゴイ!
マニア初期からこれだけの装備で臨めたFKENさんは幸せ者でしたね。

失敗は成功への通り道なので、高性能機を持てた分、上達も早かった筈だと思います。
FKENさんが仰る通りVA-115は「EAGLES」ではなく「ARABS」の方が断然シックリきます。

85年の「ちびヤン」は丁度,店舗兼住宅の建築準備で忙しくて時間が取れず行けませんでした。

FKENさんのお話に出ていた「町田から自転車で来た二人連れの少年マニア」のお話、
彼らの名前は分かりませんが、何度か言葉を交わした記憶があり、
二人のスナップショットも撮ったので、何かの折にご紹介できればと思います。

最後のF-4Sの展示、出来る事なら撮りたかったのですが、行けなくて残念でした。
天気は今ひとつでしたが、観客が少なく撮り易かったようで何よりでしたね。


>Burnettさん
自分もF-8E/Jより、スマートなF-8C/D/H/K等の方が好みですが
実際に遭遇出来たのは圧倒的にF-8Jばかりだったのが残念でしたが、こればっかりはね。。

え!、Burnettさんも自転車で厚木まで通っていたんですか?いつ頃の話なんでしょうか?

HU-16Cが1995年に横田に飛来していた事は知りませんでした。
調べたところ、この機体は元NAS ALAMEDA基地所属の救難機でした。

1988年9月15日〜2013年5月16日までLYNN HUNTさんの個人所有機(N-416C)となっていましたが
現在の消息迄辿り着けませんでした。

本日の「日付ネタ」は、今から54年前、厚木R/W-19で撮った
VMFA-323”DeathRattlers”のF-4B/151416,WS-15です。

VMFA-323は同年5月13日まで南べトナムDA-NANG/MAG-11で戦闘に参加後、
一時的に岩国へ移動となりました。このWS-15のショットはその時のものです。

その後VMFA-323は1967年8月18日から1969年3月迄
再び南ベトナムCHU-LAI/MAG-13に派遣され参戦しています。

因みにF-4B/151416号機は1969年2月,VMFA-323からVMFA-542に移動となっていた1969年6月25日、
DONG-HAIのDMZ(非武装地帯)の南で対空砲火を受け被弾、クルー2名は緊急脱出し、
救助のへりに助け出されましたが、WH-6は墜落し機体は失われてしまいました。

M.WADA 2021/07/22(Thu) 15:46 No.3644
あの年の6, 7月- #5
こちらは1969年7月21日(火曜日)「お墓」の撮影ポイントから撮ったショットです。

画面後方に西側の格納庫が確認でき、それから位置関係が把握できるかと思います。

Beech D-45の前の「カマボコ兵舎」、向かって左が「Atsugi Aero Club」、
右が「Atsugi Modelers Club」の建物です。

今回の投稿準備で初めて此の二つのクラブのマークが「看板」という形で確認する事が出来ました。
特に「Atsugi Modelers Club」の存在は初めて知ったもので詳細がまるで分かりません。

写真に写る看板から、空飛ぶ「家」にスヌーピー?が座り風を切って飛んでいるデザインなのが
分かりましたがモノクロなので「色使い」までは不明です。

このクラブの活動状況などご存知の方は居られるでしょうか?
どんなプラモデルを作っていたのか大変興味のあるところですね。

因みに、此の二つの建物は暫くして撤去され「Atsugi Aero Club」は「洗い場」横のハンガーへ
移動となりましたが「Atsugi Modelers Club」に関しては情報が途絶えたままとなっています。

M.WADA 2021/07/22(Thu) 15:50 No.3645
あの年の6, 7月- #5
最後は1977年7月22日(金曜日)10時28分,厚木R/W-19へ着陸するND-636を「ニッピ山」より撮影。
常連マニア5人がエンドで撮影していました。

ND-636は僚機ND-634と共に7月20日(水曜日)9時40分、韓国OSAN ABに行っての帰りでしたが、
ND-634の姿はありませんでした。

夜に入りND-636は横田に移動したので、多分ND-634は先に横田に降りていたのかもしれません。

KA-3B/142662は1974年5月30日にMASDC入り。ところが8月にはVAQ-308に戻り現役復帰を果たします。
1989年カリフォルニア州NAS ALAMEDAで運用から撤退し1999年,スクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2021/07/22(Thu) 16:12 No.3646
あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんにちは。

今日から東京オリンピックが始まります。
生涯で2度も東京オリンピックが観られるとは感無量です。

57年前に開催された東京オリンピックの時、自分は中学1年生で
体育の授業は工作室でオリンピックを観戦する事でした。

秋の旅行は国立競技場で「金メダル」を見る事。
映画鑑賞会は市川崑監督制作の「東京オリンピック」と
学校、地域、日本全体が「東京オリンピック」で熱狂の嵐でした。

自分は今でも古関裕而作曲「東京オリンピックマーチ」とNHK アナウンサー、北出清五郎さんの
実況中継を聞くと胸が熱くなり涙がこぼれてきます。

コロナ禍が猛威を振るい続けている中で開催される今回の「東京オリンピック」が
どの様な大会になるのか,何とか無事に大会が運営されることを祈るばかりです."ガンバレNIPPON!"

さて、本日の「日付ネタ」は、今から46年前の1975年7月23日(水曜日)のオライオン。

午前11時丁度にL/DしたVP-4のP-3B/153435,YD-2は午後1時に部隊派遣中のCUBI POINTに向けT/O.

尾翼に描かれた”SKINNY DRAGON"の下から「赤い三又槍」がドラゴンの尻に突き立てられ、
赤い血が下に垂れているYD-2独自のマーキングが目を引きました。

又、このディプロイメント中の機体で1機だけハワイ NAS BARBERS POINTの
VPU-2から派遣されたP-3Bが居ましたが、そのBuNo153445(YD-11)は欺瞞で、謎めいた機体でした。

本当の153445号機はVP-26に所属していたP-3B機(LK-9)で、1968年4月1日、PHUY QUOC ISLAND沖で
南ベトナム軍の射撃を受け墜落していて同機は存在していませんでした。

こうまで秘匿して行うミッションとはいったいどんなものなのか、詳細は闇の中で不明です。

M.WADA 2021/07/23(Fri) 15:39 No.3647
あの年の6, 7月- #5
次は1979年7月23日(水曜日)横田R/W-18離陸に向けタキシーアウトした36thTFSのF-4E/68-0305,OS.
シャークティース入りのF-4Eが飛来したとの情報を得、厚木から駆けつけ撮影。

目的地は嘉手納で11時40分に離陸して行きました。

M.WADA 2021/07/23(Fri) 15:42 No.3648
あの年の6, 7月- #5
上記、シャークティースのF-4Eを撮った後、即座に厚木へ引き返し撮影出来たのが此のUS-3A/157998.
「NAVY」に白シャドーが入っている他はノーマークですが、諸情報からVS-21機と特定。

同機は日本海を回遊中の空母キティーホークに対して厚木から連日CODミッションを繰り返しました。

M.WADA 2021/07/23(Fri) 15:44 No.3649
あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんばんは。

昨日のBIの5輪マークメイキング・ミッションは残念な結果に終わってしまいました。

一大イベントですからパイロット、観客共に楽しみにしていた事が、まさかの「雲」に邪魔され
満を持してのオープニングイベントが台無しとなり「暗雲」立ち込めるスタートとなってしまいました。

まあ、これからどうのこうのとイチャモンをつけてくる輩が現れるでしょうが、
そんな連中の事は意に介さず、「オリンピック成功」を目指し出来る限りの支援をしていきましょう!

先ずは大役をシッカリと果たされたBI並びに関係者の方々のお力添えに感謝です。ありがとうございました。

本日は「投稿遅れ」分のショットからです。

1977年7月21日(木曜日)11時8分、厚木R/W-01を離陸するVF-161のF-4J/155794,NF-112.
一寸高目の離陸から右方向へ捻ったところを捉えたショットです。

ところがNF-112番機は3分後の11時11分、離陸時にパンクした為にR/W-01へ緊急着陸となり、
アレスティングフックを使ってL/Dして来ました。

155794号機はその後F-4Sにアップグレードされ運用後の1988年8月23日にAMARC入りしています。

M.WADA 2021/07/24(Sat) 16:11 No.3650
あの年の6, 7月- #5
こちらは「本日の日付ネタ」。1970年7月24日(金曜日)厚木R/W-19離陸へ向かうRG-300の
横をカップルが歩くという、有り得ない構図のショット。

そもそも彼らが歩いている場所は立派な「制限区域」内で,立ち入る事は出来ない筈の場所なのです。
その為か、パイロットが歩く二人を見入っているのが分かります。

よく見ると男性の左手には望遠レンズのついたカメラを持っているのが確認でき、マニア?

因みに、画面左に写る2機のバートルは日飛入りして来たYK-15/153368とYR-50/153362.
もう1機は那覇のVC-5に配属途中に立ち寄ったUH-34D/150211で、後にUE-43番となっています。

M.WADA 2021/07/24(Sat) 16:13 No.3651
あの年の6, 7月- #5
そして以前アップした「超低空離陸」PR-01と同じくらいインパクトのある上りを
見せてくれたのが此方のPR-04でした。

PR-01と同じか、それ以上に天気が悪かったのが残念でしたが
離陸直後に見せた豪快な捻りっぷりが圧巻でした。

離陸時に此処まで大きく捻りを入れて来たA-3は、そう多くは無く
自分は片手で数えるほどの離陸しか出会えていません。

M.WADA 2021/07/24(Sat) 16:16 No.3652
あの年の6, 7月- #5
そのセカンドショット。

先輩からA-3は安全の為,離陸時には天蓋を開け放したまま離陸しているんだぜ.と教えられていましたが
なるほど,このショットから確かに天蓋の風防ハッチが開いているのが確認できました。

因みに此の146459号機は1987年5月、空母コンステレーションからの離艦時に機体を破損。
NARF ALAMEDAに送られ修理を受けましたが、予想以上にダメージが大きく、MASDC入り。
1991年、スクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2021/07/24(Sat) 16:18 No.3653
Re: あの年の6, 7月- #5
みなさん、こんばんわ。

>M.WADAさん
はい、自転車で展開していました。最初は親父のカメラを借りて83年くらいからだったと思います。
そして私は自分のカメラが欲しくなりバイトして宮崎美子の印象が強かったせいかミノルタを選びX700を購入。
しかも生意気にも最初からモードラをセットで購入しちゃいました。
自転車展開も免許を取りバイクへと機種変換(笑)

A-3好きな私にとってはNo.3646はナイスタイミグ流石M.WADAさん!と思っていたとこNo.3652,3は度肝を抜かれ唖然と写真を眺めていました。もう天候とか問題なくA-3を背中まで捉えた離陸写真は初めて見ました。この瞬間を捉えたM.WADAさんに拍手喝采!金メダルです(笑)

そんなM.WADAさんにVQ Associationを紹介したいです。(ご存知かもしれませんね)
http://vqassociation.org
鮮明、不鮮明な写真が混在していますが結構古い写真が紹介されています。


今日はFKENさんがNo.3639で紹介された1985年7月21日のチビヤンです。
フィルムを探していたらNo.3618で紹介したT-6と同じ機体思われるT-6が出てきました。(多分同じだと思いますが確認していません)この112068はM.WADAさんのご指摘通り、下総から持ってきたようです。
この頃はネガを使用してたので”色”が飛んでしまって見苦しく、このアングルで分かりづらいですがこちら側(右側)は海自塗装、反対側(左側)は米海軍塗装でした。

Burnett 2021/07/24(Sat) 19:30 No.3654
Re: あの年の6, 7月- #5
>FKENさん
私もこの日は自転車でしたね(笑)
FKENさんの鮮明写真で目を皿にして36年前(!)の自分を探しましたが残念ながら会えませんでした・・・(笑)

Burnett 2021/07/24(Sat) 19:32 No.3655
Re: あの年の6, 7月- #5
皆さん、こんばんは!

>MACH3さん
昔は車で入場、、、少なくとも1980年の三軍記念日は親父の車で正門から入って直ぐ右手の駐車場に入れてもらえた記憶があります。 ちびヤンはEAST側のエプロンに90年代も入れてくれていたような。。

>Burnettさん
95年の横田のアルバトロスはびっくりしましたね! しかも往年の姿のままで。。
85年のちびヤン! 同じ場所、同じ時間帯に居たようですね! 私はF-4/A-7最後だとの思いが強く「そればかり」撮ったお陰で、あの日展示された貴重なマリンコ・トリオ、UH-1, CH-53, AH-1 の写真が残っていません、お持ちでしたら是非ご披露下さい☆

>M.WADAさん
PR-04、これまた「とんでもないショット」ですね! カッコ良すぎです(ホレボレ)
この頃はRWY01 DEPは右転針だったのですか? NF112も右バンクですよね?
「町田から来た自転車二人組」は僕ではなさそうですね(笑) 私は当時、エンドへ行くのは年に数回、、、マニアと言うより「ヒコーキ好き」の域でした(むむ?今も?)

今日の一枚は2003年7月24日(木曜)、VF-154最後の夏は梅雨が8月まで明けずに愚図ついていましたが、ノーマーク、モデックスなし、曇天でも兎に角撮っておこう!と珍しく中原街道から「アツギの日常」を残すつもりで切った一枚です。 背景は今と大きくは変わりませんが、ニッピの旧ハンガーやノーマーク・ハイビジのP-3、EAST駐機のS-3が現在と異なる風情です。

FKEN 2021/07/24(Sat) 23:33 No.3656
あの年の6, 7月- #4

皆様こんにちは、
今朝、我家上空をAH-1が3機編隊で通過しました。
カメラをいつも手元に置いておけばと反省しています。

>M.WADAさん
CVW-8のFly-Inの19側はさみしいものでしたが、01側は大勢いたんですね。

>Burnettさん
健康じゃなければ、老後2,000万円では足りないですよ。
病気にかかった老人は、高額な医療費で支払い困難になり病院通いを諦め早く死ぬの国は待っているのかなあ?
長井飛行場ですか、私は初めて聞きました。
VA-152の黄色タンクは1本だけでした。

1968年6月29日厚木に飛来したVX-8のNC-54Rです。
機首にKIWIが描かれています。
1960-70年代のPROJECT MAGNETは地球レベルの磁気調査でVX-8(後にVXN-8)のNC-54RとNC-121Kで行っていました。
調査フライトは国際民間航空機関の手続きに沿って行われ、ちなみにコールサインはN+BuNoを使用。
NC-54Rに関しては詳細は不明ですが、NC-121Kは地球の磁場における宇宙線と磁気の相互関係を調査する機器も積んでいました。
細かいフライトスケジュールに合わせて各国のホテル予約、燃料手配等、大変なプロジェクトでした。
調査地点での飛行は3,000フィートで碁盤の目のように飛行、または600フィートでジグザグ飛行が行われました。

MACH3 2021/07/14(Wed) 15:41 No.3608 [返信]
Re: あの年の6, 7月- #4
みなさん、こんばんわ。


>MACH3さん
お国の見解は、私はそう思っています。年金も国がらみの詐欺でしたし、この程度の年金じゃお先真っ暗です(笑)
黄色タンクは1本だけでしたか。何故1本か?興味湧きますね。

>M.WADAさん
公開日、炎天下に飲み物飲みながら並んでも、その飲みかけのペットボトルやビンは持ち込めない程です。
”解せないのは其の「軍用機人気」”
M.WADAさんは80年代半ばでこの世界から足を洗ったそうですが、その後来場者数が多いせいか車での入場は禁止になり80年代後半には映画「TOP GUN」反響、そして厚木にF-14配備。バブル化の影響か5月の第三日曜日「三軍記念日」から7~8月の2日間開催の「WINGS」エア・ショウへ代わります。舶来品の飲み物や飲食目当てな人、はたまたビールが安いからといって何ケースも購入だけして出ていく人達と三者三様となってきます。そして若い女性だけでのグループも増えた感じです。
主観ですがこの頃から人手が倍増してきたと思います。現に相鉄バスが臨時バスを出しピストン運用し始めました。近年では正門から光綾公園くらいまで平気で並ぶようです。
そして90年代後半になるとM.WADAさんが仰る通り「デジカメ」の出現。当時は出始めで高価なものでしたが「金と時間」だけは持っているリタイアした年寄り連中が何故か出現し始めます。この世界ならでは「暗黙のルール」を全く無視。
ロープ張ってる一番前に陣取っていても割り込んできます。特に「ご婦人」連中(笑)

ある年、ちびヤンで海自さんの救難デモをこれ幸いかと最前列でカメラを構えていた「ご婦人」連中。
案の定ダウン・ウォッシュで飛ばされていきました(笑)

そして近年では携帯電話付きカメラとでもいいましょうか、とにかく手を伸ばして撮るから邪魔で邪魔で。
百歩譲っても「日傘」はやめて頂きたいです。ココを何処だと思っているんだ!と、D野さんと愚痴を吐きながらよく撮影してました(笑)


7月14日、待ちに待ってました!スゲェ〜としか言いようがありません。さすがM.WADAさん!
M.WADAさんが撮っていなければ、この”超低高度T/O”は埋もれていましたね。
イイもの拝見させて頂きました!


今日も前回の続きで2日の「カデナ・カーニバル」当日。唯一のNAVYの展示機VP-40。
この日は公開時間からいきなりの土砂降り(スコール?)で車に30分缶詰状態で始まり、降ったり止んだりの1日でした。
撮影時間19:37。私は沖縄特有の日が落ちてからのアンニュィな空模様?光線状態が好きなのですが思ったように撮影できません。
そういえばこの年のカデナ・カーニバルは300ミリ以上のレンズは持ち込み禁止でレンズも一本のみでしたが、当日のチェックは普段と変わりなかったです。

Burnett 2021/07/14(Wed) 20:20 No.3609
あの年の6, 7月- #4
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
VX-8(JB)のNC-54RはVXN-8となった1969年3月18日(火曜日)にR/W-19の上りを撮っています。

ところが、高校からの下校時に南の角まで駆け足で来たところでJB-396が上がって来てしまい
送りショットで何とか撮れたものの、背景に太陽が入った酷いショットになってしまいました。

JB-396との出会いは此の一度だけで、悔いの残るものとなっていますが、
MACH3さんはシッカリとL/Dを押さえて居り、流石ですね!

天気は良くなく撮影環境は決して良いとは言えませんでしたが、
CVW-8(AJ)機のフライ・インでのアノ”高揚感”はもう一生味わうことは無いでしょうね。

入港や訓練時の酷い天気より何より、一番欲しかったのは”時間とお金”。
学生の分際では、如何ともし難い事で、先輩マニアを羨望の眼差しで見詰める自分が其処に居ました。

>Burnettさん
飲み物持ち込み禁止,車での入場不可,{TOPGUN」,「WINGS」,F-14人気、女性の進出等による人手の増加。
Burnettさんの丁寧な解説で一般公開とエンドの人種変化が何故起きたか納得できました。

これは「時代の趨勢」と捉えるのが妥当なようで、
日本も欧米各国がそうであるように全て「金」が絡んだ「商業主義的一般公開」へと移行する気がします。

「商業主義的一般公開」が現実のものとなった時、初めて「マニア」と「一般見物人」との
住み分が始まり、「真正マニア」が勃興して来るのではないでしょうか?

嘉手納で展示されたVP-40のオライオン。。。
300o以上持ち込み禁止+レンズ1本のみですか。その根拠は何? 説明責任なしなので、質が悪い!

此の時期は最悪のグレイ塗装でしたが現在のP-8になってからT/Cやマーキングも徐々に復活し
ひと頃の”暗黒時代”から脱して来ているのは良い傾向ですね。

本日の「日付ネタ」は1975年7月15日(火曜日)厚木R/W-19に着陸するHSL-31のHH-2D/149028,TD-45.

沿岸調査船T-AGS-29,USNS Chauvenet所属のシースプライトでDET-A。

ショーヴェネ号は後に海政管理局(MARAD)に引き継がれ「テキサス・クリッパーII」に改称され
国防総省、ミサイル防衛局運用の為MARADが所有していました。

M.WADA 2021/07/15(Thu) 11:16 No.3610
あの年の6, 7月- #4
此方はHAMANOさんが1980年7月15日(火曜日)嘉手納で撮影したVMFA-333のF-4S(J)/153779,DN-110.

M.WADA 2021/07/15(Thu) 11:20 No.3611
あの年の6, 7月- #4
同じくVMFA-232”Red Devils”のF-4S(J)/155786,WT-00,CO機。

翼下にMark-82,500Lbx6発を懸架して訓練に向かう、如何にもKADENAらしいシーン。

M.WADA 2021/07/15(Thu) 11:21 No.3612
あの年の6, 7月- #4
此方のショットが其のメンターです。日にちが1月ですがご容赦下さい。

M.WADA 2021/07/16(Fri) 11:36 No.3614
あの年の6, 7月- #4
「日付ネタ」に戻って、1975年7月16日(水曜日)グアムのNAS AGANAに向け厚木R/W-19を離陸するPM-96.

PM-96は前日15日の9時40分L/Dしたのですが撮り逃がしており,高い離陸でしたが撮影出来て,先ずは一安心。
マニアは常連6人がエンドに来ていましたが外来機はRC-11/SZ-127/RZ-606/RV-579とP-3を除くと輸送機ばかりでした。

M.WADA 2021/07/16(Fri) 11:37 No.3615
あの年の6, 7月- #4
此方はマサチューセッツ州 Westover AFBでRON McNIELさんが撮影したVMA-211のA-4M/160034,CF-24.
素晴らしいA-4スカイホークの静止ショットですね。

パイロットネームはCAPT M.S.BERMENSOLD.

又、この160034号機はCF-20→WE-1→CF-12→ME-10と移動を繰り返した後の1992年10月28日、
アリゾナ州MCAS YUMAで行われたエアショーで演技を披露中に墜落し機体は失われてしまいました。

M.WADA 2021/07/16(Fri) 11:40 No.3616
あの年の6, 7月- #4
「訂正」
本日、最初に投稿したT-28Bの写真(No-3613)に入れて置くべきデータが入っていなかった為、
No-3613を削除し新たに記入済み写真と共に再投稿致しました。

由って、投稿順が乱れ、最初の投稿分が最後の項に入る変則的なものとなったことをお詫びします。

本日、最初のショットはは1974年7月、DON LOGANさんが
テキサス州Sheppard AFBで撮影したVT-3"Red Knights"のT-28B Trojan,/137718,2W-307.
パイロットネームはLT MIKE GARRICK.

こういった機種は日本には来ないので馴染みは無いのですが
NAVYの単発レシプロ機は魅力的で塗装も紅白と派手ですが”VT"部隊ではどうにもなりません。

当時の厚木で似たタイプの機種としては「Atsugi Flying Club」のメンターぐらいでした。

M.WADA 2021/07/16(Fri) 14:08 No.3617
Re: あの年の6, 7月- #4
みなさん、こんばんわ。

>M.WADAさん
「商業主義的一般公開」
確かにバブル時期は数社の大手メーカーさんがスポンサーについたり、芸能人の”1日司令官”や芸能人による”実況?ナレーター?”なども出現しました。そんな状況下「真正マニア」もおこぼれを頂いたのが「グッズ類」年々部隊もブースを増やしていき近年ではヒートアップしており、私もその中の一人です(笑)

嘉手納での持ち込みレンズの件は理由はわかりませんが、当時の普天間公開日はもっと厳しかったようです。
ですがカデナ・カーニバルの場合、本土の公開日と比べもにならないほど人手が少なくズームレンズ1本で間に合いました(笑)けど、マニアであればやはりカメラバッグにレンズは揃えておきたいですよね。

Atsugi Flying Clubでメンターを使用していたとは知りませんでした。
私だったらレンズも向けないでしょうね(笑)


今日はM.WADAさんのTバード繋がりで2008年7月4日、厚木盆踊りでのT-6/SNJ
厚木ゲートガードの1機でこの頃はVAW-115塗装でした。
盆踊りでも近年では遠方から訪れ、行列ができたりします。たかが盆踊りされど盆踊り・・・・

Burnett 2021/07/16(Fri) 19:51 No.3618
あの年の6, 7月- #4
皆さん、こんばんは。

>Burnettさん
嘉手納、普天間では対応が違っていたということは、各基地の裁量幅が多めにあるようなので、
マニアとしては「どこまでがOKなのか」を事前に把握したいところですが、
そこいら辺はどうだったんでしょうか?

昔と違い、近年の公開は「ショーアップ」して観客の購買欲を刺激するやり方が定着し
飛行展示用DEMOチーム迄編成していると知って驚きました。

そうなると、アクロバティックな飛行も演技に入ってくるでしょうから、
普段、エンドで撮っているマニアにすると公開に行かない選択肢は取り難く
それこそが主催者側の思うつぼとなり、現代のマニアさん達が可哀想に見えてきました。

その昔、公開の当日、エンドに行って場内を確認して基地正門に向かおうとしたとき、
座り込んで外来機待ちをしている先輩マニアさんに「ワダさんまで中に撮りに行くとはね〜」、
そんなに「さあ撮れ!ヒコーキ」がいいのかよーッ、と蔑まれてしまいました。

そんな時代でもあった、アノ時の一言がいまだに忘れられずに耳に残っています。
其のメガネの先輩マニアさんは今でも時折エンドに顔を見せているそうです。

T-6/SNJがゲートガード機となっているんですね。
下総辺りから持って来たんでしょうかね? 気になる存在です。

厚木で夜間ショットが撮れるのは「盆踊り」ぐらいしかないので
撮りたかったら行くしかないですが、今年はコロナ禍で中止かな?

本日の「日付ネタ」は1972年7月17日(月曜日)厚木R/W-19へ着陸する61空のR4D-6/9022.

此の日はNP-406がT/F ,YV-03とUE-20がL/D,そして空母タイコンデロガのC-1AがL/Dし
マニア7人と共に撮影しました。

M.WADA 2021/07/17(Sat) 15:58 No.3619
あの年の6, 7月- #4
1984年7月17日(火曜日)1回ゴーアラウンドした後にL/Dして来たH&MS-12,WA-00をマニア9人と撮影。
WA-00は19時丁度に岩国へ戻っています。

M.WADA 2021/07/17(Sat) 16:02 No.3620
あの年の6, 7月- #4
最後は,MICK.D.ROTHさんが1974年7月にMASDCで撮影したVT-86”SabreHawks”のA-4C/149537,4B-139.

この4B-139号機は6月4日にMASDC入りして居り、MICKさんは保管直後にMASDCを訪れ撮影したようで、
機体は保存処理がされていなかったので、本来の姿を撮る事が出来たようです。

A-4C/149537号機は1978年5月29日、A-4SUに改造されてSingapore AFへ売却され
#970のMdxで運用されました。

M.WADA 2021/07/17(Sat) 16:03 No.3621
Re: あの年の6, 7月- #4
皆さん、こんばんは!

>MACH3さん
私も今週の「H-1御一行様」は見送り三振でした(正確に言うと打席にも立っていないです・笑)平日は手も足も出ません。。 PROJECT MAGNETの解説、興味深く拝見しました、不勉強な私は赤いRP-3Dしかイメージありませんでした。。

>Burnettさん
公開日のエトセトラは私も同感です。 いっそRIATのように有料化して上限人数で「売り切れ」にして欲しいと思いますが、日本では主催者が米軍や自衛隊自身なので無理でしょうね。。 グッズ争奪戦も大変なものですが、2011年の横田公開日、LNのF-15Eのブース(と言ってもテーブルが置いてあるだけ)では券売所かのようにキチッと列が出来て、実に日本人的(良い意味で)、クルーも感心していました。

>M.WADAさん
PR-01は思わずPC画面に向かって声を上げてしまいました! 歴史的ショットだと思います! 運も味方したとのことですが、露出が厳しかったはずで私なら興奮のあまりブラした可能性大です(苦笑) WP F-4D '79の横田は私の公開日デビューの時です、懐かしい! そうでした、未だ直接基地内に車で入れた頃でした。。 2mの造園用脚立とは!今や米国本土のエアショーは脚立はもちろん、リュックサックやカメラバッグすらダメと言われて追い返されるので、カメラは首からぶら下げ、小物類はレジ袋に入れて入場していました。(そのくせデッキチェアはOK)

今日の一枚は1996年7月17日(水曜)の朝、離日のTRANS-PACへと最後の離陸@RWY19のVA-115です。 会社出勤前に上がってくれと祈りつつ、ソワソワしながらクリアランスを待った思い出です(笑)

FKEN 2021/07/17(Sat) 22:59 No.3622
あの年の6, 7月- #4
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
PR-01のショットを気に入って下さり、ありがとうございます。
此の時はモータードライブを導入して「油」が載り始めた時期でした。

「モードラ」導入以前は当然手動でフィルムを巻き上げ撮影していたので
複数枚撮ろうとすると、最初の1枚が早くシャッターを押し過ぎ、真横を撮影後、
送りショットが遅過ぎとなる傾向があり、
結局、真横の1コマだけが何とか見られる程度の技量しか自分には持ち合わせていませんでした。

その「フィルム巻き上げ作業」をカバーしてくれたのが「モータードライブ」の出現です。

「モータードライブ」導入以降、「ピント」、「水平」、「流し撮り」、
そして「撮り始め〜終わり」だけに神経を集中することが出来、
「航空機写真」撮影の負担度が少なくなり、自分にとっては”革命的”出来事でした。

それが今では「ピント」も「手振れ」も無しの「全自動カメラ+レンズ」ですし、
撮影データをイチイチ手帳に書く手間も無しと、至れり尽くせりですからね〜。
「傑作」が撮れてトーゼンの筈ですよね〜?

米国本土のエアーショーの話には驚きました。こんなところも米国は日本より進んでいるんですね。
何年か先には米国を真似て同じような事に日本もなるかも?

VA-115のA-6が日本を去ったのは1996年7月17日でしたか。

最初にVA-115のA-6が厚木に飛来したのは1973年9月27日(木曜日)12時15分、
厚木R/W-19に降りて来たVA-115”ARABS"のA-6A/155715,NF-507号機でした。

つまり、VA-115のA-6は23年間も厚木に居たんですね。

自分は最初のA-6を撮り、FKENさんは最後のA-6を撮られた訳で、
その二人が此のCTBBSで繋がっていて、何か「縁」のようなものを感じてしまいました。

本日の「日付ネタ」は1984年7月18日(水曜日)16時49分,横田アプローチにコンタクトして来たのは、
VMA(AW)-242のA-6E TRAM/155665、DT-9でした。 

此の日は曇り〜晴れが小刻みに変化する生憎の天気で”BAT-17”がエアバンに入る4分前に
R/Wが01から19へ変わり、全員大急ぎで19エンド目指して移動開始。

17時10分のL/Dにギリギリ間に合ったのですが、不運にもL/D時に曇ってしまいガックリでした。
そんな同じ体験をした常連マニアは14人。

M.WADA 2021/07/18(Sun) 15:28 No.3623
あの年の6, 7月- #4
此方はHAMANOさんが1980年7月に嘉手納で撮影したVA-115"EAGLES"のA-6E/161091,NF-501.
パイロットネームはVA-115のCO, CDR J.B.FAVARO.

M.WADA 2021/07/18(Sun) 15:32 No.3624
あの年の6, 7月- #4
最後もHAMANOさんが1982年7月8日(木曜日)NAF KADENAで撮影したVA-115のKA-6D/151818,NF-517.

NF-517は厚木を12時35分T/Oし嘉手納に降りたもので、こちらのショットは厚木に戻る時の
ショットのようですね。

M.WADA 2021/07/18(Sun) 15:34 No.3625
Re: あの年の6, 7月- #4
みなさん、こんばんわ。
先日のMLBのオールスター戦。選手観客共々マスク姿が見えませんでしたね。
そんな中オシアナのエアショウが開催されるようです。
https://www.oceanaairshow.com


>M.WADAさん
当時の嘉手納、普天間「どこまでがOKなのか」
私はいつも”行き当たりばったり”で、あとはネットが頼りでした。荷物検査は日本人のセキュリティに当たると細かくて厄介でわざとアバウトな米軍さんの方を選びます。けど今思い出せば2011年5月にビン・ラーディンの死、オスプレイの配備と何かと話題に欠かせない状況下だったかと。故にNo.3599の接岸中を撮影しいたのは私一人だけで場所を変え撮影中にお巡りさん(パトカー)に囲まれ「米軍さん今ピリピリしてるから気をつけて」と注意して去って行くほどでした。

「さあ撮れ!ヒコーキ」
なんとも耳が痛いキーワードですね。けど、人それぞれですよね(笑)
私の場合はグッズも集めているし、本職の方のフライトジャケットを探して撮影したり、間近に機体が拝める。またプラモデルの資料探しと欠かせないイベントです。それと私は上瀬谷近くで育ち幼少の頃、親に連れられて行った真っ暗な瀬谷のはずれで煌々と照らすオレンジ色の照明で開催される盆踊り。芝の香り、量の多い缶コーラ、パンの美味しいハンバーガーと異国文化を刷り込まれました。三軍記念日は文化、飛行機、人達を身近に接触できる場かな?と。

T-6/SNJの経緯は失念しました。すみません。今年の盆踊りはどうなんでしょう?


今日も嘉手納。98年7月3日。
この頃は”VE”ではなく”BM”だったVMFA-115。BM01/163175

Burnett 2021/07/18(Sun) 21:26 No.3626
Re: あの年の6, 7月- #4
>FKENさん
私は自衛隊に興味がないので自衛隊ブースには近かないのですが、初めて行った新田原で目撃したのは自衛隊ファンはグッズに購入時に行儀よく並ぶんですね。びっくりしました米軍ブースと違くて。私達(達?)の場合ブースを四方八方から囲み手を出し、我先にと購入(笑)そういえば80年代の公開日の正門前も並んでいなかったですよね。今思えば暴動のように正門前を占拠していたみたいに(笑)LN(492&494TFS)のクルー、三沢にも展示して横田での反省(反響?)か大量にグッズを持ち込んでいましたよ。


趣旨から外れますが2011年9月4日の三沢での商売する494TFSクルー

Burnett 2021/07/18(Sun) 21:37 No.3627
あの年の6, 7月- #4
皆さん、こんばんは。

>Burnettさん
え〜ッ、空母を撮影しているだけでお巡りさんに囲まれた!?

撮影の最中や移動中に職質され何度外来機を逃したことか。。

こういう話題を聞くとアノ時の悪夢が瞬時に蘇りイヤーな気分になります。

その最たるものが、「鉤裂きの白鼻ノーズ」でニッピ入りした2機のWDのF-4Jでした。
仕方なく、ニッピ裏に直行して撮影しようとすると、丁度2機とも死角で撮影不可!

1機はWD-00でしたので、未だにその悔しさは失せていません。

「人それぞれ」、そう、その通りで、自分は話し易い人間だったのでしょうね。

生まれて此の方「米国文明」を骨の髄まで叩き込まれた「筋金入り」のマニアですから、
死ぬまで完治は無理で、このまま行くしかありません。

幼児の頃から上瀬谷で過ごされたBurnettさんはなら尚更「完治不能」間違え無し!
コロナが治まりオリンピックが終わり、OHという良薬で甘い汁が吸えることを祈ります。

今日は家事多忙で時間が取れず、こんなに遅くなってしまいましたが本日の「日付ネタ」は、
1972年7月19日(水曜日)ニッピから出てテストフライトを2度も行ったVA-164のA-4F/155017,NP-406を、
仲間13人と撮影。

その2度目のT/Fに向け「お墓」前の誘導路DWをタキシングするNP-406ですが、
ご覧のように陽炎メラメラ+NP-406の出すジェットブラストが強い南風で押し戻され
機体全体を覆ってしまい酷いショットになってしまいました。

此の事を常連マニアは十分理解して居り、以上の条件が重なった夏場のDWショットは
余程の外来機以外はパスしていたことがNP-406のショットで納得して頂けた事と思います。

A-4F/155017号機はVA-164以後、VMA-223(1973)→VC-7(1975)→VF-126(1989)と
各部隊を移動していました。

M.WADA 2021/07/19(Mon) 20:37 No.3628
あの年の6, 7月- #4
此方は1978年7月19日(水曜日)10時16分、前日横須賀を出港した空母ミッドウェイを目指し、
厚木R/W-19を離陸するVMAQ-2”Playboys”のEA-6A/151598,CY-622.

此の日は8時15分から23時50分にかけて26機のCVW-5機がフライオフ。
因みに151598号機は1993年7月6日にAMARC入りしています。

M.WADA 2021/07/19(Mon) 20:41 No.3629
あの年の6, 7月- #4
本日最後はHUGH R.MUIRさんがコロラド州BUCKLEY ANG Baseで撮影した
VMA-134"SMOKE"のA-4C/147821,MF-00,CO機。パイロットネームはLT/COL K.H.WILCOX"THE BOSS".

A-4C/147821号機は1978年5月29日、A-4SUに改造されRepublic of Singapore AFに売却されました。

本日、飛行場仲間のH.Yさんが治療の為に再入院されたことを知りました。
彼は治療中も此のCTBBSを閲覧しているとの事。

今、自分が彼に出来ることは、このCTBBSを続け治療の合間の息抜きに使ってもらう事ぐらいです。
H.Yさん、皆があなたの回復を願っていることを忘れないでください。

自分も貴方が観ていることを意識し精一杯頑張って投稿していきますからね。

M.WADA 2021/07/19(Mon) 20:44 No.3630
あの年の6, 7月- #3

おはようございます。
梅雨が明けそうですね、今年は短いのかな?
若い頃と違い暑いのは苦手になりました、歳はとりたくないけどこればかりは平等ですからね。

>M.WADAさん
#3584のWTを撮ったとき、時間や天候が・・と思いますよね。
まあ、軍用機はここが面白いところだと思っています。

>FKENさん
F-14のお別れ、有休休暇を取りましたか。
この頃は土日か祝祭日にしかエンドには行ってないのでF-14、特にVF-21はあまり撮っていないのが残念です。

さて、FKENさんが想像しているように、シャングリラのFly-inは1人でウハウハでした。
そうです、間に合った全機D1を転がりました。

オーバヘッド、ブレイク後に続けて降りてくるので、こんな感じのショットが撮れました。
が、続く機体は前のジェットブレストでモヤモヤでした。

MACH3 2021/07/11(Sun) 06:10 No.3590 [返信]
Re: あの年の6, 7月- #3
VA-152のA-4Eの黄色タンクは綺麗だったけど、訓練飛行中は外していたのが残念でした。

MACH3 2021/07/11(Sun) 06:14 No.3591
あの年の6, 7月- #3
皆さん、こんにちは。

>FKENさん
我々の世代、VF-154”BLACK KNIGHTS"と言えばF-4B/Jファントムですが、
FKENさんは当然F-14トムキャット。

自分自身はと言えば、F-4はカスッた程度、F-14に至っては「ゼロ」と
好きな部隊とは裏腹に撮影のチャンスは殆んど巡って来ませんでした。

そのF-14をFKENさんは有給休暇を取りまくっても撮影出来た事は、有意義だったと思います。
これからも、話の節々でFKENさんのF-14コレクションをアップして頂ければ幸せです。

84年時に高1でしたか、自分は30代で花屋稼業で忙しくしていた為、
目と鼻の先なのにF-14は一度も撮れずに終わっています。

又、バンドと部活もし、飛行機もやってとは多才ですね。

自分は楽器は出来ませんが音楽を聴くのは大好きで
花屋の店内放送は一日中自分が編集した「お気に入り」の楽曲を流しながら仕事をしていました。

>MACH3さん
「まあ、ここが軍用機の面白いところ」と言えるMACH3さんは、やはり「只者」ではありませんね。

自分は、そこまで達観出来ませんでしたので、相当もがき苦しみ回りましたし、
ツキの無さを恨みぬく度量の小さいマニアのまま来てしまいました。

CVW-8機のフライ・イン時の映像は不思議とメディアやIN等に登場していませんね。

R/W-01側のマニアの数に関しては「AJパニック」状態に陥っており確認出来て居りませんが
相当数が居たことだけは覚えています。

今回の話題で、その日のショットが拝めて嬉しかったです。
また、その時の話題やショットをアップして頂ければ、更に嬉しさ倍増です。


本日の「日付ネタ」は1979年7月11日(水曜日)気温27℃、12時25分,T/Gを1回実施後,
12時35分、厚木R/W-01へL/Dして来た"WAKE-12".

此の日は曇り→雨→晴れ→曇りを繰り返す天気で、撮影時の露光には相当神経を使った日でした。

M.WADA 2021/07/11(Sun) 11:33 No.3592
あの年の6, 7月- #3
此方はHAMANOさんが1978年7月、嘉手納R/W-05Rで撮影した90thTFSのF-4E/68-0310.

M.WADA 2021/07/11(Sun) 11:35 No.3593
あの年の6, 7月- #3
日付が少し遅くなりましたが、CLAUDIO MARANTAさんが1978年7月2日、イタリアのAVIANO ABで撮影した、
VA-83"RAMPAGERS"のA-7E/159302,AA-300,CAG機。

パイロットネームはCDR BUD LINEBERGER,CVW-17.

M.WADA 2021/07/11(Sun) 11:36 No.3594
Re: あの年の6, 7月- #3
みなさん、こんばんわ。


>MACH3さん
注射1本、1万円ですか〜保険も掛けなきゃ降りないし、年金だけでは・・・。
『老後2千万』はやはり必要なんですね。
とこでVA-152の黄色タンクは何本か存在したのですか?


>M.WADAさん
展示機でも目線を変えると思いがけない構図になりますね。No.3579は恐らく脚立かカメラバッグからの撮影だと思われますがF-4のイイ角度で見入ってしまいました。私は横着していつも同じ視点からの撮影で『逆光で撮影』なんて考えられません(笑)
「八百直」へ訪れたことがあるのですね。私が物心ついた時には銀行だったと思います。踏切脇に交番もあったかな?
ご存知かもしれませんが、この2年後の1958年の写真を見つけました。
「ふじや商店・八百直」の看板が代わっています。また隣に中華屋かな?
http://yamato-to.com/story/6394/

>FKENさん
VF-154の離日は情報が錯乱してヤキモキしましたね。挙句、塗装もだんだんと落としていくし・・・。
救いはFKENさんが撮影された約1ヶ月後、横田で展示されたことでしたね。



本日はまだ6月日付ですが2011年6月30日、沖縄へ向かう為に羽田を離陸したJA010から撮影した三浦半島の先端部。
丸く囲ったとこが「長井飛行場」跡地。終戦直前に完成した後、米軍に接収され回転翼機の飛行場として使用されたようですが、運用中の写真を見たことがありません。どなたかご存知ですか?

Burnett 2021/07/11(Sun) 20:50 No.3595
あの年の6, 7月- #3
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
No-3572/A-7E,NF-300とNo-3579/F-4D,WP-765は一般公開時のショットですが
Burnettさんがご指摘されましたように「画角」が違います。

この「画角」の違いを何方が指摘されるか、敢て伏せて投稿してみたのです。
その「画角」の差を見破ったのがBurnettさんだったのです。 流石、観る眼が高い!

何故、このような事をしたかと言うと、理由が3つあり
@公開時のショットは、制約上、遭撮影角度が限定され同じ角度のショットになってしまう。
A高い所から見下ろして撮影出来れば、逆光側でも機体上面には陽が当たり見苦しくない。
B機体前部に置かれている消火器、特に横田の消火器は大型で目障りで撮影に不適。

以上、大まかに挙げてみましたが、数百、数千のマニアと同じショットを撮る事の愚は、
何としても避けたい一心でした行為でした。

然し、言うは易し、行うは難しで「未知の画角」を創出する道程は険しく
「運」まで味方につける必要があったのです。

先ず、友人の自家用車「ISUZU 117 COUPE,XT」に造園用脚立(2m)を括り付けなければいけません。
新車から大事に車庫に入れ手入れして来た車を傷つけないように
車体に当たる部分に古毛布を敷いて保護し移送することにしました。

次なる難所は、最も手ごわい横田の入場チェック。

案の定、MPに車を端に移動するよう指示され、入念な持ち物、身体検査と、何故こんな大きな脚立を
基地内に持ち込もうとしたかを、厳しく詰問されましたが持参して来たUSAF機の写真を見せるなどして、
必死で説明し、必要最小限の使用と撮影終了後は速やかに基地外に出ることを条件に
何とか運よく入場を許可してもらうことに成功したのです。

確かに撮影場所までの行き帰りに大きな脚立を男二人がかりで運ばなければならず、
人目に付くこと必定で多くの視線に晒されましたし、パイロットにも「呆れ顔」で見られてしまいましたが
達成感は大いにあり、帰りの道中も疲れ知らずで帰ることが出来ました。

但し今の公開では先ず無理な行為なのではないでしょうかね?

「長井飛行場」、調べると米軍から返還後、現在は「ソレイユの丘」というレジャー施設となっているそうで、
自分は其の存在すら全く知りませんでした。

今でも飛行場に隣接した場所に米軍や空自の無線・通信施設が設けられているのは、
その名残なのでしょうが「精神注入棒」で尻を叩かれながら飛行場造成に駆り出された先人の苦労を思うと、
何ともやりきれない思いに駆られてしまいますね。

本日の「日付ネタ」は1973年7月12日(木曜日)厚木R/W-19へ着陸するVMA-211のA-4E/149658,CF-24です。
尚、149658は1976年〜1984年にはUE-10でしたので、厚木のマニアの方達にはお馴染みの機体。

M.WADA 2021/07/12(Mon) 10:09 No.3596
あの年の6, 7月- #3
此方はHAMANOさんが那覇で撮影したVP-1のP-3B/154604 ,YB-1.

ご覧のように当時彼らのホームベースだったハワイに因んで「レインボーカラーのイーグル」をあしらった
垂直尾翼が美しいオライオンでしたが、余りに大き過ぎた為か短期間でデザインが小さく変更となり、
イーグルの後方に丸い夕日のグラディエーションで表現したものとなりました。

肝心の「レインボーカラー」のストライプは尾翼前縁に小さく添えられたものになり興味は半減。
73年の「レインボー・イーグル」機は厚木に余り飛来しなかったと記憶していますが,皆さん,どうでしょうか?

M.WADA 2021/07/12(Mon) 10:14 No.3597
あの年の6, 7月- #3
これもHAMANOさんが1976年7月に嘉手納で撮影したNAF KADENA所属のUS-2C/133351.
この機体も厚木には飛来していないように思うのですが、定かではありません。

同機の運用時期も含め、皆さんが何かご存知な事が有りましたならお知らせください。

M.WADA 2021/07/12(Mon) 10:16 No.3598
Re: あの年の6, 7月- #3
みなさん、こんにちわ。
今日は休日になりました。

>M.WADAさん
やはり脚立でした〜(笑)しかも2m!6~7尺くらいかな?それを117クーペに(笑)
ある意味、脚立を括り付けた117クーペを見たかった(笑)
現在では確かに無理な話かと思います。荷物検査も厳しいし、身分証明書も提示しなけらばならない現状です。
せいぜい40cmくらいの折りたたみの踏み台くらいはよく見かけます。
しかし現在のオープンハウスの来場者数はメチャクチャで、脚立を持ち込めたとしても行動が制限され良くも悪くもですね。
牛浜駅、拝島駅、あるいは岩国、三沢の駅も入場規制するくらい来場者数はメチャクチャですよ。

VP-1のレインボーカラー、綺麗ですね〜
私が撮り始めてから数年後にはP-3はマーキングは落とされ、機番までもが無くなってしまい何処のSQか分からないP-3ばかりに・・・羨ましい限りです(涙)


今日は、前回の機上の撮影から翌日の7月1日。
何の情報もなく初めて行ったホワイトビーチ。偶然にも、なんと満載のUSS Essexが接岸中に遭遇!
喜びもつかの間、翌日の「カデナ・カーニバル」海兵隊機はED10とQD074だけの寂しさ・・・

Burnett 2021/07/13(Tue) 14:09 No.3599
あの年の6, 7月- #3
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」最初はHAMANOさんが伊丹で捉えたTF-9Jクーガーの映像です。

所属はH&MS-13,T/CはYU。部隊は1966年9月迄は岩国に居たので古いマニアの方達にはお馴染みだと思いますが
自分はYVのクーガーとは数度出会えましたがYUにはお目に掛かれませんでした。

M.WADA 2021/07/13(Tue) 14:50 No.3600
あの年の6, 7月- #3
次の話題は1969年7月13日(日曜日)午前、厚木R/W-19をVP-2のSP-2H/147948,YC-4が離陸。
当日はVAQ-130のEKA-3B/147655、NM-615と142659、NF-615もT/Oしています。

因みにVP-2はフィリピンのNAS Sangley Pointに派遣中でしたが、
この2か月後に部隊は解散したので、自分が撮ったVP-2のネプチューンの貴重なショットとなりました。

又、147948号機は多くの部隊を渡り歩いた機体で、以下にその概略を記載して置きます。
VP-13(Nov'63)→VP-28(Nov'63〜Nov'64)→VP-4(Nov'64〜Mar'65)→VP-42(Mar'65〜Jul'65)、
→NARF Alameda(Jul'65〜Sep'65)→VP-1(Sep'65〜Jan'66)→VP=2(Jan'66〜Sep'69),
→NARTU Alameda(Sep'69〜Sep'70)→NAS Willow Grove(Sep'70〜Nov'70)→VP-64(Nov'70〜Jun'73),
→VP-60(Jun'73〜Mar'74)→VP-92(Mar'74〜Jan'75)→VP-94(LZ-8;Jan'75〜Oct'75),
→MASDC(11 Oct'75)→運用不可の裁定を受け、別途利用扱い(29 May'78)→N-80232取得(5 Apr'89),
→アリゾナ州内で屋外保管(1993〜2008)→アリゾナ州Avera ValleyのMaricopa Aircraft Serviceに移り、
N-80232のレジで運用される。→アリゾナ州Tucsonで機体が確認されている。(31 July.2013).

これほど細かく来歴が把握された機体は珍しいのではないでしょうか?
何より、長年に亘り事故もなく無事に過ごせた147948号機は飛行機冥利に尽きますね。

M.WADA 2021/07/13(Tue) 14:54 No.3601
あの年の6, 7月- #3
こちらもHAMANOさんが1981年7月13日(月曜日)嘉手納で撮影したNAS AGANAのUC-12B/161309.

M.WADA 2021/07/13(Tue) 14:58 No.3602
あの年の6, 7月- #3
その尾翼に書かれていたのが此方の三角形のエンブレム。

オレンジがかった黄色の太陽とヤシの木が描かれ、三角形の頂点に「NAS」、
左下に「AGANA」、右下に「GUAM」そして底辺に「GATEWAY TO THE ORIENT」と書き込まれていました。

この161309の存在は知っていたのですが、なかなか厚木に飛来せず気を揉んでいましたが
1981年7月26日(日曜日)、やっと厚木に飛来してくれましたが、時間が不味かった。

東京コントロールにコンタクトして来たのが何と夜の20時11分、厚木L/Dは20時38分!
時間が時間なのでそのままステイと思いきや、何となんと1時間後に無情にもT/O!!

これ以後、自分の目の前に161309号機が姿を現すことはありませんでした。

M.WADA 2021/07/13(Tue) 15:01 No.3603
あの年の6, 7月- #3
皆さん、こんにちは。

>Burnettさん
隣にある中華屋は「大和屋」さんで踏切のすぐ横に建っていてお客さんが10人も入れば一杯になる
3坪程のお店でしたが、1杯50円の「支那そば」は絶品で忘れられません。

Burnettさんが予想した通り「6尺5寸の脚立」でした。

今風に言うと脚立高196p+自分の身長176p=撮影高度3m72pとなり、
F-4ファントムだとコックピットの高さ位ですから、丁度ウイングマンから見た視線の高さと同じです。

この高さからの眺めはパイロットは馴染んでいてもマニアからは非日常的眺めで新鮮に映ります。
それ故、此の3m72pの高さが必要だったんです。

身分証明書提示,入場規制,メチャクチャな来場者数等々,こんなにチェックが厳しいとは知りませんでした。

やはり,アメリカ同時多発テロ事件「911」が契機となっての事でしょうが、解せないのは其の「軍用機人気」、
こちらはデジカメの普及で手軽に飛行機写真を撮れるようになったからでしょうかね?

自分がエンドから去った理由の一つがBurnettさんご指摘の「ロービジ化ショック」がありました。

このロービジ化の速度は予想以上に速いテンポで進行したので,その分,自分のリタイアも早まったのは事実でした。
それと,暗室作業で視力が激減した身にはアノ塗装ではピントの合わせようもなく撮影意欲も萎えて行ったのです。

USS Essexの接岸作業ショット、良いですね!

自分は動いている空母を見たことが無いので、一度は体験したかったです。
搭載機は1機も嘉手納に飛来しなかったのですか?UH-1ぐらい来そうな感じがしますがね?

本日の「日付ネタ」は1976年7月14日(水曜日)6時50分,厚木R/W-19を離陸するVR-21のC-118B/131604,RZ-604.

131604号機は此の撮影から3か月後の10月26日、MASDC入り。
2001年始め、AMARCのスクラップ・ヤードに置かれているのが確認されています。

M.WADA 2021/07/14(Wed) 11:19 No.3604
あの年の6, 7月- #3
1977年7月14日(木曜日)9時26分,厚木R/W-01を離陸し岩国へと向かうCV-41付きCOD機のC-1A/146035,#-600.
此の日「梅雨明け」し、一日中晴れるものと思っていた朝でしたが。。

M.WADA 2021/07/14(Wed) 11:21 No.3605
あの年の6, 7月- #3
そしてBurnettさんからもリクエストがあったPR-01の”超低高度T/O”を、お約束通りアップ致します。

前項でご紹介したC-1Aの離陸時には綺麗に晴れ渡っていたのに、不運にも前線通過で北風から南風に変わり
あっと言う間に天気が崩れ曇天となった時出て来たのがPR-01でした。

然し、悪い事ばかりではなく、
此の前線通過に伴って吹き始めた南風がA-3離陸に「追い風」となって貢献する事となったのです。

これが管制官の考え一つでR/W-01から19へ離陸を変えられタキシー・バックさせられていたら
”超低高度T/O"は実現しなかったので、「運」が良かったとしか言えない出来事でした。

M.WADA 2021/07/14(Wed) 11:22 No.3606
あの年の6, 7月- #3
今回はもう1枚追加してみました。 どれほど低かったかお分かりの事と思います。
因みに、此の離陸の4分後、運用滑走路が01から19へと変わったので”紙一重”の差でセーフでした。

M.WADA 2021/07/14(Wed) 11:25 No.3607
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -