おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
あの年の11, 12月-2

M.WADAさんがCAMP FUJIで撮影されたCH-53Dと比べると突起物が増えたスーパースタリオン。
昨日の12月4日(土)も飛びましたのでエンドへ行ってきました。
2機でT&Gを3回の大サービスでしたが、冬の日没は早いため赤く染まっていました。

MACH3 2021/12/05(Sun) 06:38 No.4178 [返信]
Re: あの年の11, 12月-2
2回横から撮って、3回目は駐車場で撮影し帰宅。
せめて1時間早ければ・・

MACH3 2021/12/05(Sun) 06:40 No.4179
あの年の11, 12月-1

プラモ作成と病院通いでレスが遅れ申し訳ありません。
病気は完治の可能性が無いようなので、最後の望みは遺伝子の検査となりました。

>M.WADAさん
見たことのない写真をこの場で拝見できるのが楽しみです。
しかし、沢山撮られていますネ。

12月ネタに入ります。
1970年の12月クリスマス休暇で横須賀に入港した空母ハンコックから数機厚木に飛来、毎日よく飛びました。

F-8J 149221 VF-24 1970/12/19

MACH3 2021/12/01(Wed) 11:34 No.4162 [返信]
Re: あの年の11, 12月-1
プラモはモノグラムのF-8E(1/48)です。
しかし、時間をかけている割には、上手くできないなぁ!
綺麗に塗装できないなぁ! 
私の腕では、この辺が限界ですね。

MACH3 2021/12/01(Wed) 11:37 No.4163
あの年の11, 12月-1
皆さん、こんばんは。

昨夜の風雨から天気が回復した今日、13時45分にR/W-19からC-17が離陸。
続いて14時32分、P-8?が離陸して行くのが見えました。

>MACH3さん
遺伝子検査で適合薬が見つかると良いですね。
陰ながら応援しています。

1970年12月のCVW-21機のネガが行方不明のためスキャンできません。

その他にもNORTH ISLANDのUS-2AやタイコンデロガのE-1B等、
珍しい機体も多数が行方不明で困っています。

「WS-1」完成しましたね!
「上手く出来てない」? 
とんでもない! こんなに立派にできるMACH3さんが羨ましいですよ。


本日の「日付ネタ」。
1971年12月1日(水曜日)ニッピ南工場(通称,ヘリ工場)の南側に聳え立つケヤキの大木に攀じ登り、
6x7版で撮影した205空のYS-11M/9041.

この工場はKC-130Fも入れる大きな建物で,19へ向かう道すがらに必ず立ち寄る撮影ポイントでした。

M.WADA 2021/12/01(Wed) 16:54 No.4164
あの年の11, 12月-1
↑と同じ日の午後、ニッピからテストフライトしたVC-5のA-4E/152039.
尾翼全面チェッカーテール塗装機をカラーで撮るチャンスは少なく貴重な出会いでした。

M.WADA 2021/12/01(Wed) 16:56 No.4165
あの年の11, 12月-1
1982年12月1日(水曜日)15時25分、厚木R/W-19へ着陸するVQ-1のP-3A/150518,PR-44.
ロービジ塗装へ移行する時期の過渡期に施された塗装で、何か中途半端な塗装でした。

同機は其の後UP-3Aに改造され運用後、1990年6月6日にAMARC入り。

1994年6月24日、チリ海軍へ#401号機としてVina del Mar基地へ配属。
最後は#406号機として登録抹消となっています。

M.WADA 2021/12/01(Wed) 16:57 No.4166
あの年の11, 12月-1
同じく1982年12月1日、15時44分,R/W-19へL/DするVQ-1,DET-41のEA-3B/146459,PR-004.
右舷、主脚カバーが脱落しているのが確認できます。

さて、明日2日の投稿分が1枚なので、12月3日以降に投稿しようと考えて居ります。

M.WADA 2021/12/01(Wed) 16:59 No.4167
あの年の11, 12月-1
皆さん、こんにちは。

CMV-22の次はマリンコのMV-22,そしてAH-1ヤCH-53等のヘリが飛来しましたが、
飛行コースが読み難く撮影が大変ですが、此処が腕の見せ所。頑張ってください!

1977年12月2日(金曜日)15時8分、我々の頭上を通過し厚木R/W-01を横切り
西側ヘリパッドへL/DアプローチするYT-14.

前日、横須賀をCV-63が出港。
厚木からはNH-511/402/400/500/412/407の合計6機のCVW-11機がフライオフ。

残りはCV-63所属のCOD/C-1A#000が1機でしたので,
翌日,エンドのマニア達は「祭りの後の寂しさ」に包まれていました。

因みに、CH-46D/154798号機はCH-46Eに改造され運用後、
2006年11月14日、AMARC入り。11月29日には早くも運用不可とされました。

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:35 No.4168
あの年の11, 12月-1
1971年12月3日(金曜日)テストフライトから厚木R/W-19へ戻ってきたVQ-1のRA-3B/144831,#41。
此の日はマニア7人がエンドに来ていました。

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:37 No.4169
あの年の11, 12月-1
1975年12月3日(水曜日)御殿場口登山道沿いに設けられているヘリパッドから垂直上昇し
東富士演習場に向かうHMH-462のCH-53D/157130,YF-10.、"SWIFT-10".

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:39 No.4170
あの年の11, 12月-1
同じくYF-10が演習場から帰り、直接ヘリパッドへ着陸するところを
道路沿いのフェンスから50oで撮影。

大型のスタリオンから発生する風圧と飛び散る砂塵のため、
身体を飛ばされぬよう誘導員の背後に回り、必死にフェンスにしがみ付き撮影。

撮影後にカメラを見て観るとボディーには細かい傷が全面に亘って着き、
UV フィルターを付けていなかったレンズ表面は傷だらけで、高い撮影代となってしまい、
それ以来、CAMP FUJI では意識的に「接近撮影」を避けるように心掛けました。

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:42 No.4171
あの年の11, 12月-1
1979年12月3日(月曜日)国有地前の誘導路を離陸に向けタキシングするNAF ATSUGIのC-117D/50801.

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:45 No.4172
あの年の11, 12月-1
最後は1984年12月3日(月曜日)15時45分、ヘリパッドから演習場へ向かう"CUTTER-34".
此の日は仲間4人を車に同乗させCAMP FUJIへ来ていました。

因みに同機はAH-1Wに改造され運用後、1993年9月7日、用途廃止となっています。

M.WADA 2021/12/03(Fri) 13:47 No.4173
あの年の11, 12月-1
皆さん、こんにちは。

右下奥歯に膿が溜まり,強い痛みと共に右耳迄痛む腫れにより
血圧が200近くに跳ね上がり眠れません。

その為、明日以降の投稿は体調如何では少しお休みするかもしれません。

本日の「日付ネタ」。
1973年12月4日(火曜日)10時25分,ニッピ入りの為,厚木R/W-19へ着陸するWT-9を仲間7人と撮影。

同機はF-4Sにアップグレード後,VMFA-115(VE-105)等で運用後,
1983年バージニア州NAS NORFOLKで用廃となっています。

M.WADA 2021/12/04(Sat) 13:40 No.4174
あの年の11, 12月-1
WT-9と共に厚木を訪れたWT-11は午後になって単機、岩国へと戻って行きました。

同機もF-4Sにアップグレード後、再びVMFA-232へ戻りWT-10として運用。
1988年8月23日,AMARC入り。

M.WADA 2021/12/04(Sat) 13:42 No.4175
あの年の11, 12月-1
↑と同じ日の正午近くに降りて来たVC-5のUS-2C/133347,UE-22.

同機は1954年、S-2A/VS-38機を皮切りに各VSを経てVC-5/UE-3となり、
1976年5月AMARC入り。1986年10月、廃物処理され終わっています。

M.WADA 2021/12/04(Sat) 13:44 No.4176
あの年の11, 12月-1
1975年12月4日(木曜日)15時7分、厚木R/W-19を離陸するVC-5のTA-4J/155115,UE-01,CO機。
此の時のCOはCDR L. COSSAIRT.

同機は1994年5月24日、AMARC入り。その後、XB-0003の登録番号でUS ARMYで運用。
2003年3月15日、アリゾナ州 WILLIAM GATEWAY APで用途廃止となっています。

M.WADA 2021/12/04(Sat) 13:46 No.4177
あの年の10, 11月-3

おはようございます、少しサボってしまい申し訳ございません。

>M.WADAさん
#4106は恐らく横で私も撮っていたと思います。
しかし、マウントには撮影日付がスタンプしていいなかったので困っていました。
11月13日とデータをUPDATEしておきます。

MACH3 2021/11/20(Sat) 05:08 No.4129 [返信]
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

今日、10時54分にFA-18が1機R/W-01へL/D. 13時37分にR/W-19からT/Oしています。
01のROUTE-4上りの方が良かったのに19。然もかなり高かったようで音しか聞こえませんでした。

>MACH3さん
NM-400の撮影日が判って良かったですね。
自分も学生時代はデータが不完全で今になって苦戦しています。

それでも、こうしてノートに取る「癖」を叩き込んでくれたのが中島道弘さん。
自分のヒコーキ写真の師匠であり親友だった彼に感謝です。

さて、3日間のお休みを頂いて投稿準備を終日行いましたがデータの整理までで終わってしまいました。
40〜50年前の写真の正確なデータの確定は自分が思っていた以上に手強く時間のみが過ぎて行き疲れました。

では,本日の「日付ネタ」遅れ分をスタート。

1974年11月20日(水曜日)13時15分、厚木R/W-19へ降りるQD-684を仲間9人と撮影。
Mdxの右横の風防ガラス内にマリンコのプラカードが掲げられていました。

因みにKC-130F/150684号機は1988年1月ノースカロライナ州、MCAS CHERRY POINTのVMGRT-253(GR)へ移動。
1992年10月に退役しています。

M.WADA 2021/11/23(Tue) 16:15 No.4132
あの年の10, 11月-3
1977年11月21日(月曜日)気温7℃、7時42分、UE-04/05と共に岩国へ厚木R/W-19を離陸するUE-02.
後席のパイロットがカメラを構えて写真を撮っているのが確認できます。

TA-4J/155117号機は1992年9月30日、NASC FSO,MASDC入りしています。

M.WADA 2021/11/23(Tue) 16:16 No.4133
あの年の10, 11月-3
1974年11月22日(金曜日)フィリピン、CLARK ABから厚木へ飛来した776TASのC-130E/63-7877,DL.

M.WADA 2021/11/23(Tue) 16:17 No.4134
あの年の10, 11月-3
此方が本日の「日付ネタ」です。
1984年11月23日(金曜日)15時44分,厚木R/W-19へ着陸するUSS TARAWA搭載,VMA-513のAV-8C/159240,WF-54.
C/Sは”MAGIC-08”でした。

M.WADA 2021/11/23(Tue) 16:18 No.4135
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

昨日はCMV-22BがR/W-19へGCAを使用してL/Dしたとの事。
最高の撮影条件下で撮れたそうで良かったですね。

今日はハーキュリーズやP-1が離陸して行きましたが、収穫は如何に?

本日の「日付ネタ」
1976年11月24日(水曜日)10時30分、71空のUS-1,"IVORY-72"が厚木R/W-01へL/D.
同機は1時間ほどで岩国へ向け帰って行きました。エンドに来たマニアは4人。

M.WADA 2021/11/24(Wed) 15:03 No.4136
あの年の10, 11月-3
1979年11月24日(土曜日)空自、入間基地で開催された第6回、国際航空宇宙ショーに
展示されたVMA-211のA-4M/160027,CF-22を持参した大型の脚立の上から撮影。

M.WADA 2021/11/24(Wed) 15:05 No.4137
あの年の10, 11月-3
同じく展示されたVMA(AW)-332のA-6E/152641,EA-363.

このショーは11月17日から25日までの9日間開催されましたが晴れたのは11月20日(火曜日)の1日だけ。
毎日、天気予報を見て晴れる日に行こうと思っていましたが、ついに我慢できず曇天の日に撮影。

来場者も悪天候で26万8400人と惨憺たる結果となり、大赤字で終了となり、
これが入間で行われた最後の国際航空ショーとなってしまいました。

M.WADA 2021/11/24(Wed) 15:06 No.4138
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

昨日もCMV-22Bが撮れたそうで、機数は少ないですが内容は濃いですね。

本日の「日付ネタ」
1972年11月25日(土曜日)厚木R/W-01を離陸するVAQ-130,DET-2のEKA-3B/142249,NF-613.
これが自分の撮った最後のNF/EKA-3Bとなり、彼らにとっても最後のCVW-5のクルーズとなりました。

もっと多くのNF/EKA-3Bのショットを撮りたかったのですが、
最後の頃は厚木で撮影出来たチャンスは極僅かしかなく,残念な想いは今も消えません。

M.WADA 2021/11/25(Thu) 14:27 No.4139
あの年の10, 11月-3
1975年11月25日(火曜日)10時13分、厚木R/W-01を離陸し右に大きく舵を切り上昇後、
レフトターンし北へと向かうPR-03.

撮影場所は現在「リカーランド トップ」がある場所で、当時は草むらの空き地でした。
此の離陸方式は短期間で終了し何回かの試行錯誤の末、現在の飛行ルートに落ち着いています。

PR-03離陸後の11時27分、PR-07も離陸して来ましたが途中で離陸を中止し
制動ワイヤーにアレスティングフックをかけ緊急停止した為、撮影は出来ませんでした。

M.WADA 2021/11/25(Thu) 14:29 No.4140
あの年の10, 11月-3
↑と同じ日の15時13分、厚木R/W-19でT/Gを行うVP-48のP-3C/158221,SF-1.
同機は16時10分までT/Gを繰り返しL/D. 夜、三沢へ帰っています。

M.WADA 2021/11/25(Thu) 14:31 No.4141
あの年の10, 11月-3
1976年11月25日(木曜日)8時28分、厚木R/W-01上で離陸に向けてターンするPR-32.
後方に新旧2棟の管制塔が見えます。

お知らせです。

明日は胃の内視鏡検査の為、CTBBSはお休みさせて頂きます。
体調が戻り次第,再開する予定です

M.WADA 2021/11/25(Thu) 14:34 No.4142
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

連日VRM-30のCMV-22Vがフライトし,マニアの皆さんを喜ばせていて何よりです。
但し、昔は空母から艦載機が飛来したものでしたが、今は其れが無く寂しい限りですね。

本日の「日付ネタ」
今から54年前,明治100年だった1967年11月26日(日曜日)AEで離陸に向けてエンジン・ランナップ中のEC-121K

同機は「CHECKER TAIL 2」1963-1970,P-127に
DET-ECHOさんのT/OショットとハッチさんのT/Xショットと解説がが掲載されております。

特にハッチさんに杉の木へ登るように促されましたが、膨大な量の鋭い枯葉とササクレだった樹皮に阻まれ、
途中で木に登る事を断念せざるを得ませんでした。

そんな困難さをものともせずに木の最上段まで登りシッカリ撮影したハッチさんの姿を振り返り確認しつつ
フェンスまで駆け戻り撮ったのが此のショットです。

それ以来、ハッチさんは自分の最も尊敬する先輩となっています。

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:45 No.4143
あの年の10, 11月-3
1976年11月26日(月曜日)15時52分,CVA-41に向けフライ・オフするVA-56のA-7A/152675,NF-400, CAG機。
此の日フライオフしたCVW-5機は40機、マニアは65人が厚木を訪れていました。

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:49 No.4144
あの年の10, 11月-3
同じくフライオフするVFP-63,DET-3のRF-8G/146863,NF-602.パイロットネームはLT LARRY MORRIS.

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:50 No.4145
あの年の10, 11月-3
1975年11月27日(木曜日)8時38分、いつものミッションへと厚木R/W-01を飛び立つPR-03.

No-4140と同様、離陸後、大きく右旋回した機体と此方の撮影場所が上手くマッチすると
約180°の範囲で撮影可能でしたが、角度が深くなるに従い光線状態は悪くなって行きました。

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:52 No.4146
あの年の10, 11月-3
1976年11月27日(土曜日)9時6分、厚木R/W-01を離陸し普天間へと向かうSZ-242”GOOD VIBRATIONS".

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:54 No.4147
あの年の10, 11月-3
最後は1984年11月27日(火曜日)午前のミッションを終了しR/W-20へL/D後、ホバリングしながら
駐機場へと向かうHMM(C)-262”FLYING TIGERS"のAH-1T/160806,ET-31," CUTTER-31".

因みに、此の日、横田へFEWSGのNKC-135Aと3機のKA-3B(ND-630/635/636)が降り、
結果的には横田へ向かった方が良かったのかもしれませんが、後の祭りでした。

M.WADA 2021/11/27(Sat) 13:56 No.4148
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

今朝、8時51分、CMV-22B(2機?)が東へ離陸していくような音が聞こえましたが、
機影を確認出来なかったので間違えていたら御免なさいです。

昨日の15時18分と15時30分にR/W-01へL/Dした姿は確認しています。

此の時は一時的に大きな雲が出て陰っていましたが、着陸時には晴れていたので
マニアの方達はホッとしたのではないでしょうかね。

本日の「日付ネタ」
1976年11月28日(日曜日)14時37分,三沢に向け厚木R/W-19を離陸するVP-50のP-3C/158213,SG-3.

同機は1980年4月17日,NAS MOFFETT FIELDから派遣され米国領サモアのパゴパゴ湾での空中展示中、
路面電車のワイヤーにぶつかり地元のレインメーカー・ホテルのすぐ近くに墜落し乗員6名が死亡。

M.WADA 2021/11/28(Sun) 12:21 No.4149
あの年の10, 11月-3
1977年11月28日(月曜日)HONJOの横にあるRANGE-119での訓練を終え厚木R/W-01へ戻ってきたNH-400.
同機は1979年7月にVA-56のNF-402号機として厚木のCVW-5へ配属替えとなっています。

M.WADA 2021/11/28(Sun) 12:22 No.4150
あの年の10, 11月-3
同じくR-119の訓練から15時58分にR/W-01へ戻って来たNH-521.

M.WADA 2021/11/28(Sun) 12:23 No.4151
あの年の10, 11月-3
最後はHAMANOさんが1978年11月28日(火曜日)、嘉手納で撮影したVF-24のF-14A/159631,NG-212.
翼下にAIM-7 SPARROWミサイルが懸架されています。

M.WADA 2021/11/28(Sun) 12:25 No.4152
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

昨日は日没後の17時43分、R/W-01へGCA L/DするCMV-22Bを見ました。
あと1時間L/Dが早ければ撮影出来たのに残念でした。

残念と言えば、昨日、横田へVFA-2”BOUNTY HUNTERS"のFA-18F,NE-102が緊着したそうですが、
何で厚木が有るのに空軍基地に降りるのでしょうかね?

今日の厚木はP-1が降りたぐらいで、今のところ静かです。

本日の「日付ネタ」1974年11月29日(金曜日)13時45分、厚木R/W-01離陸に向け
ランウェイ・エンドに向かうPR-00. マニア6人がエンドに来ていました。

M.WADA 2021/11/29(Mon) 10:53 No.4153
あの年の10, 11月-3
同じ11月29日、14時20分、R/W-01へ着陸して来たSZ-835”LUCY".
同機は後にMCAS IWAKUNIへ配属替えを経て1993年3月13日、カリフォルニア州MCAS EL TOROの
海兵隊博物館で展示機となっています。

M.WADA 2021/11/29(Mon) 10:56 No.4154
あの年の10, 11月-3
最後はHAMANOさんが1979年11月29日(木曜日)嘉手納で撮影した27TFW(CC)のF-111D/68-0178.

同機は1992年6月24日、AMARC入り。
2011年3月15日、アリゾナ州TUCSONにあるHVF WEST社でスクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2021/11/29(Mon) 10:58 No.4155
あの年の10, 11月-3
皆さん、こんにちは。

横田のNE-102はovernightしたようですが、今日の上りは如何に。
厚木は今日も静かな朝のスタートでした。

本日の「日付ネタ」。
1974年11月30日(土曜日)厚木R/W-01を離陸するPR-00.。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:10 No.4156
あの年の10, 11月-3
1976年11月30日(火曜日)15時15分、三沢に向け厚木R/W-19を離陸するSG-1.
同機は2004年1月13日、AMARC入りし、23日に運用不可の裁定を受けています。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:12 No.4157
あの年の10, 11月-3
1977年11月30日(水曜日)いつものようにR-119での訓練を終え厚木R/W-01へL/DするNH-400,CAG機。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:14 No.4158
あの年の10, 11月-3
同じく15時にT/OしR-119での訓練から16時10分に戻って来たNH-500,CAG機。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:15 No.4159
あの年の10, 11月-3
1979年11月30日(金曜日)横田,国有地前にある駐機場に佇むNF-300,CAG機を厚木の仲間3人と撮影。
此の時期も厚木がR/Wクローズで連日のように日の出前から横田に車で来ていました。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:16 No.4160
あの年の10, 11月-3
JBのC-121同様、FEWSGのNKC-135Aも厚木では撮れない為、横田へ出向く事にしました。
車で自宅を5時37分に発ち、横田到着が7時。61.1kmの道程.

"NUCAR-01"は既に離陸の準備中でしたので、もし渋滞にハマって居たら撮り逃がすところでした。
8時24分,日本海上空の訓練空域に向け飛び立った"NUCAR-01"は12時42分,横田R/W-36へ帰って来ました。

M.WADA 2021/11/30(Tue) 11:19 No.4161
あの年の10, 11月- 2

おはようございます。

>まさやんさん
WSの塗装の解明ありがとうございました。
あかつかさんからも資料を頂き、作業を先に進める事となりました。

>M.WADAさん
迷彩のRA-3Bは下面を撮りたいと思いつつ願が叶いませんでした。

1968年10月25日にグアム付近で熱帯低気圧「JUDY」を観察中に主翼右側の燃料タンクと3フィート主翼先端を吹き飛ばされたWC-121Nが修理のために11月10日に飛来しました。
台風の中に突っ込むベテランパイロットのバランスを崩しながらの見事な着陸でした。

MACH3 2021/11/07(Sun) 04:48 No.4086 [返信]
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
海軍機としては異色の迷彩塗装を施したRA-3Bは、もっと撮りたかったのですが
不思議と悪天候下の撮影が多く満足のいくショットが撮れませんでした。

又、迷彩塗装からガルグレイになってからもRA-3Bは厚木飛来の回数が少なく
最後まで希少価値の高い存在だったのがRA-3Bでしたね。

TE-2が降りた1968年11月10日は強い南風が吹き、その風に煽られ着陸寸前にバランスを崩しましたが
機長の見事な操縦で姿勢を立て直しL/Dしたのを今でもよく覚えています。

しかし、その後、TE-2はいつ頃、何処へ飛び立ったのか定かでありませんが
MACH3さんはご存知でしょうか?


本日の「日付ネタ」。
1973年11月7日(水曜日)厚木基地南端のエンジンテスト場でチェックを受けるNF-100.
同機はCVW-5機、厚木初フライイン時には加わって居らず飛来しませんでした。

NF-100が厚木へ初L/DしたのはCVW-5機が母港化後初のクルーズから厚木へ戻った際のフライイン時で、
10月29日(月曜日)11時14分,R/W-01への降りでした。

ところがNF-100は機体の調子が悪く、1973年度中は11月12日と23日、そして12月29日の3回を
エンジンテストに費やしただけでフライトは出来ずに終わりました。

その為、マニアがNF-100を撮影出来るチャンスはエンテスしか選択の余地は無く
離着陸ショットが撮るには年が明けた1974年1月2日(木曜日)まで待たなければなりませんでした。

その初フライトを撮る事が出来たのは常連マニアの2人だけ。

それにしてもエンテス場手前に生えているススキや萱などの雑草類には閉口しました。

1971年7月1日にNAS からNAFへ厚木が名称変更されたのに伴い,基地の維持管理が米軍から海自に移り
あんなに綺麗に整備されていた基地が見るも無残な状態に打ち置かれ
日本側のずさんな対応が浮き彫りとなった事象でした。

そんなNF-100ではありましたが、そもそも、エンジンテスト場に牽引されてくるCVW-5機自体稀な中、
NF-100だけは4回もエンテス場に曳き出され、それも天気は全て晴れというのも珍しい事でした。

M.WADA 2021/11/07(Sun) 13:33 No.4087
あの年の10, 11月- 2
↑と同じ日の10時17分、厚木R/W-01へL/Dして来たNF-400.
此の日CVW-5機12機がフライトを実施。マニア19人がエンドに来ていました

M.WADA 2021/11/07(Sun) 13:35 No.4088
あの年の10, 11月- 2
1977年11月7日(月曜日)10時、日飛入りのため厚木R/W-01へL/Dして来たVK-7は
外来機故、ニッピに入る場所が分からずR/Wエンドまで滑走。
計らずも撮影の機会が転がり込み、慌てて撮影、何とか間に合いました。

M.WADA 2021/11/07(Sun) 13:37 No.4089
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

本日、丁度正午にタイトな4機編隊を組んでFA-18がR/W-01にO/Hアプローチ。

かなり狭い間隔で次々と着陸しましたが、最後の2機は高めのL/Dに見えました。
天気も上々で、午後の上りに期待が持てそうですね。

本日の「日付ネタ」。
1971年11月8日(月曜日)1機だけテストフライトをした”BLUE ANGELS”のF-4J/153076,#3。
今日のホーネット同様、光線が真後ろから当たり、着陸高度も高く残念なL/Dでした。

M.WADA 2021/11/08(Mon) 12:48 No.4090
あの年の10, 11月- 2
1973年11月8日(木曜日)12時30分、訓練の為、厚木R/W-19離陸へと向かうNF-603.
パイロットネームはLT CARLY WAYMAN. 同機は14時28分、着陸しマニア23人と撮影。

M.WADA 2021/11/08(Mon) 12:51 No.4091
あの年の10, 11月- 2
1974年11月8日(金曜日)8時47分、那覇に向け厚木R/W-19を離陸するNAHAのC-117D/50804.
此の時は6x7の300oで撮影しましたが、35o換算で150oですから、かなり低い離陸でした。

M.WADA 2021/11/08(Mon) 12:54 No.4092
の年の10, 11月- 2
ここからはHAMANOさんが2018年11月8日に嘉手納で撮影した2枚をご紹介致します。

当時、嘉手納に部隊派遣中だったVP-47のP-8A/169331,RD #331、隊長機。

M.WADA 2021/11/08(Mon) 12:55 No.4093
あの年の10, 11月- 2
此方は嘉手納に飛来したカナダ国防軍,405thSQのCP-140オーロラ/140104.

M.WADA 2021/11/08(Mon) 12:56 No.4094
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

今日は朝から小雨が降り続く生憎の天気ですが,50年前,1971年の11月9日も同じような天気で
その午後、ニッピ入りのため降りて来たのがVQ-1のRA-3B/144831,#41で仲間5人と撮影。

同機は1976年6月、カリフォルニア州 NARF ALAMEDAでスクラップ処理され終わっています。

M.WADA 2021/11/09(Tue) 14:35 No.4095
あの年の10, 11月- 2
1975年11月9日(日曜日),珍しく休日にフライトチェックを行った空自のC-46D/51-1114.

M.WADA 2021/11/09(Tue) 14:38 No.4096
あの年の10, 11月- 2
1978年11月9日(木曜日)13時2分,NAS AGANAに向け厚木R/W-19を離陸するVP-4のP-3B/153426,YD-10.

M.WADA 2021/11/09(Tue) 14:39 No.4097
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんばんは。

No-4086でMACH3さんがご紹介されたTE-2の熱帯低気圧「JUDY」への気象偵察飛行の様子を、
もう少し詳しくお話したいと思います。

TE-2”DRAGGIN LADY"が厚木に修理の為L/Dしたのが1968年11月10日。
今から53年前の今日の出来事でした。

MACH3さんがご紹介した通り、TE-2は1968年10月25日に「JUDY」へフライトしましたが、
実はその一日前にも「JUDY」へ向かい観察していていました。

その時の様子では「JUDY」は小さく一見、普通の台風に成長するように見えたのですが
TE-2に搭乗していたベテランクルーは急激に強い台風に成長するのを見逃しませんでした。

その読みは的中し,一夜明けた10月25日には
乗組員は「JUDY」を通過する割り当てられた気象偵察飛行について説明を受けるため集合。

飛行計画では1500フィートの低空を飛行し「JUDY」に接近。
次に55ノットを最大速度として嵐を避けながら目視で上昇し中心部へ向かうというものでした。

この時点で、それはごく平凡な定期的なレポートのように見えていました。
然しその6時間後に悪夢が襲ってくるとは誰も予想だに出来ませんでした。

それ以後、太平洋の各島々の基地から「JUDY」が成長を続け200nmの範囲で目撃されているという
情報が入りVW-1内に緊張が走ります。

レーダーの提示した情報と嵐の特徴について航空機の司令官(AC),戦闘情報担当官(CICO),
そして飛行気象学者(METRO)の間で会議が行われた後、以前の計画通りに続行することに決定。

70マイルの距離でTE-2はレーダーで確認後、反転させ「JUDY」に突入。作戦は開始されました。
同時にキャビンはチェックされ乗組員は最終ブリーフィングを行い再度作戦を確認。

その間にも嵐と乱気流は激しさを増し機体の揺れが大きくなって行きました。
そのため機長は出力を2600rpmに増加するよう指示。

航空機関士に190kntの対気速度を維持するようにキャプテンから指示が出されTE-2は「JUDY」に接近。

"DRAGGIN LADY"は視程0〜0.5マイルで変化する暗闇の中を「JUDY」に近づいていきます。
「METRO」は神経を集中して「JUDY」を観察する中、「CICO」の主レーダーが故障。

仕方なく,侵入のバックアップとして設定されていなかった副スコープに移動する事が必要になりました。
その準備が整う間、「CICO」はグリースペンで壁雲(発達した積乱雲の雲底に現れる低く垂れこめた雲)の
状況をスケッチし推移を把握することに努めます。 

海のうねりと荒れ狂う気象状況によるいくつかの困難の中を"DRAGGIN LADY"は「JUDY」に向かって侵入。
しかし此の困難な状況は9〜12分後に解消へと向かいました。

大雨と乱気流は地表風速が低下するまで続き,落ち着きを取り戻し暫くすると風は完全に停止,静寂が訪れました。

その後、ほぼ即座に反対方向から嵐が襲来。「METRO」は最適と思われる方向へ180°回転することを推奨。
同時に「CICO」は右舷に悪天候ありとアドバイス。順次、報告するよう求めてきました。

そして壁雲がレーダーに見えるようになったのでパイロットは急いでTE-2を20°バンクで左旋回中、
"DRAGGIN LADY"は突然、壁雲の乱気流に遭遇。

最初の衝撃で機体は非常に激しく振動し"DRAGGIN LADY"は失速前の震えを起こし始め、
最悪の状況に突入していきました。

機長は機の最大出力を出すよう指示、実行。

機長は失速からの脱出のタイミングを掴み実行したその瞬間,
同じような別の重大な衝撃が機体を襲い対気速度が50ノットに変動、高度は800フィートに急降下。

副操縦士は大型機であるTE-2が殆んど制御不能になるも必死で制御に挑戦。

その願いが天に通じたかのように、約1分後、乱気流と土砂降りが納まり、
"DRAGGIN LADY"は息を吹き返したのでした。

"DRAGGIN LADY"は10,000フィートまで上昇し機を安定。

機長は3rdパイロットに指示し怪我や損傷のチェックのため、彼を機体後方に派遣。
幸いなことに誰も怪我をしていないことが判明。

然し彼がコックピットに戻り機長に報告をしている最中、
ふと右を見ると右舷の翼端近くで青白い火花が点滅しているのに気付きます。

オーバーウイングライトが点灯した其の時、
彼は右舷の翼端とその先に付いていた翼端タンクが欠落していることを発見しました。

翼端灯は固定され,もう一方の翼端タンクの燃料は空にされ欠落を防ぎました。

他の問題は発生しませんでしたが"DRAGGIN LADY"は水平飛行を維持するために
5°の右エルロンと3°の左舷トリムを必要としました。

しかしTE-2"DRAGGIN LADY"のホームベースであるグアム島NAS AGANAへの着陸は無事成功。

其の後、厚木、伊丹での修理を経てTE-2は任務復帰を果たし
1971年4月のMASDC入りまでVW-1でミッションを最後まで全うしました。

WC-121N/145934は1972年7月12日、海軍より登録抹消。
1976年5月18日、スクラップ処理され終わっています。

今回ご紹介の写真はTE-2が台風19 号 (グロリア;10月17日発生ー24日収束)を追跡中、
厚木に飛来した時のショットです。

撮影月が「日付ネタ」と異なりますが、「話題」が11月10日ですのでご容赦ください。

M.WADA 2021/11/10(Wed) 20:20 No.4098
あの年の10, 11月- 2
此方は本日の「日付ネタ」です。

1975年11月10日 8時56分、偵察ミッションに赴くVQ-1のEA-3B/146452,PR-03.
同機は13時18分、マニア5人が待ち受けるR/W-01へ帰って来ています。

M.WADA 2021/11/10(Wed) 20:22 No.4099
あの年の10, 11月- 2
1976年11月10日(水曜日)10時30分,機体の調子が悪く,整備に手間取り離陸が遅くなったPR-02は離陸を開始。

ところが離陸滑走中にPR-02はエンジンパワーが上がらず急遽、離陸を中止しましたが、制動が利かない!
同時にPR-03はドラッグシュートを展開、アレスティング・フックでR/Wを削りながら進み、
あわやオーバーランかと思われましたが、R/Wエンドに張られたワイヤーを捉えることが出来、事故を回避。

VQ-1のフライトラインに戻ったPR-03はエンジンテストを繰り返しましたが当日のフライトはキャンセル。
同機は翌日、ミッションを打ち切り、アガナへと帰って行きました。

M.WADA 2021/11/10(Wed) 20:24 No.4100
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんばんは。

昨日は病院をハシゴして回り投稿出来ずに失礼致しました。
その為、今回は「日付ネタ」を二日分まとめてご紹介致します。

1971年11月11日(木曜日)12時50分、厚木R/W-01へ着陸するUE-20。

M.WADA 2021/11/12(Fri) 16:52 No.4101
あの年の10, 11月- 2
UE-20がL/DしてR/Wチェンジで19になると同時に上がって来たQE-3.

M.WADA 2021/11/12(Fri) 16:54 No.4102
あの年の10, 11月- 2
1973年11月11日(日曜日)SA-11と共にルーズな編隊で着陸して来たSA-10.
以前の投稿ではSA-11を出していますので、今回は頭上通過したSA-10です。

M.WADA 2021/11/12(Fri) 16:56 No.4103
あの年の10, 11月- 2
1976年11月12日(金曜日)9時23分に降りた"BLADE-01"は
11時丁度、VE-13と共にローカルフライトに厚木R/W-01を離陸。

M.WADA 2021/11/12(Fri) 16:57 No.4104
あの年の10, 11月- 2
1時間50分後の12時50分にL/DしたVE-000は14時30分、VE-13と共に岩国へ帰って行きました。

M.WADA 2021/11/12(Fri) 16:59 No.4105
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」
1972年11月13日(月曜日)訓練に飛び立ったNM-400はT/Gを1回実施後GCAに誘導され
13時30分、厚木R/W-01へL/Dして来たところをマニア20人と撮影。

M.WADA 2021/11/13(Sat) 15:10 No.4106
あの年の10, 11月- 2
1985年11月13日(水曜日)9時20分、普天間に向け厚木R/W-19を離陸するQD-804.
機首、搭乗口上部にVMGR-152のエンブレムが付いていました。

M.WADA 2021/11/13(Sat) 15:12 No.4107
Re: あの年の10, 11月- 2
↑と同じ日の15時26分,R/W-19へL/DするCOMPACFLTのUP-3A/150526,”MM-526”。

因みにC/Sの”MM"の”M"はFMFPAC(アメリカ太平洋艦隊海兵軍)の”M",
2番目の”M"はMarForPac(アメリカ太平洋海兵隊)の”M"を採ったもので、
FMFPACのCOはMarFor PacのCOが兼任する事となっています。

MarForPacの司令部はハワイ州、CAMP H.M.SMITHにあり、
此の時のUP-3AはバーバースポイントでLT GENが搭乗しウェーク島に向かい給油と休憩の後、
8時15分、ウェーク島を離陸、7時間15分のフライトの後に厚木に到着したものでした。

M.WADA 2021/11/13(Sat) 15:13 No.4108
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」
1972年11月14日(火曜日)厚木R/W-01を離陸し訓練を終え再び戻ってきたNM-616.
此の日はCVW-19機,20機がフライトを実施。それをマニア22人と撮影しました。

M.WADA 2021/11/14(Sun) 11:44 No.4109
あの年の10, 11月- 2
1973年11月14日(水曜日)8時10分,厚木R/W-01を離陸するVP-9"GOLDEN EAGLES"のP-3B/152733,PD-3.
此の日はCVW-5機,11機がフライトを実施。マニアは14人がエンドに来ていました。

因みに此のP-3B/152733号機はVP-1所属機(YB-7)として運用中の1983年5月17日、
ハワイのNAS BARBERS POINTで胴体着陸をして修理不能となりTRELEWに於いて
他機への部品供給のスペアー機として保存されています。

M.WADA 2021/11/14(Sun) 11:46 No.4110
あの年の10, 11月- 2
皆さん、おはようございます。

本日の「日付ネタ」は一枚だけです。

1974年11月15日(金曜日)7時10分、西側ヘリパッドから編隊離陸する"GREEN BURG-02"FLIGHT.

このような編隊で毎日のように飛んでいたWXのバートルでしたが、
そのようなシーンを写したショットが案外少なく
撮っているようで撮っていないのが「ありふれた日常の情景」だったりしました。

此の日はPD-6がL/D〜T/Oしただけで、目ぼしい外来機は飛来せず仲間6人と草野球で終わりでした。

因みに、CH-46D/153349,WX-2は1978年6月29日、ハワイのBIG ISLANDでUSS NEW ORLEANS(LPH-11)搭載、
HMM-165(YW-03)所属時に墜落事故を起こし登録抹消となっています。

M.WADA 2021/11/15(Mon) 06:28 No.4111
あの年の10, 11月- 2
皆さん、おはようございます。

本日の「日付ネタ」
1972年11月16日(木曜日)午後、厚木R/W-19へ着陸するVAQ-130”ZAPPERS"のEKA-3B/147655,NM-613.
他のCVW-19(NM)機が11月3日にフライインする中、NM-613だけは13日後に突然飛来し驚きました。

そして11月20日(月曜日)にCVW-19機がフライオフするもNM-613だけはNAF MISAWAへ移動するなどの
別行動をとり、11月25日(土曜日)単機、空母オリスカニーへと離陸し、
これが此の年のCVW-19機として最後の姿となりました。

M.WADA 2021/11/16(Tue) 05:35 No.4112
あの年の10, 11月- 2
此方はHAMANOさんが1973年11月16日(金曜日)NAF NAHAで撮影したVE-7の豪快な離陸ショット。
厚木のRoute-Fourのような上りを那覇でも撮影出来たんですね、知りませんでした。

M.WADA 2021/11/16(Tue) 05:37 No.4113
あの年の10, 11月- 2
1974年11月16日(土曜日)まるで真夏の入道雲のような積乱雲を背景に厚木R/W-19へ着陸進入する9043。

出来れば、もう少し機体が大きく近づいてからシャッターを押したかったのですが
そこまで待っているとメインの雲が画面の外となり機体と重なりません。

ここが風景写真とヒコーキ写真の異なるところで、何度,真夏に指をくわえて機体を見送った事か。。。
数え切れない数の悔しさを経験しています。

M.WADA 2021/11/16(Tue) 05:39 No.4114
あの年の10, 11月- 2
皆さん、こんにちは。

昨日は家事多忙で投稿の時間が取れなかったので,今日は極力コメントを控えて投稿に専念致します。

1972年11月17日(金曜日)厚木R/W-01へL/DするNM-400,CAG機。
同機は1983年9月13日、MASDC入り。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:08 No.4115
あの年の10, 11月- 2
↑と同じ日の正午過ぎ、R/W-01へ帰って来たNM-604/LTJG RICK FESSENDER機。

同機は1977年のCV-64 USS CONSTELLATIONクルーズ時、
給油中の偶発的な火災事故により登録抹消となっています。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:10 No.4116
あの年の10, 11月- 2
此方も同じ日にR/W-01を離陸し訓練に向かうNM-100,CAG機。
此の日はCVW-19機17機がフライトを実施。マニアは7人がエンドに来ていました。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:11 No.4117
あの年の10, 11月- 2
1973年11月17日(土曜日)CAMP FUJIでミッションを終え厚木R/W-19へ戻って来たWB-06.
同機は1993年N-97LMのレジを取得しアメリカ土地管理局機として運用されました。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:12 No.4118
あの年の10, 11月- 2
1975年11月17日(月曜日)VQ-1のCOが搭乗し厚木R/W-01を離陸、アガナへと向かうPR-35.
此の日、エンドに来たマニアは4人。しかし外来機は飛来しませんでした。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:15 No.4119
あの年の10, 11月- 2
1979年11月17日(土曜日)11時58分,横田R/W-36へL/Dした"WA-04"は14時30分,岩国へ向けT/O.
同機は1991年12月4日、AMARC入り。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:16 No.4120
あの年の10, 11月- 2
1981年11月16日(月曜日)上野駅から21時49分発「能登」で金沢に向け出発。
3泊4日の小松基地への撮影旅行となりました。

行きは寝台で仮眠、帰りもバス内で仮眠。チャンと眠れたのはツアーホテル(ツインで6800円)の
1泊だけで、一緒に同行した友人との強行軍でした。

此の撮影旅行の目的は退役が迫る空自F-104J/DJ。
F-104が最後となった"'84戦競"の時と2度、小松基地へと出向くことになりました。

1981年11月18日(水曜日)小松R/W-24を編隊離陸する302空のF-4EJ/07-8434/07-8432.

07-8434は2020年12月、登録抹消。
07-8432は1984年10月、事故により破損、大破し登録抹消となっています。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:18 No.4121
あの年の10, 11月- 2
同じく小松R/W-24を3機で編隊離陸する"RAIZER-13"FLIGHT.
因みにC/Sは耳で聞こえた音声を自分なりに英語表記したもので「正式」なものではありません。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:20 No.4122
あの年の10, 11月- 2
11月18日は曇ったり晴れたりと不安定な天候で終日難儀しましたが
”黒ヒャクヨン”の着陸時には奇跡的に陽が差したので、日の丸、SQマーク、機首番が
光った瞬間を狙いシャッターを押し、少しでもメリハリのあるショットになるよう努めました。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:22 No.4123
あの年の10, 11月- 2
「戦競機」ではありませんでしたが,この328号機がエプロンに曳き出されてきた時には驚きました。
胴体にデイグロウで大きく描かれた"Mig"のシルエット、そして増タンもデイグロウ塗装でした。

然し撮影出来たのは今回ご紹介の1ショットのみ。

よそ者故、撮影場所が分からず右往左往、結局、小松空港ターミナルビルからR/W-24に載り
離陸して行くところを撮影して終わりました。

M.WADA 2021/11/18(Thu) 15:25 No.4124
あの年の10, 11月- 2
本日の「日付ネタ」
1974年11月19日(火曜日)午後,厚木R/W-01へL/DするH&MS-17のC-117D/50838,SZ#838"Teri II"。
同機は1時間ほどで岩国へと離陸。マニアは8人がエンドに来ていました。

M.WADA 2021/11/19(Fri) 14:57 No.4125
あの年の10, 11月- 2
1977年11月19日(土曜日)GCAの誘導で厚木R/W-19へ着陸するVS-33"SCREW BIRDS"のUS-3A/157998,NH-712.
同機は空母キティーホークからCVW-11のCAG,CDR W.BYNGを乗せ到着。

ベース・オペレーション前ではNAF ATSUGI司令官の出迎えを受けていました。
又、同機は再びCVW-11,CAGが搭乗し13時58分、R/W-19を離陸し空母へと戻って行きました。

M.WADA 2021/11/19(Fri) 14:59 No.4126
あの年の10, 11月- 2
1979年11月19日(月曜日)厚木からYT-027と共にCAMP FUJI へ到着したYT-011.

此の時期、厚木のR/Wは終日、工事中でクローズのためCAMP FUJIへ仲間二人を車に同乗させ
訪れましたが、収穫は此の2機のバートルのみで奮いませんでした。

因みにCH-46D/153370号機は1981年6月11日、HMM-163”EVIL EYES"(YP-xx)の所属機として運用中、
那覇から100マイルの東シナ海で強制着水し沈没。クルーは救助され無事でした。

M.WADA 2021/11/19(Fri) 15:01 No.4127
あの年の10, 11月- 2
1981年11月19日(木曜日)小松R/W-24に着陸しエプロンに向かう同基地ARSのMU-2S/93-3206.
同機は百里→小松→芦屋→新潟→千歳と各基地救難隊を渡り歩いた後、用途廃止となっています。

さて、此処でお知らせです。

明日から3日間の投稿写真が各々1枚ずつの為、11月23日(火曜日)までお休みを頂いて
12月後半にかけての投稿準備に充てたいと思います。

その間、皆さんの作品やコメントが閲覧できれば嬉しいです。
では、暫くの間、さようならです。

M.WADA 2021/11/19(Fri) 15:05 No.4128
あの年の10, 11月- 1

おはようございます。
眠れず、体調もイマイチですがめげずに!

>M.WADAさん
NG-100降りたんですね。
この頃は仕事いそがしかったのかな?厚木あまり行っていません。

ブルーエンジェルズが厚木に、いや日本に来て50年が経ちます。
早いですね、当時の事は昨日のように覚えていますが、、、

1971年11月5日厚木にて撮影

MACH3 2021/11/01(Mon) 04:25 No.4061 [返信]
あの年の10, 11月- 1
皆さん、こんにちは。

>MACH3さん
眠れないのは辛いですね。
昼間でも眠気が出たら積極的に寝るようにし、少しでも睡眠時間を取るようにして下さい。

昨日アップしたNG-100の撮影状況をあんなに長文で書かないと事の顛末が分からない「航空機写真」というのは
本当に難しく「素人」さんには尚更、全く理解できない世界とつくづく思う次第です。

ブルーエンジェルスが来日して50年ですか。
小牧でブルーズが言い放った「今後,日本には来ない!」の言葉は強ち嘘ではなかったようで,残念でなりません。

厚木飛来のブルーズをカラーで撮っているのはMACH3さんぐらいで、貴重なショットとなりましたね。

本日の「日付ネタ」。
1972年11月1日(水曜日)厚木R/W-19へL/DするVC-5,DET-CUBI POINTのUS-2C/133383,UE-25を仲間3人と撮影。

M.WADA 2021/11/01(Mon) 15:15 No.4062
あの年の10, 11月- 1

1973年11月1日(木曜日)厚木R/W-19を編隊離陸するVA-93のA-7A,NF-307/312を仲間3人と撮影。

送りショットは編隊が離れてしまい撮れませんでした。

M.WADA 2021/11/01(Mon) 15:18 No.4063
あの年の10, 11月- 1
1977年11月1日(火曜日)10時6分、空母コンステレーションから厚木に飛来したVS-21のS-3A/160570,NG-711.
撮影場所はニッピ山です。

M.WADA 2021/11/01(Mon) 15:19 No.4064
あの年の10, 11月- 1
1982年11月1日(月曜日)15時25分、厚木R/W-19へ着陸するVP-47のP-3C/158207,RD-2.
此の日、マニア18人がエンドに来ていました。

因みに同機はP-3C III Rにアップグレードされ運用。2004年1月15日、AMARC入り。
2012年に台湾海軍に移籍となり#3311号機として運用されました。

M.WADA 2021/11/01(Mon) 15:21 No.4065
Re: あの年の10, 11月- 1
皆さん おはようございます。

>MACH3さん
>M.WADAさん
極東ツアーのエンジェルスを調べるにあたっては、大変お世話になりました。
また聞き取りにご協力くださった方々へも、この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。
まさやん 2021/11/02(Tue) 08:57 No.4066
あの年の10, 11月- 1
皆さん、こんにちは。

本日の「日付ネタ」。
1970年11月2日(月曜日)厚木R/W-19へ着陸するCOMNAVAIRPACのVC-121J/128443,"3 STAR "aircraft.

M.WADA 2021/11/02(Tue) 14:17 No.4067
あの年の10, 11月- 1
1972年11月2日(木曜日)8時、NAS AGANAへと向かうVQ-1のRA-3B/144834,#42。

なかなか良い天気で撮影出来なかったカムフラージュ塗装のRA-3Bを
やっと好条件で離陸が撮れると意気込んでいましたが、ご覧のような高い離陸でアウト。

ところがよく見ると機体下面のカムフラージュ塗装が良く分り
モデラーさん等には格好の資料になりそうなショットではないでしょうか?

そういえば、カムフラRA-3Bのモデルを未だ見ていないような?

M.WADA 2021/11/02(Tue) 14:19 No.4068
あの年の10, 11月- 1
1976年11月2日(火曜日)12時46分、厚木R/W-19を離陸するVA-93のA-7A/153228,NF-313ですが
未だ空気取り入れ口の「シャークティース」が描かれておらずニッピから領収したばかりのようです。

A-7A/153228号機は1977年5月27日、MASDC入り。

1994年1月、A-7Pに改造されポルトガル空軍機(#P-017)となりC/N5517を付与されましたが
直ぐに用途廃止となり、その後スクラップ処理されています。
用途廃止の原因は不明です。

M.WADA 2021/11/02(Tue) 14:21 No.4069
あの年の10, 11月- 1

↑の撮影から一年後はバイセン・イアーの1976年。

いつも高い離陸のNF-201でしたが、此の時は運よくガバッと一瞬右へ捻って岩国へ向かい、
機体の全体像を撮ることが出来た稀有な例でした。 此の日はIGUTCHUNNとNORIKATCHUNNが来訪。

M.WADA 2021/11/03(Wed) 11:16 No.4071
あの年の10, 11月- 1
NF-201を撮った午後は19に変わりNF-306が離陸しましたが、このNF-306もNF-313同様、
空気取り入れ口が通常の「JET INTAKE」で「鮫口」より希少価値が高いという
何とも贅沢な逆転現象が起きていたエンドでした。

M.WADA 2021/11/03(Wed) 11:18 No.4072
Re: あの年の10, 11月- 1
>まさやんさん
BAの極東ツアーの貴重な資料のまとめご苦労様でした。
是非もう1度来日して欲しいものです。

さて、すっかり自称「モデラー」と大変身しましたが現在作成中の事で皆様にお伺いしたいことがあります。
切った貼ったの作業がほぼ終わり、いよいよ塗装の段階へと進もうかと思った矢先の事です。
物はモノグラムF-8E(1/48 VMF(AW)-323 CO機)ですが、ダイヤモンドの色が定かではありません。
黒ではなく茶系統だと思われますが、ご存知の方ご教示お願いいたします。
あと、シェブロンン縁は黒か茶か?もよく分かりません。
BuNoの下も黄色帯の中にダイヤモンドで正しいと思いますが。

MACH3 2021/11/03(Wed) 18:07 No.4073
Re: あの年の10, 11月- 1
皆さん おはようございます。

>MACH3さん

WSのCO機、私の妄想と重なってしまいましたが、スピードブレーキの内側まで作り込まれていることに作成リストから外しました^^;

お尋ねの件ですが、当然見たことがないので作ろうと思っていた時の自分の考えを記します。
まずダイヤモンドですが、垂直尾翼下とCO323下のダイヤモンドはフィンチップや文字の黒と比べて明らかに色が薄くなっています。
またベントラルフィンのダイヤも光の当たり方が違うとはいえ、Bub笊泊燒シの黒と比較して明るく見えます。
このことからダイヤモンドは、F-4時代(パッチ)のこげ茶色と判断しました。

次にフチどりですが最初は掲載写真から黒とも考えましたが、「チェッカーテイル クルーセイダー P82のYoshidaさんの写真を見ると、垂直尾翼前縁の黒より明るいのが確認できることと、ダイヤモンドと同じ暗さに見えること。
塗装面積が小さい(細い)と色が暗く見えることから目の錯覚だと自分を納得させ、ここもこげ茶色と考えました(モデル的には黒の方が引き締まって見えるのですが・・・)。

以上、あくまで私が作ろうと思っていた時の予想です。
果たして実際はどうだったのか、ご覧になった諸先輩の方々からお話を伺ってみたいものです。

1967.7.21 いつものM氏撮影

まさやん 2021/11/04(Thu) 09:21 No.4074
あの年の10, 11月- 1
皆さん、こんにちは。

VMFA-323(WS)の話題で盛り上がっていますがWSのカラーショットを撮っていないので
残念ながら、今回はお手伝いできませんが真相が判明すれば良いですね。

昨日、NF-313の次、No-4070でアップしたPR-31のデータ表示をミスった為、削除しました。
今日、改めてアップしましたが投稿の順番がアベコベですがお許しください。

M.WADA 2021/11/04(Thu) 10:26 No.4075
あの年の10, 11月- 1
本日の「日付ネタ」。
1972年11月4日(土曜日)はCVW-19(NM)機のフライインで28機が飛来。
12番目に降りて来たのが、今回ご紹介するNM-213でした。

マニア18人が終日、撮影に追われる中、空母オリスカニーは午後遅く横須賀へ入港しています。

M.WADA 2021/11/04(Thu) 10:27 No.4076
あの年の10, 11月- 1
1976年11月4日(木曜日)アガナから厚木に到着したPC-11をニッピ山から撮影。
此の時、PC-3だけは尾翼に書かれたサメの尻尾がVP-6のSQパッチ同様に跳ね上がっていました。

M.WADA 2021/11/04(Thu) 10:29 No.4077
Re: あの年の10, 11月- 1
↑と同じ日の10時43分、厚木R/W-19を離陸するVQ-1のEP-3E/150501,PR-36ですが
VP部隊のオライオン同様、尾部に"MAD"を装着していたのには驚きました。

此の時は、通常の北鮮へのミッションと異なり太平洋上へと向かい16時15分,帰投しています。
どうやら「特殊作戦」に従事していたようですが"MAD"は間もなく取り外されました。

M.WADA 2021/11/04(Thu) 10:30 No.4078
あの年の10, 11月- 1
1979年11月4日(日曜日)嘉手納へ帰投の為、横田R/W-18離陸に向かう12TFS のF-4D/66-7668.

当時厚木は滑走路の嵩上げ工事中で12月20日までR/Wクローズ中で
マニアは毎日、横田通いが続き身体も懐も疲弊していました。

M.WADA 2021/11/04(Thu) 10:32 No.4079
あの年の10, 11月- 1
皆さん、おはようございます。

本日の「日付ネタ」。
1971年11月5日(金曜日)11時20分、NAF MISAWAから6機の”BLUEANGELS"が厚木に飛来し
大勢の観衆とマニアが見つめる中、管制塔に向け6機の密集編隊を組み儀礼飛行を実施。

M.WADA 2021/11/05(Fri) 03:47 No.4080
あの年の10, 11月- 1
”BLUE ANGELS”のリーダーは3機編隊でのL/Dをリクエスト。
しかしタワーは編隊を解き単機での着陸と十分なセパレーションを取ってのL/Dを繰り返し指示。

すると、リーダーは2機による編隊着陸を再度リクエスト。
「此処、厚木では日本側との取り決めたルールがあり、それは認められない」と管制官は拒絶。
単機でL/Dするよう呼びかけられ、リーダーは指示を受諾。

それでもブルーズ達は、かなり間隔を詰めた(4〜5秒?)L/Dをして来て、
送りショットを撮ってカメラを返すと、もう目前に次の機体が迫っている状況で
撮影を必死でしないと間に合わないような目の覚めるL/D技術で"流石"!と叫んでいました。

此の時は、マニアの誰しもが当然、厚木でブルーズのデモンストレーション飛行が開催されると
信じていたので、撮影時刻が正午に近い事もあり高価なカラーフィルムをデモフライト用に
温存しモノクロで撮影したマニアが殆んどで、MACH3さんのようにK-IIで撮るマニアは居ませんでした。

ブルーズ、厚木飛来から半世紀、50年の月日が流れアノ時の事を語り合える仲間も少なくなり
寂しい限りですが、もしも出来る事なら再びブルーズの雄姿をNAF ATSUGIで見て観たいと
夢見る「老人ヒコーキマニア」です。

M.WADA 2021/11/05(Fri) 03:50 No.4081
あの年の10, 11月- 1
ブルーズ飛来から6年が経過した1977年11月5日(土曜日)気温15℃、
11時3分に厚木R/W-01へ着陸した"BLADE-01"Flightは14時22分、編隊を組んで岩国へと離陸。
マニアは5人がエンドに来ていました。

M.WADA 2021/11/05(Fri) 03:53 No.4082
あの年の10, 11月- 1
皆さん、おはようございます。

昨日も2機のFA-18が10時4分と12時32分に分かれ計4機が厚木に飛来。
13時38分に離陸の音が聞こえていました。

本日の「日付ネタ」。
1977年11月6日(日曜日)8時、空母キティーホークが横須賀を出港しましたが
厚木に居たCVW-9機に動きは無く静まり返っていました。

そんな中、前日の16時25分、R/W-01へ降りて居たSZ-のC-117Dがお墓前の誘導路DWを使わず
直接R/Wに出てバックトラックし9時12分、R/W-19から岩国へ向け離陸して行きました。
画面右後方にVS-21のS-3Aが2機が朝日を浴びて佇んでいるのが見えます。

M.WADA 2021/11/06(Sat) 09:13 No.4083
あの年の10, 11月- 1
SZ-801が上がって35分後の9時53分に上がったのが11月3日(木曜日)に降りていた海兵隊のVC-118B。

同機は毎日のようにエンジンテストを繰り返し、その都度マニアは上がると勘違いして右往左往。
3STARの海兵隊、中将機故、絶対に上りを撮りたい機体でしたが、願い叶わず9時53分、普天間へと飛び立って行きました。

又、此の日NG-723は厚木を飛び立ち「OOJI」へL/D〜T/Oし、滅多に降りない場所ですから
撮影した人は居なかったのではないでしょうか。

M.WADA 2021/11/06(Sat) 09:17 No.4084
あの年の10, 11月- 1
空自のF-104が最後と聞いて小松基地で開催中の”84戦競”へ出向いていた1984年11月6日の火曜日。
小松R/W-24にL/Dして来た岩国基地所属のUC-12B/161518,5G.

此の日,1日でK-II,10本を撮りまくり,まるで嘉手納並みのフィルム消費量となりました。

M.WADA 2021/11/06(Sat) 09:19 No.4085
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -